みみぞう日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日の名残り カズオ・イシグロ

<<   作成日時 : 2012/01/25 14:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

野田総理が元総理達から引用した演説をしているのを見て、恥ずかしい気持ちになった。
そして今度は、橋本市長の顔をテレビでちらちら見かける。
モヤモヤする、この感じはなんだろう、このモヤモヤは。
カズオ・イシグロの「日の名残り」を思い出し、ざっと読み返してみた。
「現代の議会政治は母親の会が戦争の指揮をとるようなもの・・・烏合の衆が話し合って何になる・・・強い指導者に
行動の機会を与えればどれだけのことができるか・・・時代遅れの制度にいつまでもしがみ付いている国それがイギリス」
ドイツに傾倒するイギリス貴族ダーリントン卿が、心境を吐露するシーンがたまらない。
その後のイギリス社会と、ダーリントン卿の評価とドイツがどうなったのかと言えば・・・。
穿った見方なんだろうか、どう思わせたいのかわからないが、注視したい。
そういえばマツコ有吉の3大チャップリンのチョイスも何か気になる。
今までみたいな適当さで、うかうかしていてはいけない気持ち。

この執事のキャラクター造形が本当に秀逸だった。何を表しているか考えると止まらない。

日の名残り (ハヤカワepi文庫)
早川書房
カズオ イシグロ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日の名残り (ハヤカワepi文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日の名残り カズオ・イシグロ みみぞう日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる