みみぞう日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマ評

<<   作成日時 : 2013/02/27 17:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

八重の桜
登場人物達が魅力的過ぎて、観ているのが辛くなってきた。
この先、会津藩の運命がわかっているので堪らない気持ちになり、しばらく観ていない。
三谷&ミチコの本で読んだ矢野顕子の先祖が気になりつつも、維新後から観ようかと思っている。
そういえばテーマ曲が坂本龍一なのは偶然?

書店員ミチル
戸田恵梨香の格好等から、宝くじがあたって理想の本屋を目指すようなかもめ食堂っぽいものを勝手に想像していたら全然違う展開で、怖い。
1話ごとの密度が濃くて、とてもおもしろい。
竹井が本当に怖い、ミチルの鈍さも怖い。

ラストホープ
カズオイシグロなのかな。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラマ評 みみぞう日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる