芥川賞

今村夏子が受賞して嬉しい。 いつも選評は作品を読んでから見るのだが、今年は凄いことになっていると聞き読んでみたら確かに大変そうだった。 古市の欄の荒れっぷり、こんな酷評今まであった? 岡崎京子の漫画に出てくる作家志望青年そっくり。(お仲間がいる直木賞に行けばいいんじゃないの) ああならないように選考委員達の全力抵抗を応援したい、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読めない本

昨日のテレビで、林修先生が田中泰延という人の本を紹介していた。 情報が大半で「気持ち」は最小限に抑えることが、読みたくなる良い文章とか何とか。 自分語りは聞きたくも読みたくもないとのこと。 なるほど、以前途中で読むのを放棄した文春の記事のことを思い返し腑に落ちた。 結末が気になって読みたいのに、イライラして読んでいられなくなるあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ

これは経費でおちません 逃げる男の回、面白かった。意識高い系セミナーの罠も良かった。 今シーズン一番好きなドラマ。 ピュア これはNHK版トリック(テレ朝から逃げてきた?)と思いつつ、ヒロインはとても可愛いし面白くて満足な内容。 相棒も無駄にでかいし。 なのに3回で勿体ない、続編観たいな。 Iターン 主人公役がム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

縁起

北海道の住宅地をヒグマがうろつく映像が恐ろしかった。 庭のプラムを食べていたとのこと。 もしかして、「庭に果樹を植えるのは縁起が悪い」という言い伝えは、招かれざる客が来てしまうから?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パイルドライバー 長崎尚志

これも面白かった。夏の読書に最適。 実際の某事件が下敷きになってるけど、そこからの広がりが大きい。(某事件がどうしてあんなに特別扱いなのかの自説も披露してほしかった) 主人公以外馬鹿設定の話だとつまらないので、ちゃんと組織物なのもいい。 もちろん主役が魅力的なのは当然として。 続編のドラゴンスリーパーも即読む。 スケールが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ

サ道 嫌いなサウナに興味が出てきた。 整ったシーンの演出がこのご時世少し心配になる。 鬱には効かないのかなと泰造を見て名倉のことを思う。 ぜひドイツのサウナにも行ってほしい。 刑事七人 マッドサイエンティストの人、また出てきた。 オープニングのバイオリン曲が「矢野顕子が選ぶ気分で聞くクラシック」の好きな曲に似ていて、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

834,194

YOUTUBE(ビクターの方が良い音)で気に入って、もっと他も聞いてみたいと思いCDを買ってしまった。 家にいる時はずっと流していられる心地よさ。 余白恐怖症なのかと思えるほど全体的にみっしりと複雑で、全員忙しそう。(特にベース) 「ナイロンの糸」と「多分、風」が特に好み、頭から離れなくなるのはピーナッツ。 834.194 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅行プラン

旅行のプランを立てているが、行きたい所が5時終了だと間に合わなくて予定修正。 働き方改革だし、仕方のないことだな。 とはいえ楽しみ。 最大の懸案事項は、なにより気温。 そのころには、もう暑くないといいなあ。 毎日救急車とすれ違う、そのうち運んでくれる人もいなくなりそう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱源

暑くてエアコンつけっぱなしなので、テレビ(熱源)は消してラジオや音楽を聴いている。 今日のビバリー面白かった。 野沢直子のロンドンでのエピソード凄い。(デビ夫人以来の蛮勇) 先週のTBSナイツも聴いてみたら面白かった。 嫌いな田中康夫の吉本騒動解説もわかりやすかったし、爆笑問題の「嫉妬」も良かった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外出先で休憩しようと思ったら、駅前某カフェチェーンの席は勉強する人で満席。 暑くて疲れていたので、夫と二人呆然と立ち尽くしてしまった。 夏休みとはいえ商売成り立つんだろうか。 仕方がないのでモスバーガーで休んだ。 ジンジャーエール美味しかった。(ここは空いてるとインプット)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フライパン

急に暑いので、料理の手を抜きたい。 最近使っていなかった鉄フライパンを復活させた。 やっぱり簡単に美味しく焼ける。 テフロンだと肉のプリッとした感じにできない。 使い続けられるようにもっと良いタワシを探さなくては。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連鎖

吉本お家問題、社長の会見とかお芝居に思えてくるほど。 肝心な反社フロント企業なるところの社名が質問されたら一斉に各局CMへ変わる始末。 全員総出で論点ずらせたかに思えたが、結局クールジャパン機構とのプロジェクトへの疑問も報道され出した。 ウィークポイントの突き方が絶妙だ。 こうしてみると、この展開はNGT騒動と似ている。(他グル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動機

動機が金じゃない理不尽な事件が続けて起きて恐ろしい。 でも法律では動機が金の方が罪が重い。 京都アニメの事件みたいなのはテロだと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国と黄泉の森 醍醐真司の博覧推理ファイル 長崎尚志

今作は長身女探偵が登場しなくて残念。 その代わり強烈な女流漫画家が登場、薀蓄満載で面白かった。 漫画が売れなくなる理由に納得、これは小説家にも言えるなあ。(何様なのか読者に説教し出す) 豪邸建てたら終了・・・確かに。 著者の経歴みたら面白くて当然。 もっと早く読んでみれば良かった。 邪馬台国と黄泉の森: 醍醐真司の博…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ

朝顔 眠くなってきたところで目が覚める展開だった。 サイン ご遺体の扱いがモノというか小道具で衛生面が気になってしょうがない(臭いとか)、袋入りで会議室に無造作に入ってくるシーンとか驚き。 「朝顔」との落差よ。 変だなと思ったら韓流ドラマリメイクだった。 ルパンの娘 深田恭子は仕事を選ばない人で潔い。 馬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中年警部クルフティンガー2

2巻も面白かった。 ご当地ミステリーらしく、ドイツの田舎町の生活を満喫。 ドケチだけどグルメなクルフティンガーが、庭で採れたリンゴを近くのビール醸造所に持ち込んでリンゴジュース(一年分)を作ってもらう件など、そうそう読みたかったのはこういう素敵なところ!と嬉しくなる。 一方、ドイツのプールには絶対に行きたくないと思わせられる。(特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芋虫

ミニバラの鉢から謎の棒が伸びている。 よく見ると細い緑色の芋虫で新芽を凄い勢いで食べていた。 食べ終わった枝は緑の棒に・・・。 もしかして枝に擬態?前から何かおかしいと感じていたのはこれだったのか。 よりによって我が家のミニバラに来るなんて、沢山あるマンションの植え込みの雑草になぜいかないのか。 芋虫には出て行ってもらい、薬を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現実の事件

発言小町の「借金の発覚、新婚で離婚…?」というトピ。 もしかして平塚の事件の被害者からの相談だった?というのは本当なのか。 確かにこんなに経緯が一致する偶然があるかな、しかも最後の書き込みは夫の供述と違って離婚を決意。 上から目線に耐えられない、なんて動機に疑問。 それにしてもこの夫、モルタル妻、保釈逃走男など、借金する人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中年警部クルフティンガー

ドイツのベストセラーど田舎コージーミステリー、面白かった。 ケチで偏狭な中年オヤジ丸出しな言動だけど真面目だし、妻のことが大好きだからか全然憎めない。むしろ可愛い。 あまりのケチっぷりに、ドイツの電子決済普及率が日本以下という新聞記事を思い出す。 いけ好かない医者との抗争もおかしい、エスカレートしてほしい。 気に入らない存在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンスタースタディー

今日の「フランケンの誘惑」がとても怖かった。 心に障害を負わせる怖ろしい心理実験は過去の話かと思いきや、つい最近もニュージーランドでやろうとして大臣に見つかって中止。 なんと虐待されてる子供をあえて助けず見過ごして、将来犯罪者になるかどうか調査するというもの。 どうかしてる。 「ミレニアム」の世界か。 日本でもやってないよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more