故障

パソコンの調子が悪くて放置。 でも品薄みたいだし買い換えたくないので再度電源を入れたら治っていた。 何なのこれ。
コメント:0

続きを読むread more

滅びの園   恒川 光太郎

冒頭、現実逃避系っぽいのかと思いきや、想像つかない展開になって引き込まれた。 今の世界の状況に似ているところがタイムリー。 「あれ」が何なのか色々想像したくなる、細胞?そして舞台は・・・。 抵抗値が興味深かった。わかるようになったら世の中が変わってしまう。 滅びの園 (角川書店単行本) - 恒川 光太郎
コメント:0

続きを読むread more

ヒトごろし 京極夏彦

やっと読み終えて幕末から解放された。 土方が人外過ぎて嫌だし悪人だらけ、長くて何度も挫折しかけたが読んでみて良かった。 コレラのせいで道場の経営が行き詰まり、傾いた幕府の適当警護職について新選組に至るところが今の不穏さと重なる。(大河もそうだっけ) 新選組みたいな穴、現代もたくさん開いてる気がする。(輝く女性活用とか・・・) …
コメント:0

続きを読むread more

梅雨?

私の知ってる梅雨はもっとシトシトしていたはずなんだけど、風が強くてまるで台風のよう。 悪意の塊のような雨雲が日本を縦断して去っていった。 これは何梅雨と呼べばいいのか。 また来るみたいだし。 これからという時なのに観光地が次々と災害に襲われている。 言葉も無い。
コメント:0

続きを読むread more

イワシの梅煮

イワシが安いので梅煮にしてみた。 圧力鍋で30分煮ると骨まで食べられる。 参考にしたネットのレシピ通りにすると多分しょっぱい。 梅干し入れると2匹につき醤油大さじ1でも多いくらい。 結構適当なレシピが散見される。 サバの味噌煮は味噌入れて圧力鍋にかけたら焦げ付いて失敗するだろうに平気で書いてある。 豚の角煮も水で下茹でせ…
コメント:0

続きを読むread more

天狗 京極夏彦

高級料理店自慢する人を悪し様に罵るシーン、渡部と重なってタイムリーだった。(某女流作家もか) 主人公が女子高生のせいか、女性の自立だの何だの言い出し、駄菓子屋のおかみまでも「おごれとかやめろ」なんて言っていた。 こういうことを男性作家が書くと、男に都合の良い事描いてるように感じてしまいモヤモヤ。 こんな手垢のついた話読まされても困…
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ

スイッチ 面白かった。軽妙だった。 私が勝手に思っている松たか子像がそのまま出ていた。 最後に全員突っ立って謎解きみたいな2時間ドラマじゃないのが、もっと増えて欲しい。 続編あるといいなあ。
コメント:0

続きを読むread more

ドア

知らないお店でもドアが開けっぱなしになっていると、ちょっと入りやすい気分。 でも、虫なども入りやすいに違いない。 海外ドラマみたいな網戸ドアとか登場するのかな。 久々に図書館に寄ってみたら、ここも風通しよかった。 やっぱり網戸がないから心配。
コメント:0

続きを読むread more

茄子

暑くてうんざり。 気になっていた中華料理屋で麻婆茄子をテイクアウト、家で丼にしてみた。 茄子がトロトロでおいしい、今まで自分が作っていた茄子料理は失敗作に思えてきた。 やはりプロは全然違う、どうやったらああなるのだろう。 素揚げ?それとも下茹で? 食べてみてよかった、夫に食べさせなくてよかった。
コメント:0

続きを読むread more

立場

芸人の渡部の変な不倫報道。 児島より渡部の方が売れていて立場が上だから窘められなかったとのこと。 私の目には俳優もできて面白い児島が売れっ子で、渡部はじゃないほう芸人の印象だった。 渡部メインの番組は全然見たことが無い。 唯一見かけていた「マツコと有吉」のポン酢戦争は面白かったのに残念。 いろいろ不可解。 また「関係」で…
コメント:0

続きを読むread more

ラーメン

ドラマを見ていたらラーメン食べたい気持ちに。 だいぶ前から気になっていたワンタン麵を食べてきた。 潰れてなくて良かった、美味しかった。 店内も距離があった。 気になることは先送りにしないことにした。 有吉の壁、9係、特捜9と続けて見ると、若い頃の井ノ原快彦とロッチ中岡がかなり似ていた。 髪と妻は大事だなと思わせられる。 …
コメント:0

続きを読むread more

検査

半年ぶりに病院に行ったら、結構変化があった。 まず入り口でトリアージ、あれこれ質問された。 見慣れない発熱外来の表示。 検査着はズボンしか貸してもらえない。(経費節約?) 駐車場には巨大なテントができていた。 定期検査結果は現状維持で様子見。 次は冬に行く予定、その頃はどうなっているのだろう。
コメント:0

続きを読むread more

湿気

やっと美容院に行けた。 2月から切っていなかったので清々しさが違う。 髪が軽くて幸せ。 湿気で髪が膨らむ季節、さすがにもう無理だった。 梅雨に向けて炬燵は片付け、カーテンを洗い、換気扇も掃除した。 エアコンは夫の担当だが、一体いつやるのか。 帰り道、歩き煙草、煙草を吸いながら自転車の若い男に続けて遭遇。 後ろになってし…
コメント:0

続きを読むread more

このところ、鳩がベランダを堂々とうろつくようになった。 見つける度に追い出しているが、あまり怖がってくれない。 巣を作りたいのか、前はここまで図々しくなかった。 隣のベランダにも歩いて行ったり来たり、自由過ぎ。 にらみ合いは続いている。 アメリカの暴動に比べれば、どうという事ではない平和さだけど。 世界中で一体何が起きて…
コメント:0

続きを読むread more

だまされ屋さん

読売の新聞小説、暇なので一気読みしてみた。 星野智幸の作品は初めて読んだ。 全体的にだらしない人たちの話で一人も共感できないというか、全員苦手だった。 カルト犯罪小説かと思って読んだものの、作者によれば問題解決のための新しい人間関係を提案とのこと。 そこも含めて終盤のご都合展開が尚更不気味に感じた。
コメント:0

続きを読むread more

鬼 京極夏彦

シリーズの続編をやっと読めたものの、「絡新婦の理」をほとんど忘れていて悲しい。 とはいえすぐに京極ワールドに浸って楽しめた。読み直そう。 堅物の中禅寺妹が主人公のスピンオフもいいけど、本編はどうしてるのか。 分厚過ぎて敬遠していた「ヒトごろし」も読んだ方がいいのかな。 気になってきた、期待してしまう。 今昔百鬼拾遺 鬼…
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ

三日に一度の買い出しで、重い買い物袋を持ったら小指が腫れた。 大人しく溜まっていたドラマを見る。 ラーメン 鈴木京香は食べ方までも美しくて目の保養。白い衣装にこっちが緊張する。 サイズ感に説得力があった、ちんまりした女優には無理。 猫村さん 松重豊の着ぐるみ姿、シュールだけどなぜか贅沢さを感じる。 主題歌も一発…
コメント:0

続きを読むread more

至言

新聞で発見した言葉。 「思考は事実ではない」 マインドフルネスの記事だったけど、自分以外にも使えそう。 氾濫する誰かの思いつきに振り回されないようにしたいので。
コメント:0

続きを読むread more

マスク

昨日、久しぶりにマスクとハンドソープを買えた。 アイリスオーヤマ製7枚240円位、どちらも便乗値上げ無し。 ありがとう某スーパー。 ちょっと安心。
コメント:0

続きを読むread more

買物

三日に一度の買い物は結構献立に頭を使う。 いっそ毎日カレーにしてしまいたい。 ついでに本屋に寄ってみたら、長い行列ができていた。 あんなに混んでるの初めて! 何も買えずに即帰った。 夫が在宅勤務になった途端に近所で工事が始まって重機の音が凄まじい。 テレビ会議が無くてよかったが、いつ終わるんだろう。 やっとドリ…
コメント:0

続きを読むread more