鬼 京極夏彦

シリーズの続編をやっと読めたものの、「絡新婦の理」をほとんど忘れていて悲しい。
とはいえすぐに京極ワールドに浸って楽しめた。読み直そう。
堅物の中禅寺妹が主人公のスピンオフもいいけど、本編はどうしてるのか。

分厚過ぎて敬遠していた「ヒトごろし」も読んだ方がいいのかな。
気になってきた、期待してしまう。

今昔百鬼拾遺 鬼 (講談社タイガ) - 京極夏彦
今昔百鬼拾遺 鬼 (講談社タイガ) - 京極夏彦

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント