天狗 京極夏彦

高級料理店自慢する人を悪し様に罵るシーン、渡部と重なってタイムリーだった。(某女流作家もか)
主人公が女子高生のせいか、女性の自立だの何だの言い出し、駄菓子屋のおかみまでも「おごれとかやめろ」なんて言っていた。
こういうことを男性作家が書くと、男に都合の良い事描いてるように感じてしまいモヤモヤ。
こんな手垢のついた話読まされても困る、天狗の薀蓄読みたかったのに。
結局、男のおごり先はよそ(プロや外国人)に行くだけだったりする。そして金払いのいい女の所には甘ったれが寄ってくる・・・。
そう考えると、一番の天狗は美由紀と敦子なのかも。

今昔百鬼拾遺 天狗 (新潮文庫) - 京極 夏彦
今昔百鬼拾遺 天狗 (新潮文庫) - 京極 夏彦

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント