滅びの園   恒川 光太郎

冒頭、現実逃避系っぽいのかと思いきや、想像つかない展開になって引き込まれた。
今の世界の状況に似ているところがタイムリー。
「あれ」が何なのか色々想像したくなる、細胞?そして舞台は・・・。
抵抗値が興味深かった。わかるようになったら世の中が変わってしまう。

滅びの園 (角川書店単行本) - 恒川 光太郎
滅びの園 (角川書店単行本) - 恒川 光太郎

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント