唐揚げ

最近見ている「あさいち」の、鶏肉の下処理をさっそく試す。 ぶつ切り鶏肉に塩少々して混ぜて粘りを出すと、下味が入りやすくなるとのこと。 確かに、酒と醤油が肉に吸い込まれて1時間漬け込みでも味がしっかりついた。 使えるテクだ。 鶏肉350gに酒・醤油大さじ1おろし生姜小さじ1で十分 藤井隆料理劇場、馬鹿馬鹿しくておかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不信

このところ変な判決が気になる。 実の娘に性的暴行しても無罪、妻殺して実刑判決でも保釈決定(その後最高裁棄却)、他にもいろいろ。 性犯罪に甘くて納得いかないと思っていたら検察控訴。頑張ってほしい。 ゴーンはアメリカ人の後妻と社交界デビューして失敗したギャッツビーなのかと思ったら、現奥さんも弁護士もレバノン人だった。 世界を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田和正SP

クリスマスに放送がなかったから心配していたがあってよかった。 ゲストが矢野顕子でうれしかった。 カバー曲について聞けたのもよかった。「夏の終わり」は本当にいい。 原型をとどめていない「yesyesyes」も原曲も両方全部好き。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頂き物

夫がお菓子をもらってきた。 アトリエウカイのチョコレート詰め合わせがおいしい上にお洒落だった。 他所とはちょっと違う感じ、何かの時真似しよう。 ありがたい。 リスの絵柄のクッキーも手作りっぽくておいしかった。 これも箱は捨てないで取っておいてある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予防

役所から夫に「風疹検査と予防接種のお知らせ」が届いた。 早めに協力しなくては。 予防と言えば、通っていた歯医者の隣の婦人科に子宮頸がんワクチンの張り紙があった。 これも男性には何か啓蒙することないんだろうか。 割礼習慣のある地域は子宮頸がんの発症率が低いとのこと。 日本での患者パートナーの傾向はどうなのか、そんなデータとれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人

大人計画SPが長かった、でも面白かった。 好きな馬鹿馬鹿しさ。 ドライブインカルフォルニアしか行けてないのが残念。(舞台は映像で見ると物足りない) チケット転売屋問題、何とかしてほしいもの。 大沢たかおのオチ、途中で思い出して懐かしかった。蝉。 顔田顔彦のキャラクターが可笑しかった、ダウントンアビーのモールズリーみたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元号が「令和」に決定。 心なしか、昨日の午前中は街に人が少なかったような。(寒いだけかもしれないが) これからも、なるべく和やかに過ごしたいところ。 それにしてもこの寒さ、着るものに困る。 会社員時代の花見という名の我慢大会を思い出す。 春コートの中にカシミヤニットを着て誤魔化していたが、もう無理。 今日は自転車なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ

フルーツ宅配便 一番楽しみにしているドラマ。 あの子に救いがあるといいなあ。 ゾンビ 最期までセリフが臭くて苦手だった。 新SPEC CGが入ると詰まらなくなる法則でもあるのか。 継続の文字が最後に出ると、ケイゾク面白かったなあと思う。(作品に罪はないという言葉がよぎる) 相棒 詐欺グループの回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アキレス

植木鉢の手入れでしゃがんでいたら、足が痛くて動けなくなる。 こんなにアキレス腱が固くなっているなんて。 ミニバラの鉢だけで中断。 オリーブはまた今度。 毎日ストレッチすることにする。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の水の半魚人 前田 司郎

個人的に前田司郎ブームが到来したので、少し前の作品も読んでみた。 余計な出汁みたいなものが効いていないのに、不思議な余韻があってくせになる。 魚彦11才の夏、14才じゃないところがより難しく繊細で良かった。 魚彦のその後が気になってしょうがない、どうにかなってるといいな。 夏の水の半魚人 (新潮文庫)新潮社 2013-0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラ

某セレクトショップのバッグをネットで見かけて素敵だと思い、近くに行った時に店舗で確認しようとするともう無い。 ネット上では品薄なのに、去年もそうだった。 もしかして騙されてるのかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呪い唄 長い腕2 川崎 草志

いつの間にか「長い腕」の2,3が出ていた。 不気味な例の家々の因縁が完結、嫌な田舎から解放された気分。 ヒロインのキャラクターもまたムズムズさせられた。 大江、坂東眞砂子に続く、陰気な四国もの(と勝手に呼ぶことにした)。 著者は復活したそうなので、他のも読んでみよう。 呪い唄 長い腕II (角川文庫)角川書店(角川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面倒な空気

NHKBSで録画しておいたYMOの番組を観てみたら、思っていたのと違った。 検証中スタジオで起こる「笑い」が怖い、あの雰囲気の中に入っていくには相当の自信と勇気がいる。 それこそ、素面じゃ無理になりそう。 後半、宗教学者が文化大革命を持ち上げていたが、学者は吊るし上げられる立場じゃなかったかと疑問に思った。 自分は粛清ターゲ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花粉

今年は花粉大量飛散らしいが、症状は大したことない。 発症から20年以上経過すると鈍くなるのかも。 ベテランの余裕。 今年も耳鼻科に行かなくて良さそう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永久機関

ピエール瀧逮捕でびっくり。 この人の芸風が薬に裏打ちされたものなら、残念なことだ。 売れっ子なのに?売れっ子だから?内情がわからないから想像しかない。 「フルーツ宅配便」の風俗永久機関の法則を連想させる。 売れそうな人を薬永久機関に組み込めば、高額のギャラを吸い取り続けられるストロー完成。 ストローの位置を都合よく操作でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わナンバー

遠出から帰ってきたら、マンション駐車場に見慣れないワゴン車3台。 車内は荷物で一杯。 内1台はレンタカーなので、自力で引っ越ししているのかもと察する。 本当に業者さんいないのだな、大変。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ

相棒 南井十はミナミイテンでモリアーティーなのかな。 伊丹万作が「作業」している時の表情、斬新でよかった。 渋谷の事件、このアイリッシュコークミュールなるものではと勝手に推理してしまう(LINEは偽装とか) 来週も楽しみ。 渋井直人 猫娘に憑りつかれる杉本哲太に戦慄。モラトリアムの成れの果て・・・。 毎回いたたまれない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空の幻像  アン・クリーヴス

今作もよかった。 あの人間関係への理解、年代によって全然違いそう。 舞台はイギリスだけど、東北の漁村に設定を変えてもしっくりくる普遍性。(先祖返りした異国風の男含む) 説教とか陳腐なお涙セリフみたいなのが無いドライさが気に入っている。 さりげなく出てきた「観客が必要な人」というところ、まさにこれ。 読後、タイトルの意味に気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舌の位置

最近多い、舌癌のニュース。 色んな記事等を読んでいたら自分の舌の位置がおかしいことに気が付いた。 今まで舌を下に置いていたが、本当は上顎の裏にくっついているのが正解とのこと。 いつからこうだったのか、たぶん歯列矯正を始めた中学生くらいからかもしれない。 正しい位置に舌をおさめてみると、口周りと顎の下がぐっと締まる。 顎の下のた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

切れ味

ゴーン釈放の姿にびっくり、なぜ作業員に変装? 無実主張なら堂々と出てくればいいのに、すごい茶番。 一流の剃刀センスがわからない。 フランスの黄色ベストデモと似た格好なのはどういう意味?新手のみせしめ? 籠池夫妻といい今日はニュースが濃い。 元号関連の人選が変。ますます政府から人心が離れそう。 綱吉の時代ってこんな感じだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more