テーマ:雑記

承諾

福島の無理心中らしき事件。 生き残った男(母親の交際相手)が子供達への承諾殺人で起訴された。 青少年保護条例は存在するのに、未成年の承諾が殺人にだけ通用するのが疑問。 いろいろ謎。 一方、野田虐待事件に16年の判決。 この父親も娘に責任転嫁していた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブタペスト展

新国立美術館はそこそこの人出だった。 一応マスクしてみたけど、してない人も半々。 私も含め皆、もはや開き直っているのかもしれない。 市中は落ち着いたものだ。 今まで適当に見ていた宗教画も中野京子のキリスト本のおかげで前より楽しめた。 「受胎告知」の勢いが劇的。 クラーナハの「不釣り合いなカップル」、今も昔もそうだけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モヤモヤ

ラジオでクルーズ船の持ち主が誰か聞いて、このところの不可解なコロナ対応批判報道の謎がとけた気がする。 日本の船だとばかり誤解していた。 日本を非難している諸外国がすぐ迎えにこなかったのは何故?そうするメリットは何だろう。 私の知らない世界がチラ見えする(妄想かもしれないけど) それにしても入港拒否しなかったのに、ひどい言われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋の恐ろしい殺人事件の容疑者の似顔絵が20年以上経ってから公開された。 今更過ぎる。 残された血痕から容疑者のDNAも採取されているとのこと。 DNAから顔を再現する技術をNHKのタモリ人体スペシャルで紹介していたのに、まだ駄目なのかな。 世田谷事件なんて特に試してほしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後手

WHOの鈍さは何故。 いだてんでマーちゃんが「俺はどこで間違った?」と自問自答するシーンと重なる。 答えも一緒なのかな。 それどころじゃないけど。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハマスホイとデンマーク絵画 東京都美術館

ポスターが素敵なので行ってみた。 知らない名前だったので混まないだろうと思っていたら、そうでもなくて程よい込み具合。 序盤のデンマーク絵画も温かくて居心地のいいものばかりで、家に飾りたくなる。 ポウルスン「夕暮れ」が素晴らしくて、なぜポストカードが無いのか不思議。(売れると思う、買うし) そこからハマスホイの展示に移ると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それ

ニュースから まるでエドワード8世。大丈夫なのか。 まるで「忌引き」扱い。環境に合わせるものかと思っていた。 幼児が多数被害にあった交通事故裁判に新展開。 やっぱりもっちゃり顔の女だった、あの人達は自分勝手な主張と要求をしてくる。 でも言い分聞けて興味深い、スティーブンキング跳ねた男や杉村三郎シリーズに出てきた女み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眼鼻

一昨日くらいから眼がショボショボして、くしゃみ水鼻水がでる。 熱はない。 杉花粉にはまだ早いのに。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デジャヴ

去年の今頃見た海外ニュースはオーストラリアの洪水だった。 もの凄い数の牛が濁流に押し流されていく光景に驚いていたら、数か月後日本でも同様のことが発生。 今年はオーストラリア中で大規模山火事。 どうなるのか不安。 気のせいだと思いたい。 年末年始は驚く報道が多くて気になることばかりだけど、知りたいことは結構ぼやけてる。 ゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉野石膏コレクション展 三菱一号館美術館

綺麗で感じの良い展覧会だった。デートにおすすめ。 モネの色彩にうっとり、あの森抜けたらどこにでるのか。トトロの家? 「やさしくなれます」のコピー通り、見終わった後ふんわり優しい気持ちに。 ゴッホですら、貧しい農民を慈しむような視線。(あの赤い太陽はこんな時代は終わるという意味かと勝手に解釈) 苦手なルノワールやルオーも好意的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無駄骨

このところ裁判員裁判の判決が高裁で破棄されることが続いて、裁判員が気の毒になる。もちろん被害者と遺族も。 何が目的で裁判員に量刑まで決めさせるのかわからない。 Eテレのフランケンシュタインの誘惑で取り上げてた、悪魔の心理実験の様に思えてきた。 失敗させることが目的なんだろうか。 こうなりそう 斎藤家の核弾頭 (朝日文庫) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うなぎ

夫と浦和へ行った。 二人共とても疲れたので山崎屋で鰻を食べて豪遊。 臭みが全然なくて香ばしい、とてもおいしかった。 ここが一番好きかも。(カード不可に注意) 帰りにモンブラン買って帰ろうと思ったのに、伊勢丹地下には全然残ってなかった。 というかそもそも洋生菓子が少なめ? 個人店のレベルが高いらしいから、地元の人はデパ地下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コートールド展

富豪が夫妻で集めたコレクション好きなので行ってみた。 評価や価値よりも好き嫌いで集められているところがいい。 マネの「フォリー=ベルジェールのバー」は解説が無いとよくわからなかったが、花瓶はやはり素敵だった。 ドガ「傘さす女」「窓辺の女」どちらも不気味。どういう人なのか。 ロダンのニジンスキー像の迫力、モデルが普通じゃないとあの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正倉院展

奈良は遠いので上野へ。 天候のせいか、まだそれほど混んでいなかった。 碁石の絵が可愛らしかった、どうして今は無地のみなんだろう。 琵琶の細工にうっとりし、復元された琵琶の作業工程の大変さに感心。 校倉造の高床式が「今」だなと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カオナシ

目黒やさいたま等の子供が犠牲になる事件が続いて、その詳細が分かってくると加害者のタイプが似ている気がする。 どうして別れなかったのかわからない。 池田暁子の夫エッセイ漫画(とても怖い)を思い出したので、どうしているのか検索するとその後が出版されているよう。 別れてないみたいだし読んでみようかな。 クレアにジェーンスーのところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

更新

またパソコンが変になった。 更新のせいだ。 エッジが使えなくなったので久しぶりにインターネットエクスプローラーを使っている。 色んなサイトを参考にしたけど治らない。 しばらく放置することにする。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日から消費税が上がり、軽減税率やらポイントやらで色々複雑で面倒になる。 「便利さ」の手数料は結局こちらに回ってくるわけで、トータルで15%位に上がったような気持ち。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風一過

昨日は台風の音でよく眠れなかったのでクマができてしまい、会社を休んだ夫と昼寝していた。 どこにも行きようがなかった。 千葉が大停電らしく親戚はどうかと心配したが、大丈夫なエリアだった。 それにしても結構な被害と暑さ。 これからいろんな計算をし直しなのか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

焦点

目黒の幼児虐待死夫が大麻等で再逮捕されているのに、裁判では妻にそのことを聞かない。(関西のベランダ放置事件と同様) なぜ別なのかとても不満だ。その金はどこから? 娘に個室と専用パソコンなるものが与えられていたのに、その使用方法も詳しくわからない。(カメラ付きなのかとか) 最近、麻薬は被害者のいない犯罪なんて嘯く人がいるけど、薬のた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪談

今年のNHK怪談番組は声優が苦手で途中で見るのをやめてしまった。 毎年楽しみにしてるのに。残念。 BSのホラードラマもちょっと違う。 でも、現実の事件の方がずっと怖くてフィクションにかまけてる場合じゃない、あおり暴行事件に戦慄する。 フミオ&キモト、ミスマープル風にそれぞれに似た人を思い出してしまう。 私が見かけたフミオ系…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五方よし

読売の経済記事 「株主第一」転換、顧客・従業員の利益も…米経営者団体 結構インパクトあると思ったけど、特に大きなニュースにはなっていない。 以前の日本の経営方式ではないか、近江商人の心得「三方よし」みたい。 日本はどうするの。 アメリカの変態大富豪エプスタインとか言う人が、が死んだのとは関係あるのかな。(明るみになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芥川賞

今村夏子が受賞して嬉しい。 いつも選評は作品を読んでから見るのだが、今年は凄いことになっていると聞き読んでみたら確かに大変そうだった。 古市の欄の荒れっぷり、こんな酷評今まであった? 岡崎京子の漫画に出てくる作家志望青年そっくり。(お仲間がいる直木賞に行けばいいんじゃないの) ああならないように選考委員達の全力抵抗を応援したい、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読めない本

昨日のテレビで、林修先生が田中泰延という人の本を紹介していた。 情報が大半で「気持ち」は最小限に抑えることが、読みたくなる良い文章とか何とか。 自分語りは聞きたくも読みたくもないとのこと。 なるほど、以前途中で読むのを放棄した文春の記事のことを思い返し腑に落ちた。 結末が気になって読みたいのに、イライラして読んでいられなくなるあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

縁起

北海道の住宅地をヒグマがうろつく映像が恐ろしかった。 庭のプラムを食べていたとのこと。 もしかして、「庭に果樹を植えるのは縁起が悪い」という言い伝えは、招かれざる客が来てしまうから?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱源

暑くてエアコンつけっぱなしなので、テレビ(熱源)は消してラジオや音楽を聴いている。 今日のビバリー面白かった。 野沢直子のロンドンでのエピソード凄い。(デビ夫人以来の蛮勇) 先週のTBSナイツも聴いてみたら面白かった。 嫌いな田中康夫の吉本騒動解説もわかりやすかったし、爆笑問題の「嫉妬」も良かった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外出先で休憩しようと思ったら、駅前某カフェチェーンの席は勉強する人で満席。 暑くて疲れていたので、夫と二人呆然と立ち尽くしてしまった。 夏休みとはいえ商売成り立つんだろうか。 仕方がないのでモスバーガーで休んだ。 ジンジャーエール美味しかった。(ここは空いてるとインプット)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連鎖

吉本お家問題、社長の会見とかお芝居に思えてくるほど。 肝心な反社フロント企業なるところの社名が質問されたら一斉に各局CMへ変わる始末。 全員総出で論点ずらせたかに思えたが、結局クールジャパン機構とのプロジェクトへの疑問も報道され出した。 ウィークポイントの突き方が絶妙だ。 こうしてみると、この展開はNGT騒動と似ている。(他グル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動機

動機が金じゃない理不尽な事件が続けて起きて恐ろしい。 でも法律では動機が金の方が罪が重い。 京都アニメの事件みたいなのはテロだと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芋虫

ミニバラの鉢から謎の棒が伸びている。 よく見ると細い緑色の芋虫で新芽を凄い勢いで食べていた。 食べ終わった枝は緑の棒に・・・。 もしかして枝に擬態?前から何かおかしいと感じていたのはこれだったのか。 よりによって我が家のミニバラに来るなんて、沢山あるマンションの植え込みの雑草になぜいかないのか。 芋虫には出て行ってもらい、薬を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現実の事件

発言小町の「借金の発覚、新婚で離婚…?」というトピ。 もしかして平塚の事件の被害者からの相談だった?というのは本当なのか。 確かにこんなに経緯が一致する偶然があるかな、しかも最後の書き込みは夫の供述と違って離婚を決意。 上から目線に耐えられない、なんて動機に疑問。 それにしてもこの夫、モルタル妻、保釈逃走男など、借金する人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more