アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「テレビ」のブログ記事

みんなの「テレビ」ブログ

タイトル 日 時
ドラマ
クライシス 横一列に並ぶシーンが多くて、おかしな気持ちになる。 男子向けなのか。 監督は戦隊ヒーローかファイナルファンタジーが好きな人? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/18 13:46
カマキリ先生
Eテレ香川照之のカマキリ先生が、今回も面白かった。 全力すぎて心配。 タガメ捜査一課のホワイトボードの細かい書き込みが気になる。(田村たがめに×して田中とか) ノーカットで全部見たかった。(上流社会の下級武士!) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/08 21:11
ドラマ
女囚7 やっと剛力彩芽に合う役かも、首のラインがとても綺麗。 橋本マナミの役、一番面倒くさいタイプ。ああいう人いたいた。 漫画のスケバン刑事少年院編やあすか組みたいで面白い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/26 20:44
ドラマ
スリル 赤も黒も面白かった。 続編希望。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/11 22:18
ドラマ
たられば娘 男のやりたいことに「飲む打つ買う」の次に「説教」あるなあ。 ビートたけしのギャグで、風俗店で説教しておきながらサービスはしっかり受ける人みたいな。 年がいって名誉男性化した女もそうなりがち。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/05 21:17
マツケン判事
週末は風邪で寝込んでいた。 たまたま見た「マツケン判事」というBSNHKの番組が面白かった。 ルソー、ニーチェ、デカルトを訴えるという法廷劇。 とても自由でやりたい放題だけど、出鱈目じゃなくて為にすらなり、最後はマツケンサンバを歌い踊るという贅沢さ。 製作が大変そうだけど、また見たい。 「世界の思想から」だけでもいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/03 14:33
そして誰もいなくなった
あのイカに続くまさかの昆布、相棒の和泉監督らしい。 いつも女優をきれいに撮るし、特に大地真央の美しさは目の保養。 そこ割愛?と驚いたが、渡瀬恒彦への体力面への配慮があったのかな。 脳内補完するしかないのか、原作ほとんど覚えてないなあ。 猛烈に読み返したい気分。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/29 21:25
漫勉
漫勉の「伊藤潤二」回。 作者の事はあまり知りたくない方だが、伊藤先生だけは興味があり見てみた。 思った以上にちゃんとした人だった。 嘘っぱちを描いている時が一番楽しいとのこと、私も嘘っぱちを読んでる時が一番楽しい。 だからこそ細部を大切にするというのも同感。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/27 20:42
ドラマ
カルテット 恋愛ものは見ていられないけど、いろんな片思いの話は見ていられる。 先が読めなくて面白かった。 「死と乙女」についてのシーン、二人の表情が素晴らしい。 アリスのステレオタイプな負け惜しみセンスに虚無を感じた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/23 15:30
ドラマ
カルテット アリスみたいな人、いた。(交際相手達を留年させることに喜びを感じていたようだった、他にも余罪多数) 小さい「悪」みたいなのが、うろついている世の中。 罠でいっぱい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/07 13:37
相棒三昧
映画版 一作目と似たような話かと思って敬遠していたが、太田愛脚本なので観てみた。 らしさのある展開で、その先というか所謂「朝日っぽさ」とは違うものがあってよかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/23 14:13
ドラマ
カルテット 面白い。 最近テレビで聞いて嫌だった言葉「えっ○○〜駄目ですか?」、あの辺の人達のこと上手に入れてくるなあ。 主語が「私たち」の女は相当危険。 信用できない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/21 20:53
相棒
「家族の会」が、以前家のポストに入っていた統一教会がやってる結婚相談所の勧誘葉書(真の家庭運動推進協議会だったかな)みたいだった。 家族とは極小のカルト。 太田愛脚本回はいつも面白い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/09 12:14
ドラマ
タラレバ娘 思ったより退屈でどこか古臭い。 袋小路の女はもっと異次元な行動を取り出す。 友人女性から二人で食事をと誘われたのに、現地に行ったら知らない男(友人が行きたい世界の人)が二人いた事を思い出した。 私に交際相手がいることを知っているのに、私を「調達」したのか?と悲しかったなあ。 ショックでローテンションでいたら嫌味をいってくるしで、早々に帰宅。(その後は断り続けて音信不通) 相談があると言われてノコノコ出て行った私も若くてバカだったが、彼女にそこまでの野心があるとは思わなかっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/06 21:28
デジャヴ
テレ朝でまた中国の食品偽装やってた。 春節の中国人観光客に合わせてのお知らせなんだろうか。 あの中国に詳しい人は、テレビタックルの同じ特集で「でもおいしいんですよねえ」を連呼していた人かな。(クレイジージャーニー物件) 下水油も髪の毛醤油も絶対無理。少しでも大丈夫じゃない。 目的は何だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/02 13:44
ドラマ
さえない カクケントが大倉孝二風演技な上に、すべってる。それでいいのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/31 21:42
ドラマ
奪い愛 酷い、あんなセリフを言わせられる俳優らがかわいそう。 パロディでもオマージュでもない、既存のドラマを寄せ集めたコピペドラマ。 あらゆる方向に失礼だと思う。 ミタゾノが恋しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/25 21:12
ドラマ
アドラー どうしてヒロインに生気がないのか、目が死んでるのか。 それでは説得力がない。(ドクターXのほうがアドラーっぽく思えてくる) 2話最後のお茶の香りでうっとりする表情だけいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/22 15:39
ドラマ
相棒 面白かった。 副総監一家、この先が気になる展開で楽しみ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/13 23:28
ドラマ
相棒正月SP IQ高くて退屈だから犯罪企てます、というしょうもないドラマ(IQ246、火村等)へのアンチテーゼ。 容赦ない相棒ワールドなので、この先冠城(ようやく気付き始めたけど)にも罰が下るのだろうか。 犯罪平気な俺かっこいいみたいな空気はどんどん潰してほしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/05 21:08
ドラマ
江戸川乱歩2 続編があってうれしい。面白かった。 人間椅子に衝撃、NHKなのにこの変態性!(監督はタモリ倶楽部のファンなのかな) ドラマに芸人が出ると安っぽくなる場合があるけど、短編に特異な容姿の抜擢ばかりなので大成功。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/30 22:05
戦乱
スマップの解散が真田丸と重なって興味深かった。 高齢の権力者の死を待つ者たちの動き、身内可愛さから忠臣を切り捨て、外様勢力への恐れ、等々。 ファンでも何でもないが、この不穏さはどうなのか。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/29 21:18
ガールズハードボイルド
ファミリーヒストリー「ビートたけしの回」、とてもよかった。 祖母と母が出会うまで、女の子が身一つで上京して生きていく大変さ、朝ドラをいくつも足したような濃い人生だった。 そして、家族ができて身一つじゃなくなってからもまた大変(夫、たけしが原因だけど)。 ままならなさを乗り切る強さが素晴らしかった。 ドラマ化されそう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/27 13:48
ドラマ
プリンセスメゾン とてもよかった。 家を見つけるまで続編希望。 陽月華を中国系の方かと勘違い、上手いのに今まで何してたのかと思ったらタカラジェンヌだったのか。 もっと活躍してほしい女優さん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/19 21:49
ドラマ
逃げるは恥だが ヒラマサの服が売れているとの記事を見かけた。 確かに感じがいい、好感持たれそう。 でも肝心なのは、タッパーをきれいに洗うヒラマサの育ちの良さ。 もし家出から戻ったみくりが、流しに積み重なった汚れたタッパーを見たら恋は終了だ。 洗い物は君の仕事だよね、なんて言われたら最悪。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/13 21:13
相棒が
「相棒」の受難はどこまで広がるのだろう。 高樹沙耶デビュー作の原作とそのモデル達や周辺が興味深く底が知れないと思っていたら、今度は成宮引退。 不穏だ。 ところで警察はどうするのだろう、マスコミは私刑執行機関?不倫とはわけが違うのに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/09 22:26
ドラマ
獄門島 金田一があっち側に行ってしまうツインピークスみたいな演出。 女性陣に妖艶さが無くて物足りなかった。 パフィーを見るとあの三姉妹連想してしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/07 21:06
ドラマ
逃げるは恥だが ヒロインが何をしたいのかわからなかったが、市民権が欲しいグリーンカードみたいな話だと思えばいいのか。 外国人設定にしたら、いろいろ面倒なんだろうなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/29 21:55
ドラマ
逃げるは恥 新垣結衣と石原さとみのドラマは今回も対照的。(前回は掟上今日子と5→9) どちらが好みかと言えば、新垣結衣の方。 あんな元カレみたいな人いるのかな、と思っていたら某バッグ店でそっくりな振る舞いのカップル目撃。 いるんだ・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/22 21:35
アメトーク読書芸人
読書芸人なので久しぶりに見た。 カズレーザーおすすめが若竹七海でうれしかった。 面白いのに評価が低いのも同意、トマス・ピンチョンに挑戦してすぐ挫折したところも一緒。 先日は夢にまで出てきたし、この人何なのだろう。 とりあえず倉知淳を読んでみようと思う。(すっかり忘れてた) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/11 13:47
ドラマ
プリンセスメゾン ベランダで沼ちゃんが決断するのを営業さんが待つシーン良かった。特に陽月華の表情が。 距離感が程よい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/10 21:05
ドラマ
真田丸 家臣たちの戦略会議も豊臣家によって一蹴され愚かな選択をしてしまう大阪城。 正しさより、誰発信かが優先されるのはいつの世も常。 大川小学校の悲劇と、自分が小学生の頃体験した理不尽さをあれこれ思い出して重ねてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/01 22:07
ドラマ
IQ なぜポアロのモノマネ、というか野村萬斎の真似? 織田裕二は演技にうるさい人じゃなかったのか。 若様と執事は逆だと思うのに・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/28 21:43
ドラマ
相棒15 警察嫌い男が新レギュラーに、初回の「呪わば穴二つ」な展開は伏線になるのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/25 21:25
ドラマ
刑事ダンス 馬鹿っぽさの追求がすばらしい。(特に某女優息子を参考にしたような発声) メンヘラという言葉はテレビで使ってもいいのね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/13 14:39
ドラマ
狙撃 キャストが良くて前半面白かったのに、後半は失速して結局印象に残ったのは尾野真千子の喘ぎ声。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/07 19:46
CM
楽天ポイントのCMがどうしても嫌だ。 なんて耳障りなんだ。 グランブルーなんとかも耐えがたい。 消すのが一番なんだけど、ニュースの時間に遭遇するので困る。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/03 20:34
ドラマ
模倣犯 面白かった。 中谷美紀の息遣いが気になったが、だんだん身の丈に合わない仕事に手を出して溺れそうになってる主婦と思えた。 最近宮部作品の映像化がいい感じ。 今までのは酷い出来でアンチ宮部キャンペーンのようで気の毒だった、誰かの差し金なのかと穿ってしまうほど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/23 20:52
不参加
真田丸の関ケ原の扱いが斬新。 参加できなかった・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/12 22:36
ドラマ
ON 散々引っ張った挙句、異常者になるかどうかは親次第みたいなまとめ方だった。 フジテレビらしく絵面に拘ったら安っぽくなってしまった感じ。(カラコンや白い施設など) いい加減美女達に殺人鬼役させるのも時代遅れと思う、「特別な私」を演出したがる勘違いブスの元では。 ズレてる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/08 22:09
ドラマ
今更ER?と思いつつ、テレ東でみる。 そういえば最初の方は見たことが無かった。 あの看護婦が自殺未遂していたなんて知らなかった。 そうだったのか、そしてこれからも振り回され続ける運命。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/06 22:01
ドラマ
神の舌 向井理の変な表情がオバQのO次郎に見えてきてかわいいかもと思えてくる。 木村文乃にはどうにも馴れない。 きたろうにリス鍋、うれしかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/25 17:47
ドラマ
営業部長 また女性を応援する体で馬鹿にするようなストーリー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/09 14:21
ドラマ
ウシジマくん3 ますます濃い登場人物たちで、関わりたくない。 この先どうなるのか怖い、真夏にふさわしいホラー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/21 21:37
ドラマ
ON 「覗く女」(羽田美智子が奇妙なサイコパス刑事役)みたいだった。 酔ったチンピラみたいな下手ジャニーズは引っ込んでてほしい。 相棒の伊丹には程遠い、そして鑑識の米沢にも。 とはいえ、続きが気になるので続行。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/14 21:33
遺伝と環境
ファミリーヒストリー矢野顕子 面白かった、あの「自由さ」は代々培われたものだったのか。 遠野物語に落城後の会津人たちが北へ向かう話があった、もしかしてその中にご先祖様もいたのかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/11 16:39
ドラマ
結婚できない なぜ徳井?ふさわしくないなあと初回から疑問だったが、最終回で理由が分かった。 魔法と言うか呪いが解けて良かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/21 21:52
ドラマ
重版出来 面白かった。 ヒロインに恋愛要素が無いところが良かった。 中田伯みたいな女性漫画家の話を思い出した。(父親からの虐待が原因で暴力的な恋愛描写に) 続編観たい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/15 21:49
ドラマ
ゆとり 茜みたいな人いるなあ。 男性ホルモン多めというかなんというか。 クドカンの描く女性の容赦ないリアルさ、末っ子長男姉二人だからなのかな。 面白い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/13 21:52
ドラマ
真田丸 ひやひやする展開の中に、清水ミチコ! 飽きさせない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/17 20:42
ドラマ
連休中は病人とドラマ鑑賞 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/11 21:21
ドラマ
火の粉 怖い。 ああいう一方的に手作りの食べ物をくれる人、いる。 そして、受け取った人は言うこと聞いてくれるはずだという態度で困惑させられる。 食べ物その場限り、でいいじゃないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/12 22:21
ドラマ
スミカスミレ ザ・少女漫画で楽しかった。 配役も見事。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/29 20:31
くくり
松本伊代と草刈民代と木村佳乃は中の人が一緒。 パナシちゃん。 タモリや黒柳徹子との会話を見て思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/28 21:23
大瀧詠一
NHKの大瀧詠一特集二つ、どちらも良かった。 子供の頃、洒落てる!と思ったのと同じに新鮮なままだった。 BSの方の司会の話がよく理解できず、大瀧氏の謎は深まるばかり。でも面白かった。 頭の中にうっすらメロディーがあるものの、曲名がわからなかったのが「さらばシベリア鉄道」だと知ってうれしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/23 22:01
ドラマ
真田丸 今週も面白かった。 あの緊張感が平和なはずの江戸時代になっても継続していたと、ブラタモリの熊本城を観て思った。(中島京子の「かたづの」も陰謀渦巻く江戸時代の東北地方) きりは風と共に去りぬのスカーレットなのか・・・スカーレットと言えば境界性人格障害の見本みたいな人、この先どうなるのか戦慄。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/21 19:59
ドラマ
福田和子 編集者が余計だった。何が「母」だ、この手の誘導が嫌い。 和菓子屋の親戚の「乗っ取られるかも」が正しいと思った。 殺された美人ホステスも普段の彼女に警戒心や悪い印象は無かったようだし 福田和子が演出する好印象はすべて目的あってのことだったように思える。(あの居酒屋さんもターゲットだったのでは・・・) 複雑そうな生い立ちからやってほしかった。 カナダにも似たような犯罪者がいて、マーガレット・アトウッドが詳細に書いている。 それにしても、殺した相手の下着まで身に着けるというのは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/18 23:08
相棒
動機がよくわからなかった、私がバカなんだろうか。 テロの恨みはテロリストに向けるものでは・・・そもそも何のテロだったの。 週末に夫ともう一度見よう。 あの人卒業?と思ったがそうじゃないようでよかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/17 14:30
浄化の光
「ちょうどいいブス」を自称する女芸人が登場。(名前は忘れた) 瀬戸内寂聴先生へのもやもやが解消。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/09 20:43
ちかえもん
最初から最後まで全部面白くて配役もピッタリ。 こんなの久しぶり。 松尾スズキが上手かった、書き上げた後に一気に老けてたとこなんかも。 万吉にまた会いたい、帰ってきてほしい。(後藤象二郎役の時はあんなに憎らしかったのに) 続編希望。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/05 20:53
ドラマ
真田丸 面白くて楽しみ。シャープ等電機メーカーの盛衰を考えてしまう。 ただ、周りが凄過ぎるせいか主人公のキャラクターがさっぱりわからない。 長澤まさみがまた感じ悪くなっていて、「都市伝説の女2」のようだ。(ツンデレというのをやりたいのかな、下手) 聞きたくないこと(でも的確)ばかり言う長澤は小林聡美で、聞きたい言葉を言ってくれる黒木華は今の三谷妻かなと勝手に思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/01 18:14
ドラマ
はぶらし 最終回が不満だ。 「必要とされたい、だから許す」とかいうの、最近流行ってるの? 「逃げる女」も「私を離さないで」もそう、ちょっと気持ち悪い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/25 21:06
ドラマ
逃げる女 最後までよかった。 仲里依紗がすばらしかった。(特捜部シリーズQのあの子みたい) 美しいラストシーン、西脇の白髪と表情もまた。 一方、よくわからなかった加藤雅也は闇に捕まったということなのかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/16 22:34
サラメシ
今回の美容室編は驚きの光景だった。 マーガレット・アトウッドの「あおひげの卵」を思い出す。 あの女性美容師さんが自分の姿を見て気が付くといいなあ。(人の振り見て我が振り直せだけど) 卵が孵化する前に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/11 21:06
ドラマ
相棒 なんだか脚本が急きょ書いたような出来で、反町の法務省キャリア設定が生かせてない。 もしかして、法務省ネタ脚本はどこかからNGになったとか?(入国審査も司法試験もこのところきな臭いし) と穿ってしまうほどだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/08 21:01
ドラマ
逃げる女 面白くてあっという間に終わる。 仲里依紗が素晴らしくイカレた演技。 水野美紀の暗い美貌が生きてる。 ここにも遠藤憲一。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/26 21:13
ドラマ
ちかえもん 面白い、楽しい。 最初、寺山っぽいのかと思ったら、もっとポップで洒脱だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/21 22:20
数学地縛霊
山内圭哉のスタパ、「みつばち」以来ファンだったので嬉しい。 Eテレの高校数学での地縛霊教師役は知らなかった、とても面白そう見てみたい。(恋する百人一首といい、Eテレは攻めてる) 再放送して欲しいなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/20 20:33
不安定要素
シャープ、東芝など一寸先は闇だなと思っているところからのスマップ解散騒動、そしてお通夜みたいな謝罪会見。 見通しの立たないな世相を映すようで、不安が増す。 知らされていない、恐ろしい事実がありそうで怖くなる。 彼らは一体誰に謝っているのか、なぜ謝るのか、そもそも何でそれを放送するのかすべてが謎。 渦中のジャニーズ事務所のカタカナ名の人達は本当に存在するのかすら、疑問に思えてきた。(親戚の80代達の耄碌ぶりと言ったら・・・) ああ、気味が悪い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/19 18:18
ドラマ
江戸川乱歩 明智小五郎が満島ひかりという配役、不思議な世界観にぐっとくる。 自由で面白い、楽しみ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/16 17:57
あっち側
スマップが解散するとの報道。 そういえば「すべらない話」での、中居のマッチ話に不穏なものを感じていたのでやっぱりそうかと思う。 「あっち側」はマッチ息子以外に、あと誰が座っていたのだろう。 このところの中居の生き急いでるような焦っているような、妙な感じが腑に落ちる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/13 12:08
幸福
DAIGOと北川景子の結婚会見が幸せそうで、育ちの良い人達。 ギャグに笑う北川景子に「好き」とはああいうことだと納得。(三谷幸喜のパー子さん論を思い出した) コスパがどうとかいう人を蹴散らす笑顔。 ものすごい満腹感。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/13 12:02
ドラマ
相棒元日SP 初めのうちは本田娘の人生って何だったのかと不憫に思ったが、「大勢の警察官が少数の犯罪者を追い詰める〜」などとあさってなことを言い出して、本田父娘の末路に納得。 犯罪者に幸福な余生は必要ない、相棒の神は厳しい。 一方、ひな子の立ち回り方がらしくなくて不満だったが、辞職してこれからどうするのだろう。 楽しみ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/11 16:58
ドラマ
赤めだか 今頃見たが、面白かった。たけしに説得力があった。 偉そうで感じが悪い人という印象しかなかった談志の別な一面が見られた。 談志の弟子談春の「本当のあの人」を描きたい気持ち、「枕草子」の定子と清少納言の様だ。 青春ものらしく、映像が美しく瑞々しかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/07 19:30
ドラマ
トミー&タペンス 二人が年を取ってからが面白いのに、途中で終わってしまった。 しかも既に結婚していて、好きなセリフ「結婚はゲームよ」が無くて残念。 「運命の裏木戸」なんて現代の問題を彷彿させるのに。 とはいえ、ファッションが素敵で目の保養。 続編求む。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/28 19:31
文化
クレイジージャーニーのパプアニューギニア編を見て、日本に生まれて良かったと思う。 石器時代から継続する生活スタイルは女性に責任を負わせる面が多々あるようだった。 あの文化は西欧では「魔女の鉄槌」に展開したのだろうか。 「穢れ」思想は日本でも。 一方、男だけがお洒落して着飾ってみたり。(アフリカにも同様の部族がいたような) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/23 14:05
ドラマ
弁護士のくず 再放送、やっぱり面白い。 どうして続編がなかったのか不思議。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/11 17:11
ドラマ
サイレーン 刑事二人が馬鹿馬鹿しくて、子供が考えたような展開。 カラの動機だけ知りたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/25 22:36
ワイドショー
2歳児にタバコを吸わせることは、ちょっとしたバカですむだろうか。 あの金髪に染められた子供の未来が暗いことも考えられないテレ朝の偉そうな男に憤る。 だから朝8時以降のテレ朝は見たくないのだ。 うっかりつけっぱなしにしていて見てしまい腹が立つ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/18 21:09
ドラマ
ぼんくら2 原作を読んでいるのに、下手人が誰か思い出せない。 脳の具合が不安になってくる。 孫八のことはよく覚えているのに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/12 23:02
あさがきた
やはり大森美香にハズレ無しだ、面白い。 ただ、NHKヒロイン毎度おなじみの木登りと働かない旦那パターンは必須条件なのか。 目的はなんだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/04 21:21
ドラマ
洞窟おじさん 少年法はあのような人のためにあるのに、その恩恵に預かることはしなくて・・・。 最後に登場した本人の笑顔に救われた。 野間口が本物みたいだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/27 12:48
ものまね
清水ミチコとロボット学者の対談が面白かった。 どうしてこの二人なんだろうと不思議だったが、話を聞いている内になるほどになった。 初めドライだった学者の態度がだんだん変わっていき、最後カメハメ波を出せると思っていると告白するまでに。 おかしかった。 「ものまね」を分析してグラフ化されたものも興味深かった。確かにそう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/23 21:54
相棒スタート
平安末期、西行法師が高野山で修行中に、寂しさから寄せ集めの人骨から人造人間を作ったものの、心を持たない怪物を持て余し吉野の山奥に捨ててしまった。 という逸話を思い出した。(いろんな解釈ができる好きな話) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/17 23:20
スペック映画
子供が考えたような話になっていた。 あれでは動機不明な犯罪の「わけのわからない供述」ではないか。 堤監督は映画版になると変になるのはなぜだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/05 21:48
こわい話
昨日のアメトーク。 大体馬鹿馬鹿しい話だけど、たまに興味深い話がある。 ナイツの土下座話が尼崎事件のようで怖かった。 ロケ中に輩に因縁つけられて理不尽な要求をされて、気が付けば身内に怒りの矛先が向いていく・・・。 こういう手口なのか、この手の人間はどこにでもいるのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/02 21:30
ドラマ
デザイナーベイビー 面白い。 黒木メイサがどっしり落ち着いた雰囲気で意外と妊婦刑事にあっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/30 22:48
洞窟おじさん
壮絶で面白いドラマだった。 何より実話なことに驚いた。 なぜこんなことに・・・と観ていて疑問ばかり湧いたが、詳しく再編集されたドラマも放送されるのことで安心。 一馬を追いかけてきた飼い犬のけなげさ、あの家でまともなのは一馬だけだったに違いない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/24 21:49
海外ドラマ
刑事フォイル 見ごたえがある。 第二次世界大戦下のイギリス当時の空気感がたまらない息苦しさで辛い。 でも見ていられるのはフォイルの人柄が素敵だから。 欧米の難民問題のさなかに、とてもタイムリーな内容で興味深い。 また同じことの繰り返しなのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/16 22:24
辺見マリ
しくじり先生という番組が面白かった。 辺見マリの洗脳騒動が、興味深く面白く仕上げてあって、全国公演行脚できるのではと思う。 つまんない「文化人」の話よりずっと面白い。 これで儲けて、教祖が再び寄ってきたら捕まえればいいのに。などと無責任なことを考える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/14 22:09
サイラス
「YOUは何しに」にサイラスが再登場、面白かった。 この人、「キャシーのbigC」に出てくるキャシーの自由なお兄さんにそっくり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/08 12:13
Aタイプ
マツコの知らない世界で、4スタンス理論というものを知り腑に落ちることがいろいろあった。 子供の頃、私(Aタイプ)は弟の肘の位置が変なのが気になり食事の際など注意していたが、弟はBタイプだから仕方がなかったのか、ごめん。 通りでどんくさくて運動音痴で怪我ばかりしていた訳だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/03 21:43
依存心
アメトークの一人が嫌いな芸人たち。 何人か知っているアル中の人達が同じことを言っていたので、彼らの今後が心配。 とにかく「寂しい」とのこと。 その上、自身には趣味などが全く無く、一方家族の趣味や興味を制限する。 あれは、どういう心理なのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/31 21:21
ドラマ
オレアレ 教育テレビとは思えない変なドラマ、5分だけど面白い。 菅田という若手俳優、売れっ子だなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/20 21:53
ドラマ
民王 馬鹿馬鹿しいけど、面白い。 どのドラマも遠藤憲一ばかり見せられて飽きてしまいそうだけど、こんな役まであるとは。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/03 21:31
ドラマ
七人の刑事 せっかくのメンバーが勿体ない。 美人刑事がモデルに絡んで逆においておばさん呼ばわりされてギャフン。なんてしょうもないシーン必要か? 紅一点な美人だけど視聴者の中高年女性と一緒ですよというエクスキューズみたいなの、下らん。 エイジハラスメントもそうだけど、女性雑誌が下らなくてどんどん売れなくなってる理由がわかるような。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/23 22:21
ドラマ
廃墟 滅びの美学、あのホテル素敵だった・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/15 21:52
ドラマ
猫侍2 最終回に爆笑。あの髪型が可笑しくてもう堪らなかった。 あんなに笑ったの久しぶり。 玉ちゃんと入れ替わった班目のコミカルさ。 北村一輝すごい演技なのに、一話だけで勿体なかった。どうやって元に戻ったのか説明がないし。 「かつえ」は地位を確立したと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/06 21:36
ドラマ
倫太郎 疑問だらけなストーリーだったけど、蒼井優が素晴らしくて最後まで見てしまった。 ライバル?の機械重視先生の方が信用できそうな気がしてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/22 22:04
ドラマ
天使と悪魔 面白くて毎週楽しみだった。 この脚本家に相棒も書いてほしい。(一人は既に書いてるけど) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/09 22:24
ドラマ
64 過剰なほどの緊迫感の理由が最後にわかった。 気が付かなかった、私も三上と一緒に盲目になっていた。 とてもいいドラマだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/05 21:26
ドラマ
NHKBSの清志郎ドラマ 思ったような話じゃなくて、アプローチの仕方がとても良かった。 音楽もいい。特に最後の。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/08 21:43
ドラマ
ようこそ、わが家へ 南果歩の役が何かに似ていると思ったら、犬山犬子だった。顔も声も間もそっくり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/05 21:19
改変
NHKの「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ」ドラマ訴訟。 やはりNHKの負けだった。 一番の肝は母親との確執なのに無しにするとは、裁判官は読解力のある人だったみたいでよかった。 NHKが第三者による検閲云々とまで言っていて驚いた、原作者なのに・・・。 オジサンのなあなあが通じると思ったのかなあ・・・それとも母親役の出番を増やしたいとか。 そもそも脚本家は誰だったのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/29 21:18
ドラマ
64 顔面の力だけで押してくる、セリフは聞き取れないことが度々あるが重苦しくてどうでも良くなる。 娘が暴れる理由が予想外、どうしてそうなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/28 13:46
クレイジージャーニー
ゴンザレス丸山の環境に左右されない冷静さと、食べ物を断らないところに品を感じた。 高貴なタニシ。 一体どういう人なんだろう、旅先よりもゴンザレス丸山の方に興味が出てしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/24 20:48
ドラマ
問題の多いレストラン 打ち切りみたいな終わり方で変だった。スプーンクレーマーは横やりが入ったという意味? ハイジさんと若い三人で展開すればよかった気がする。勿体なかった。 フジテレビはとにかく絵面重視だそうだから無理か・・・。 頑張れ女の子というわりには、応援しているように思えない内容だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/20 21:07
相棒13最終回
「この親にしてこの子あり」だった。 病院でカイトが父親から嫌味を言われるシーン、発覚後の喫茶室でカイト父から右京への責任転嫁にイライラ。(現実の犯罪者の父親もああいう他人事みたいなインタビュー残してたりする、ごく最近も聞いたのでタイムリーかも) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/19 16:11
石楠花
BSNHKドラマのポワロ「死者のあやまち」 ポワロが石楠花の間を歩くシーンが「千と千尋」とそっくり、ポワロだからちょっと面白い。 オマージュ? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/16 13:27
ドラマ
徒歩7分 良いドラマだった、終わって寂しい。 依子の漫画のポテンシャルが低くて、それがまた絶妙だった。 その後どうしてるのか気になる。 弁当屋で働いていたりして。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/25 20:49
オウム特集SP
テレ朝のオウム特集を観た。 上祐が軽くてヘラヘラしていて他人事のようで苛立ちを感じた。(ポルポトか) あの軽さは何なのだろう、話し方は林先生そっくりだが内容が正反対で空っぽだった。 こういう最終目的が単に他人より「上」に存在したいだけな人は、何やっても虚しくて不幸だ。 再現ドラマで上祐が、雑誌広告の空中浮揚写真を真に受ける恥ずかしいシーン(これこそタレントに小窓で笑わせるべきでは)があった。 貧すれば鈍するというか、かなり努力したはずの優秀な経歴なのにあと一歩頂点に到達できなくて、もう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/23 18:45
ザ・プロファイラー
ポル・ポトの回がタイムリーでとても興味深い内容だった。 男の嫉妬は世界を滅ぼすシリーズの中でも最悪。 クメールルージュの秘密主義と上位下達の形態が、振り込め詐欺団の分業システムと似ている。(アンナ・ハーレントのいうところのナチスとも言える) 分業すると何やってるのかわからなくなり、とうとう人間性を失う。(工場by小山田浩子) あくまで分業であり、協同という信頼に基づいた作業とは違う。 このシステムが今だに世界中で稼働しているようなのは、誰かが啓蒙し利用しているのか。 現に中東にとんで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/19 22:35
ドラマ黒い看護婦
飲み会で同席した看護師女性が風邪気味で先に帰ろうとした人に「風邪薬と酒一緒に飲めば大丈夫だよ」と言って残そうとしたことを思い出し、ゾッとした。 彼女も図々しくて、他人を利用する人だったなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/14 16:08
ドラマ
恋愛怪奇大作戦 好きな女優ばかりで嬉しい。 たまにしか見られない緒川たまきを堪能。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/09 22:16
ミスマープル「動く指」
NHKBS、ミスマープルのドラマ「動く指」がタイムリーだった。(チャーリーとチョコレート工場みたいだったけど) アガサクリスティーはマープルの視点で様々な家庭、母子関係、女性像を描いているが特にこの作品は興味深い。 田舎町で姫ママタイプの母親にネグレクトされた変わり者少女を、リベラルな目を持った都会的な兄妹が救い出そうとする。 結末はわかっているし驚きの改変がされているけど、どのバージョンも観てしまう。(まずあの妻があの高露出美人家庭教師を雇うところから変) とはいえ、やはり原作が一番好... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/05 12:25
ドラマ
徒歩七分 ヒロインが世間知らずにも程があるけど応援したくはなる。テレビ見ないという設定が効いてる。 お隣さんが随分良い人だと思ったら職業で納得。見た目も役柄も演技も石倉三郎みたいで面白い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/28 20:56
ドラマ
太鼓持ちの達人 第二話、ネガティブ女とやさぐれデブの褒め方。 肌綺麗なんて、普通だった。これバラされたら、あとは何と言えば・・・。 この回を林真理子が観ませんように、周囲の平穏のためにも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/27 22:19
生放送
記者会見を見て朝からびっくり。放送事故か。 大丈夫なの?なぜ今その話? でも、どうしてこうなったのか、百聞は一見に如かずだった。 この先の報道ではあたりさわりなく編集されるのだろうから、生放送でなければわからないままだった。 それにしても何らかの意図があるのか、疑問が多すぎる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/23 10:10
ドラマ
問題の多いレストラン 流行りの食堂ものでは終わらせないという意気込みなのか。 会議室のセクハラシーンにダイエーであったセクハラ事件を連想、セクハラする人はパワハラもするから小久保事件みたいなのも起きて会社から離反者がでたりするのかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/20 21:11
ドラマ
徒歩7分 展開が読めない、変なドラマだと思ったらファナモの脚本家だった。 でもあんな人、いる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/15 21:13
クレイジージャーニー
極限地帯を旅する人々を追った番組が面白かった。 それぞれ個性が濃くて、もっとお話を聞かせて欲しい。 聞き手がダウンタウン松本、設楽、小池栄子なので、松本の腰ぎんちゃく的関西芸人がいなくて雰囲気が良い。 (今年の松ちゃんは変わるのかな、やっと・・・だけど) 小池栄子のさらりと芋虫を食べる豪気さ、ますますファンになる。 フィリピンのスラム住人の「笑顔」が興味深かった。(笑顔で他人のポケットを探ろうとする等) 続編期待。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/05 17:54
ドラマ三昧
一週間近く一人なので、ドラマ三昧。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/31 18:19
コント
NHKの「となりのしむら」面白かった。 これならパピィ役もできそう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/20 22:11
ナンシー関ドラマ
昨日はずっと楽しみしていた渋谷方面に行く日だったが、ナンシー関展はとっくに終わっていてショック。 なぜか今日までだと勘違いしていた。(最近こういうことが多いかも、認知・・・) 次のお楽しみへも引きずってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/15 21:24
ドラマ
ぼんくら 長屋のし尿処理状況が省かれているのが残念。 差配が親切なのは情だけじゃない、住民の面倒を見れば見るほど金になる。 誰も損しない、すべて丸く収まる経済システムが完成していたからなのに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/12 21:03
二匹目の泥鰌
テレ朝のすごいですねという番組が苦手だ。むずむずする。 YOUは何しに日本へはとても面白いのに、何が違うのだろう。 出演していたドイツ人看護師女性に対する「文句言わずに喜べよ」という男性タレントのつぶやきで嫌さかげんがMAX、何様なのか。 聞き間違いだと思いたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/01 21:29
くらべてみました
夫の帰宅が遅くて妙な深夜番組を見た。 女性タレント3人が奇行披露していた。 女医の西川先生の病み方が気の毒だった。 この人は親から主要五科目以外は不要と言われて図工や家庭科の機会を取り上げられて育ったという話を思い出して、腑に落ちた。 私も最近まで美術や音楽は「楽しい」以外に教育上なんの意味があるのかと思っていたが、自分の中から発生したものを誰かに褒められたり認められたりする機会は必要だと気が付いた。 算数などの答えがあるものではなく、自分が作った物、行動したことを見てもらうのも自己肯... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/26 21:04
ドラマ
深夜に放送していた海外ドラマ「THE FALL」が濃くてよかった。 続きが気になってしょうがない。 今話題の「アメリカ人ナンパ師」は犯人と同じ病気にかかってる。 ストーリーも深刻だけど、映像が美しくも生々してリアル。 あのドキュメンタリー調の映像をNHK「ボーダーライン」は真似たのかな、今一番かっこいいスタイルかも。 すっかりダサくなったのは「すべてがFになる」みたいな映像か。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/20 19:53
ドラマ
マッサン いつになったらウヰスキーを造るのか。 エリーが夕飯を用意してじっと待っていたり、「私と仕事どっちが大事?」なんて言ったりしてベタだ。(観たいのはそこじゃない) 毎年、毎シーズンいろんなドラマで見ている気がするうんざりシーン。 あれらのシーンが最初にドラマに登場したのはいつなんだろう。 そもそもそんなことやってる人が世間にいるのか疑問。 犬猫だって、飼い主が外出したらヒャッホーと部屋で遊びまわって、ドアの音がしたらしおらしくお出迎えしている。 殿方の思い上がりでは? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/05 21:04
ドラマ
相棒 片岡礼子の彼岸感、あの弁護士の醸し出す雰囲気に福島瑞穂を連想。 思想の為なら誰かが死んでも構わない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/01 19:42
未来としあわせ
NHKスーパープレゼンテーションの幸福指数の回。 アメリカの学者が最近の物語は未来をディストピアとして描いたものばかりで絶望的な気持ちにさせられると語っていた。 確かにそればかり、「ロード」、「極北」、一連のゾンビものetc行き詰っている。 だから今頃「ドラえもん」解禁なのかな。 ドラえもんは明るい未来を、のび太は寛容さを象徴している。 ひみつ道具で失敗を繰り返すのび太みたいな人間に幸あれ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/28 14:23
フェミ
ワイドナショーにまた古市という感じの悪い人が出ていた。 小室哲哉聞いてそうと言われて気色ばむところがちょっと面白かった。小室・・・ イスラム国の時に出ず、矢口というどうでもいい話題の時に出すのは意図があるのか。 弟子を名乗る(名乗りたがる)の増えだしてるみたいだから、弟子入りのコツでも教えてあげればよかったのに。 下ネタがNGなところなど、女の周りをうろつくあの手の人なのかと既視感。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/27 21:15
ドラマ
全てがFになる 萌絵の珍妙ファッション目当てで観たのに、普通でつまらない。 名古屋愛、愛知万歳のエグミを味わいたかったのに神奈川舞台に変更・・・名大今注目なのに。 四季が二重あご・・・。 もう見どころがないが、吉田鋼太郎が出るらしいので続行。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/22 18:31
ドラマ
ぼんくら 配役がイメージと違うけど、長屋の雰囲気をみたいので構わない。 岸谷五郎は本当にかっこつけだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/20 20:10
声質
三谷幸喜の「抜け目のない未亡人」をBSで観たら面白かった。 舞台での大竹しのぶの声は黒柳徹子に似ている。 だから清水ミチコは上手く真似できるのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/14 14:12
ドラマ
聖女 最初は面白かったのに、納得いかない最終回だった。 全部男が悪いって・・・どうした大森美香。 看護師婚約者の両親が影薄いのでこの娘も訳ありかと思っていたが、結局普通の家庭出身だったので惜しかった。 あの看護師が肘井の生き方を否定する対照的な役割だと思ったのに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/10 23:02
ドラマ
本棚食堂(魚) やっぱり食事の仕方が汚かった、どこの山賊だ。 どうしてあら汁を回し飲みし、一膳のごはんを皆でつつき合うのか。 レシピ再現だからといって一人分にこだわる必要ないのでは。 料理はとても美味しそうなのに残念。 そしてサバの塩焼きの頭が右向きだった、細かいことが気になって困る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/25 20:52
祝福
田中哲司と仲間由紀恵が結婚して驚く。 まさか本当に付き合っていたとは。 二人とも好きなので嬉しい。 田中哲司はリアル植物男子だから植木とメダカごと婿入りしたのかな。 うらやましい。 大河での荒木役も良かった。 ご祝儀で大好きだったTBSの昼ドラ「ママアイラブユー」を再放送してほしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/18 20:32
宮部ドラマ
ペテロの葬列 いろいり端折りすぎ、原作未読の視聴者に伝わったのだろうか。 ラストシーンに「to be continued」の文字が!続編ありの意味かな。 うれしい、できれば短編集がいい。 編集長が受けた女性セミナーの残りの参加者たちが、その後どんな母親になったのか気になる。 あのようなセミナーは実際行われていたようだし、家庭や子供達に影響がなかったのか・・・世代を計算してしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/16 20:46
ストーカーの敵
たけしのTVタックルで元ストーカー男が出演していた。 一番興味深かったのは、現在経営している会社に女子社員しかいないところ。 治ってない?心理システムを勉強しただけか。 この人はむしろ男性に対して深いコンプレックスがあるように思えた。(彼女がよその男の手に「おちる」なんて言っていたし、敵視してそう) 父親の事は恐れている雰囲気だった。 両親との関係や育った家庭環境についても突っ込んで欲しかった。ぜひミッツに。 第2弾あるかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/10 20:31
さんまのからくりテレビ
最終回なので久しぶりに見てみたら、面白くて大笑い。 毒チワワ!!(当分楽しめる)加藤淳さんに子供たちの可愛さにご長寿。覚えてた。 あの酒井さんも元気そうで驚き。 懐かしい映像ばかりで、見ていない間は何をしていたのか不思議。 どうして見なくなったかと言えば、市井の人の可笑しさじゃなくて芸能人ばかりになったから。 もう素人の出番は難しいネット時代、だから旅の恥は掻き捨てな「YOUは何しに」が登場したのかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/08 16:07
ドラマ
アオイホノオ 知識が無くてあまりついて行けてないけど面白い。 あだち充が苦手なのでうれしい、もっと早く誰かが突っ込んで欲しかった。 最初は変だと思ったトンコ先輩がどんどん可愛く見えてくる不思議。(夫は女装だと勘違い) 庵野自体は面白いけど、エヴァにはやっぱり興味が惹かれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/05 21:20
詰めが甘い
テレ朝で警察庁長官狙撃事件特集をやっていた。 真犯人とされる謎の老人(東大中退)が、相棒で泉谷しげるが演じた立てこもり犯に似ていた。モデル? 老人の背の低さにセオリーを感じる。 学生運動から逮捕されるまでの期間、何を生業にしていたのか怪しすぎる。 公安対捜一なんて刑事ドラマより、この老人の背景の方がずっと気になった。 どうしてそこを詰めないのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/01 21:25
君が僕の息子について教えてくれたこと
NHKで自閉症の青年が書いた本と、世界中からの反響を取り上げていた。 一冊の本で人生が変わる人々。 以前読んだ「暗闇の速さはどれくらい」の事を思い出しながら観た。 実は豊富な言葉と感性を持つ青年の姿に、ガンダムを動かし辛く感じるニュータイプのことを連想した。 外部出力方法を見つけた彼の努力と幸運。 記憶が線か点か、そういえば時間の概念はどこから来るのだろう。 もっと研究が進んでほしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/29 14:51
ニワシドリ
NHK「ダーウィンが来た」のニワシドリが面白かった。 鳥なのにオスは小屋(!)を建て、掃除をし、色とりどりの飾り付けをして面白いモノマネでメスをおびき寄せる。 センスの無い小屋のオスは無視。 恐るべしニワシドリの甲斐性、それもこれも目的はただ一つ、「交尾」のため。 このシンプルな美しさこそが野生。 小汚いだけなのにワイルドと表現するの、もう止めるべきかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/25 18:51
ドラマ
おやじの背中 今まではつまらなかったが、今回は木皿泉脚本で面白かった。 木皿泉はベースを女性が書いているので、ブラジャーについての描写が第2話とは違っていて良かった。 あの一家のその後をもっと観たい。 今までのがなぜ気持ち悪いのか、わかってきた感あり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/12 21:19
ドラマ
おやじの背中 第1、2話とも気持ち悪かった。 木皿泉に期待。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/25 23:00
ドラマ
若者たち。 橋田寿賀子劇場みたいだった。気恥ずかしくて困る。 その上、歌ってた!なぜ歌わせる・・・寒い。 騒々しくて身勝手でまともな人が一人も出てこない、あれは「貧しさ」を表現したいのかな。 それとも、あれを人間らしさなんて言いたいんだろうか。 脚本もプロレスも嫌だけど、瑛太と長澤まさみの謎だけが気になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/14 21:26
ドラマ
ペテロの葬列 小泉孝太郎が随分痩せていて限界感を醸し出しているというか、ますます役に合っている。(でもこの役終わったら即太るべき) 長塚京三が怖くてさすがだった。 原作で「鼻筋の通った警官」とだけされていたSATまでイメージ通り。 なぜこの内容で、夜7時スタート?9時がよかった。 録画してゆっくり観た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/11 23:34
イギリスドラマ
新旧シャーロックもダウントンアビーも面白い。 内容が濃くて、日本ドラマが物足りなくなる。 どちらもゲイテイスト出してくるのは流行ってるのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/20 12:39
拗らせ
青木さやか、辛酸なめこ、田嶋陽子、光浦靖子を集めて、どんな育てられ方をしたか語り合わせて欲しい。 共通点がありそう。 司会は清水ミチコで。(以前ブログで青木さやかの異様な思考回路について書いていたので) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/18 21:03
ドラマ
ボーダー ラストに驚愕。 これから遭遇するであろう未来の被害者達を優先して自らあちら側へ行ったのか、それとも単に激情に駆られてか。 続編は無いということなのかな、それはもったいないなあ。 ただ、大森南朋と役の年齢が合ってなかった。他の役で登場してほしかった。 ああいう聞いてて恥ずかしい戯言は若いうちしか言わないと思うのに、麻疹みたいなもので・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/07 21:07
ローアンドオーダー
いいともが無くなって以来、いつも観ている濃い米ドラマ。 「天使の制裁」という回が怖い。 判決に驚愕、納得いかないがそれがアメリカなのか。 他にも興味深いエピソードが多々あった。 子供を他人に預けるリスクについて考えさせられる。 カルトの洗脳とまではいかなくても、良くも悪くも何らかの影響は受けるだろう。 随分前に読んだ、放課後の児童教室を運営している人のインタビュー記事で、スタッフ希望者の中に子供を自己実現の道具にしようとする人がたまにいて断っていると言う話が印象的だった。 断られた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/30 22:22
ドラマ
ロンググッドバイ セリフもストーリーも陳腐に思えてしょうがなかった。 音楽と映像と雰囲気は素敵だったので、いっそ字幕にして欲しかった。(ペプシの桃太郎CM風に) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/24 21:40
ドラマ
「ボーダー」 検視官の謎の透明解剖衣は、大原ガールズ(シュールで好きだった)へのオマージュ? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/02 21:52
ドラマ
ボーダーが面白くなってきた。 よくみたら、SPのスタッフだった。 野間口徹と浜田何とかのとっくりブラザーズが強烈、ダンディ課長も入れてスピンオフしてほしいなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/25 22:44
ヒトガタ
林先生の深海番組が興味深かった。うるさくなくてバランスも程良い。 南極や北極にいるヒトガタという謎の生物(?)がとても気になる、見てみたい!(福岡の疑惑夫婦の顔よりも) ダイオウイカがスーパーで展示されるような日常的存在になってしまった今、新たな深海スターかも。 ヒトガタの映像待ってます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/22 20:52
福の神
いつの間にか清水ミチコがNHKで司会をやっていた。 面白かった。ゲストが杉ちゃんなのに。 「矢野顕子と仕事した人はレベルアップする」と勝手に思っているのだが、法則通りだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/21 20:32
ドラマ
MOZU 映画みたいに凝った映像な上に、印象的なシーン(伏線)が多くて目を凝らしている内に1話があっという間に終わってしまう。 編み物しながら見られないドラマ。 西島と真木よう子のアンドロイドっぽさが公安役に生きている。(実際は地味で目立たない人達だろうけど) どうでもいいが、一緒に観ていた夫が百舌のはやにえを知らなかったことにビックリ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/18 21:35
美意識
最近、テレビを観ていて「かわいい」「かっこいい」とセリフで説明をされている人達が、全然そんな容姿じゃなくて困惑する。 私の美意識がずれているのか、いけずな褒め殺しなのか、大人の事情なのかわからないが、気の毒な気持ちになってきてストーリーが頭に入ってこない。 スパイダーマンのキルスティン・ダンストを観たときの気持ちと似ている。 だから「三匹のおっさん」みたいなドラマにほっとして素直に楽しめるのかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/09 21:01
墓友
録画しておいた「世にも奇妙な」。 墓友が面白かった。真野響子が怪演。 コロッケの件がとてもリアルで、距離感が変な知人から路上でお土産と称したチョコ一粒をもらったことを思い出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/08 21:58
立場
テレビタックル死刑制度についての討論が興味深かった。 なぜ死刑反対派は決まって「自分が加害者の立場になった場合」で考えるのだろう。(今回出演していなかったあの人達も) 私は被害者の立場でしか思いつかないし、加害者になることは無いと考えているので、そこからもう違う。歩み寄れそうもない。 小藪が小藪を貫いていた、本当に見た目通りの人だ。真の道化だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/08 21:51
NHKばかり
田代島俳句番組 キャストも内容も猫もとても良かった。 ちょうど小林聡美はどうしているのかなと思っていたので、元気そうで何より。(女子大生生活羨ましい) 田代島の猫はどうしてあんなに毛がフサフサなのだろう、洋猫の血が入っているのか寒さからなのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/04 14:04
スピーチ
タモリの最後のスピーチが良かった。 あんな定年迎えたいものだなあ。(ないけど) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 14:30
放送事故希望
今日でいいともが終わってしまう。 朝の番組で、テレフォンショッキング中に変な人がタモリの隣に座る映像をまた視られてうれしかった。(あの人どうなったんだろう) ローリー寺西はゲストに呼ばれないのかな。 奥さんシリーズ大好きだったんだけどなあ。 お宅の米腐ってるとかお宅の天井裏に忍者とか・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/31 11:55
奔放とは
深夜番組で高岡早紀が、「女同士の野球拳を飲み屋でやる、急に入ってきたお客さんが驚くといけないからカウンターの中で下から脱ぐ。」とサラッと言っていた。 小説家が頑張って書いた「奔放な女」とは次元が違う。 すごい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/14 14:15
独立
ウシジマくんを作っている監督は、フジテレビでカバチタレのプロデューサーだった人と知り納得。 通りで面白いと思った。 この人がフジを退社したからあのテイストのドラマが無くなってしまったのか・・とても残念。 独立するとしがらみやら何やら大変なのだろうか、もっと作品観たいのになあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/13 13:41
ひねり
マツコ有吉の三大○○。最近面白い。 体操の白井選手の天才ぶりが素晴らしかった。 幼児の頃から全然違う。 5回転ひねりを成功させてほしい。 でも、白井選手しかできないからポイントにはなりませんなんて、フィギュアなことになったらどうしよう。 といらぬ懸念。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/06 21:19
三村と石橋
いいともでの三村と石橋、日頃威張ってる割にきたろうと斉木に振り回される大竹まことみたいでシティボーイズのようだった。 ただ、あの3人よりずっと下品だったけど。 新しい展開? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/02 16:30
ウシジマくん2
一番夢中なドラマ。パラレルワールドじゃないのが怖い。 ストーリーも面白いけど、俳優さんたちが恐ろしいほど上手くて鬼気迫ってくる。 ウツイ役の目の泳ぎ方とか、パチンコ女のキレ具合と間とか物凄い。 ウツイの母親が電話で「お前のせいで家売った」と叫ぶシーンがリアル。自分も株で失敗してるのに・・・この親にしてこの子あり。 そして、ウシジマは瞬きを全くしない、山田孝之のドライアイが心配。 漫画も読んでみようかなと思ったら30巻くらい出てる・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/24 21:28
なぞの転校生
こういうSF好きだなあ。 転校生役の若い俳優の雰囲気がいい。 ただ疑問なのは、女子の着替えを盗撮した男子は女子達から追放されて口もきいてもらえなくなるのがセオリーだと思うのだけど。 ましてや友達と付き合うなんてとんでもない、全力で止める。 男子高出身の脚本家だから仕方がないのか。 それとも、「ショパンがいない世界」だから違って当然なのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/12 21:07
ドラマ紙の月
面白かったけど、夫も改心、友人も同情、被害者は責めない、とても都合の良い終わり方だった。 おばさんファンタジーというか、前もNHKドラマでこんなご都合展開あったような。 それとも、あれは全部狂った主人公の妄想なのでは・・・と思わなくもない。 現実世界では、夫の立場から描いたキングの短編のような怒りが渦巻いているものと考えてしまう。 もう少し生い立ちを掘り下げて欲しかったところ。 知世の服とスタイルがとにかく素敵だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/02/06 12:36
紙の月
原田知世(若いころより綺麗になっている気がする)の透明感で成り立つドラマ。 気が狂ってる時(若い)と正気に戻った時(老ける)の差が流石女優。 夫の無関心やらなんやらが動機らしいが、共感できないことこの上ない。 ヒモ男の愚鈍な表情が秀逸。愚鈍なればこその卑しさもまた気持ち悪くて上手かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/31 21:28
ドラマ
相棒 「監禁」が好きだったので、続編が作られてうれしい。 こういうのが観たかった。 辛酸なめ子のブログにあった、告白する男性を絶対に笑ってはいけないという話を思い出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/23 21:12
ドラマ
明日ママがいない もめてるそうだ。 ポストというあだ名は自ら名乗っていたはずだけど、記憶違い? 天才孤児キャシー・マロリーの「マロリー」と同じ理由だろうし似てると思ったのになあ。(キャシーはママを盗むことまでやってのけるけど) ドンキちゃんは千と千尋の千にそっくり。 何が問題なのか考えてみると、現実の施設の子供たちにドラマのような「逞しさ」を求めることなのかなあ。 子供たちにあれをフィクションだと突っ込みながら見られる余裕があればいいんだけど。 そもそもあるわけないじゃない、あんな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/20 22:01
いやげもの?
みうらじゅんの「いやげもの展」の鹿の急須&湯呑みがとても可愛くて、いやげものに思えなかった。 北欧雑貨の店にでも紛れ込ませたら、「いやげもの」では無くなりそう。 お土産にもらったら結構うれしいかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/18 12:55
ドラマ
緊急取調室 天海祐希の役は本人は有能なつもりだが実はそうでもない人という解釈でいいのかな。 変な脚本でわかりにくかった。 でも共演者達が好みなので、継続。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/12 19:37
ドラマ
おふこうさん NHKの30分ドラマが好きだったので、BSでも観られてうれしい。 歓迎パーティーをあんな風に変化させるなんて・・・馬鹿馬鹿しくて好き。 無駄に凝ってるし、続きも楽しみ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/08 21:00
YOUたち
昨日の「YOUは何しに日本へ」はとても面白い内容だった。 アイドルを目指すカナダ人少女を見つめる業界人たちの顔つき。 怪談集めにフィールドワークするスウェーデン人女性。 特に岩木山のカミサマのタイムリーさに釘付け。(沖縄にもいるけど日本の端っこに残るシャーマニズム文化か) 青森首輪監禁事件はこの風土にも一因があったのかと思えてくるが、悪用する(している)輩が他にもいそうで不安。 知らないことがまだまだあるなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/10 12:53
クロコーチの顔
オウム死刑囚の妻による脅迫事件報道で、久々に新見死刑囚の映像を見た。 あのニヤニヤがクロコーチの渡部篤郎や剃髪連続殺人犯とダブり、戦慄。 もしかして、ここからきてる?と思えるくらい。 他の俳優陣の顔面圧力もすごい、剛力彩芽くらい特徴のある顔じゃないと埋もれてしまう。 元組長のイモジャー+シャツ+スカーフのコーデも素敵、何気に衣装も遊んでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/07 20:16
ドラマ評
オリンピックの身代金 随分一方的で辛気臭いドラマだった。 島崎は彼女に身代わりでヒロポン買わせた時点で、あれほど憎んでいた国と同じことをしているわけで、主張が成り立たないのになあ。 結局、島崎はどうなったの? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/02 18:55
トルストイの言葉
さんま御殿が久々に興味深かった。 貧乏対金持ち芸能人という内容だったが、貧乏側のエピソードの豊富さは、アンナカレーニナの「すべての幸福な家庭は互いに似ている。不幸な家庭はそれぞれの仕方で不幸である」という言葉の通りだった。 金持ち側はいらなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/28 19:21
NHK寺山修司特集
NHKの寺山修司特集を途中から見た。 若いころ好きだったので懐かしい。 穂村弘が、寺山は世界の秘密を一人だけ知らない、童貞と言っていた。 なんだか覚えたての言葉を使ってみたくて、いいチャンスなのでここで使ってみましたといった印象。 「世界の秘密」というのは最近流行ってる言葉なのかな。誰かも言っていたような。 クリエイター男のめんどくさい感じ全開だった。 この人や園子温のことよりも、寺山がジャンコクトーみたいな存在だったことを掘り下げて欲しかった。 寺山を中心に発生していた文化(タモ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/27 22:36
目線
猪瀬都知事の献金釈明会見が興味深かった。 目線の法則の確認になった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/23 16:53
ベランダー
NHKBSの植物男子、また放送してくれて嬉しい。 早速、先延ばしにしていたオリーブの植え替えを実施、素焼きの鉢と、安売りされていた「ポトス」をつい買ってしまった。 空いた鉢にポトスを植えて、大繁殖を見守ることにする。 ベランダー紳士役の小林勝也さんが素敵だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/20 19:04
嫌われる技術
アメトーク嫌われ芸人の回。 成績の悪い社員向けの研修のようだった、そして西野救済回でもあるのに一人往生際が悪かった。 フジテレビのノンストップレギュラー達の不快さに比べれば薄味だった。 東野がいればよかったのに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/15 16:29
植物男子ベランダー
いとうせいこうのボタニカルライフがNHKBSでドラマ化。昔読んだ記憶あり。 絶妙にゆるくて、田口トモロヲがうら淋しいバツイチ男の生活を好演していた。ちょっと孤独のグルメっぽい。 在宅仕事で植物くらいしか生活に変化がない・・・一人暮らしの頃は私もベランダーだったなあ。 アボカドの種の存在感につい植えたくなった話に共感、私もやった。(適当な鉢植えで忘れたころに芽が出た) いとうせいこうが別れて暮らす娘と会話の共通点が欲しくて植物に詳しくなろうとする話もドラマにしてほしいと思ったら、一回きりな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/07 18:56
同類項
kindleのCMの「一般人」というテロップは流行りの誤表示?それともギャグ? ノーベル賞シーズンになると取材されるハルキスト達と似た雰囲気を感じて苦手だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/31 17:38
ドラマ評
リーガルハイ2 整形の回、面白かった。これが見たかった。 先日、新聞の人生相談で「顔は造作より表情」と言う回答を読んだところで納得。 翌日のいいともゲストが林真理子だったのは何の意味。相変わらず表情なかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/24 21:42
いいとも終了
いいともが終了だとか、出かけていて番組を見逃してしまい惜しい。 これでタモリは思う存分カシオペアにななつぼしに豪華客船に乗れるわけか。 寂しいけど、新たにブラタモリみたいな変な番組やってほしいなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/22 20:59
SF
安堂ロイド 西荻弓絵に釣られてつい観てしまったが、ケイゾクでもSPECでもなかった(クロコーチが継承)。 かと言って新しくもない。 それっぽいSF単語を並べているけど世界観が統一されていなくて船頭多くして・・・状態。 弾丸は無傷で跳ね返すのに、いつの間にか血だらけだし既に感情丸出しでアンドロイド設定の意味が無いような。そもそもまだ弾丸? 突っ込みどころが多いのにシリアステイストだから突っ込み辛い。 キムタクドラマだからそれが楽しみ方として正しいのかな。 それにしてもハリウッドの真似... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/15 18:37
ドラマ評
世にも奇妙な 女子高生爆弾というから吉田戦車の戦え軍人くんに出てきた「もう子供じゃないわちゃん」かと思ったのに、正反対のリリカルなお話だった。 当たり前か。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/13 22:03
松本ハウス
今週のNHKオトナヘノトビラは心の不調だった。 ハウス加賀谷の統合失調症の話はとても興味深かった。 相方の松本キックが善い人で、器の大きさを感じた。 有吉じゃないけど、知らないことがまだまだ沢山あるなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/11 21:37
ごちそうさん
BSで新朝ドラを一週間分観てみた。 料理が飯島奈美担当なだけあっておいしそう。 なのに食べるたびにいちいち食べ歩きレポーターみたいなわざとらしい表情を見せられるなんて興ざめ。 普通に食べて欲しかった。 あの時代に食べ物独り占めだなんて、脚本家は一人っ子なのかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/05 21:39
共通点
今日のいいともゲストは松尾スズキでラッキー。 タモリが、脚本家という括りで子供時代の過ごし方などにクドカンとの共通点はあるのか?と聞いていて、面白い質問だと思った。 そういえば、二人とも末っ子で年の離れた兄姉がいたはず。 何か影響あるのかな。どこか悲しい長女の私。 座右の銘はもう探さないことにする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/04 19:37
最終回
とうとうあまちゃんが終わってしまった。 最終週になって、あれもこれも伏線だったのかとこちらが拾いつくせないほどの回収ぶり。 寂しいからその辺の確認も含めて、録画しておいた第一話から見直そうかと思う。 HDレコーダーは本当に便利だ。 でも、ぜひとも続編を観たいなあ。 何とかしてよNHK。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/28 15:03
歌声
今日のあまちゃんも良かった。 薬師丸ひろ子の胸の振子が好きだったのでうれしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/25 18:47
ドラマ評
ドクターズ2 ダレることなく全部面白かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/13 21:44
旅の顔
有吉ハワイ旅という変な番組を見てみたら、グレートギャッツビーの最後の一文のようだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/09 16:28
今日のあまちゃん
こんなに緊張してドラマを待ったことがなかった。 そして観終わった後、脱力。 1時のアナウンサーと同じ顔をしていたと思われる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/02 13:09
藤城清治の世界
日曜美術館の藤城清治特集がとてもよかった。 80歳を過ぎてメルヘンからリアルへの転向という変化と挑戦ができるだなんて、素晴らしい。 宮沢賢治も被災地の光景も、「空気」が伝わってくる。 製作の邪魔になりそうだけど、もっと追ってほしいほど。 新しい引き出し、私にもまだあるかなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/25 16:37
塚地の女装
先日のフジ27時間テレビと林真理子情熱大陸出演に似たようなものを感じた。 どちらも耐えられなくて一瞬しか見なかった。 年末恒例の笑ってはいけないシリーズで、ドランクドラゴン塚地がストリッパーに扮して「こうすりゃいいんだろ〜」と踊るコントを連想。(素晴らしく風刺が効いていると思う) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/22 21:14
名もなき毒
月曜8時には毒成分が強すぎる展開、子供は見ちゃダメ。 あの二人が人と会う時に携帯電話をテーブルに置くシーン、わかるなあ。 原田いずみが、しょうもない心霊ホラードラマよりずっと怖い。 子供の頃はああいう人はお話の中だけの存在だと思っていたけど、社会に出てみると本当にいたりする恐怖。 「地雷」踏まれると暴れ出すところ、見覚えがある。 私の職場にいた原田タイプは地雷が「映画」(自称マニア)で、同僚がUSJに行った話題を出しただけで激怒したり、バカにされたと思ってしまう人だった。(あの思考回路... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/19 16:37
泣き寝入りしない
あまちゃんで、若き日の春子が鈴鹿ひろみの影武者だったという秘密が明らかに。 なんだか、「中央に搾取される地方」の比喩に思えてきて、こんな「バガミデーナ感じ」のドラマに実は深いテーマが隠されている気がしてきた。 賛否両論の東京編だけど、やっぱり必要なパートだと思う。面白いし。 負の連鎖を止めたい春子の姿にぐっとくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/30 16:29
woman
興味のなかった「Woman」の再放送を見たら、この家族が何とかなって欲しくて最後まで見届けたくなった。 シングルマザーの悲惨で重い話なのに見ていられない訳ではないのは、描写が細かくて満島ひかりも子役も母親一家も演技が良いから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/25 14:19
ドラマ評
ドクターズ2 すぐるちゃんの可笑しさがパワーアップで益々面白い。ガンジー! 入院中の頃が懐かしく思える。 見終わったあと、なぜか甘いものが欲しくなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/23 13:07
ドラマ評
半沢直樹 ちょうど、ダヴィンチで内田樹らによる男の嫉妬についての記事を読んだところだったので興味深く観た。 ひどい話なんだけど暗すぎなくていい。 女より恐ろしい男の嫉妬祭りだ。 上戸彩がまた浮いてる・・・なぜそこにいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/13 17:58
矮小化
藤山直美目当てでドラマ「鬼女」を観たのだが、陳腐な動機に残念な脚本で役不足だった。 ただ、ライターが被告をどんどん矮小化していく様子は、先日のNHK尼崎事件特集の高村薫のようで興味深かった。 彼女たちのように相手を自分が扱いやすいように矮小化していけば、自分が悟空を掌の上に乗せるお釈迦様のような存在に勘違いできそう。 「わかったと思うなよ」という藤山直美のセリフに尽きる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/03 13:34
あまちゃん 東京編
アキが東京へ行ってしまうのが寂しかったが、上京したらしたで面白い。杞憂吹き飛ぶ。 安部ちゃんの再登場がうれしい。 しかもキッチンカーを手に入れていた、これは3年後に生きてくるんだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/30 13:40
解禁
そろそろ笑いを解禁。 録りためていた「あまちゃん」等を観始めた。 面白い、でもまだお腹に響く。荒川良々が憎い。 アメトークも観てみた、笑い飯西田が憎い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/14 15:14
尼崎事件
NHKで尼崎事件の特集をやっていた。 ミヨコ役が好きな女優烏丸せつこで、怖さ倍増。(前川清とのサスペンスドラマもう一度見たくなった) でも、視点に納得がいかない。 知りたいところが相変わらずぼかしてあって、スルーされっぱなしだった。 高村薫も何しに出てきたのか、「日本社会が・・・日本人が・・・」に終始で残念。 それを言ったらおしまい、むしろ思考停止状態になると思う。(どの国、どの時代にも繰り返し現れる人間だと思うので) 挙句に本当は普通の気弱な女の子だった等と言い出し、これまで伝わっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/12 11:55
ヒロイン
今クールのドラマはヒロインが苦手なキャラクターが目につく。 なぜそんなに嫌な感じなんだろう。 吉高由里子も前田敦子も松下奈緒も新垣結衣も似たようなタイプでかぶっている。 「改心」を描くことにそれだけの脚本的価値があるんだろうか。 それともバカ女に物申せる「俺」を満足させたいのか。 つきあう筋合いないなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/23 20:57
ドラマ評
35歳 先週は変な内容だった。 使い込み女子生徒がお咎めなしで再度リーダーに選出という展開で、モヤモヤ。 これは各地で起きてる「復興予算流用問題」を皮肉った内容だと考えればいいのかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/13 13:17
正直さんぽ
天気が悪いので撮りためていたビデオを観る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/11 14:17
我慢強さ
天海祐希の心筋梗塞に驚き。 確かに心労のたまりそうな舞台ではあるが本当に残念。 そういえば、この人は前も盲腸を我慢しすぎて医者に叱られたエピソードがあったような・・・。 痛みに鈍すぎるとか強すぎるとかなんとか。 ストイックにも程がある。 ファンなので早く良くなってほしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/09 20:58
内輪受け
これまで朝のニュースは、やじうまワイドを観ていたのだがリニューアル後は新聞コーナーが無くなった上に、変な小芝居を連発されて居たたまれない空気になり朝食がまずい。 なぜ落ち目のフジの真似をするのか。 ただニュースだけを読み上げてくれる番組を見たい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/08 20:37
夏目三久の服
怒り新党で夏目三久が毎週とてもお洒落な衣装を着ている。 昨日のニットも良かったが、何週間か前の総レースのワンピースがとても素敵だった。 優秀なスタイリストがついているのか。 着てみたいなあと思ったものの、似たようなのを着た東ちづるの印象が全く違っていて、ああなりそうだと諦めた。 たぶんあのニットも上級者向けだ。 どこのブランドなのか即知りたいのに、そのデータをテレビから得ることができないのが惜しい。 デジタル放送や高性能になるばかりでソフト面がついて行っていない状況が残念。 とりあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/25 21:17
猫弁と透明人間
猫弁と透明人間 透明人間役の井上芳雄がとてもよくて、この素敵な人は一体誰なのかと思ったらミュージカル界のプリンスらしい。 知らなかった、もっとドラマも出て欲しいなあ。 ゆび論など細かく小ネタみたいなのも仕込んであって面白かった、またやってほしい。 原作も読んでみようかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/23 12:55
ドラマ評
エスパーだよ 春らしく馬鹿馬鹿しくていい。永井豪の漫画みたい。 夏帆という女優が文字通りけつをまくっていてすごい。 ケンコバが持っていた物体の正体が判明した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/22 18:21
ドラマ評
リーガルハイSP とても面白かった。 正体は「空気」のセリフに、シャーリー・ジャクスンの「くじ」を連想。 秋が楽しみ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/15 17:56
見え過ぎ
4Kテレビというものが発売されるらしいが、あまりクリアな画面でもどうかと思う。 2007年製の我が家のテレビですら、芸能人達の鼻の粘土を塗ったような整形跡がはっきり見えてしまい興ざめしている。 それにしてもどうしてあんなに露骨な整形が目立ち始めたんだろう。(とうとうキャラクターまで借り物が登場) 誰か斡旋しているんだろうか、やるならせめてばれないようにしてほしい。 見ていて落ち着かない気持ちになり、ますます見る番組が減ってしまう。 清水ミチコのツイッターにあった、ボトックス整形と鈍感の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/11 18:49
SP
録画しておいた映画版SPをやっとみた。 ファンタジーだけど、総連本部落札僧侶の記事で知った三無事件を連想してしまい、このタイムリーさは何かと思う。 まだ続くみたいだけどタイミングが悪いドラマだからどうだろう。 公安の人たちが面白いのでスピンオフしてほしかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/08 13:25
あまちゃん
NHKの朝ドラをかなり久しぶりに観た。 面白いので毎朝8時の習慣にすることにした。 字幕に笑った。 ヒロインもかわいいし、これから楽しみ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/01 15:37
伊丹
相棒の伊丹がテレフォンショッキングに呼ばれていた。 塗装の話が面白くて、タモリ倶楽部で塗装部やればいいのに。(前回の手芸部編がよかったので) その時は米沢、ラムネも一緒に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/29 18:19
甘え
怒り新党のお題「電車で意地悪な人」に対するマツコの言い分が意地悪に肯定的で、そういう人の心中をのぞいた気がした。 他人に厳しく自分に甘く・・・あれだけ自分を甘やかしていればいくらでも太るだろうなあと納得。 でも規格外を自認しているキャラなのに、有吉に同意を求めるのはなぜなんだろう。 そこも甘えなのか。 興味深い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/25 20:01
ドラマ評
相棒 古沢良太の脚本はやっぱり面白かった。こういうのが観たかった。 最近、キャラを格好良く見せるような演出がチラホラして興ざめだった、あくまで物語重視で行って欲しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/14 21:01
タマキコ氏
笑っていいともで玉置浩二を久々に観た、私の知っている玉置浩二じゃなかった。 キツイ奴らや鯖カレー缶のドラマの頃と別人でショック。 薬師丸ひろ子と結婚していた頃の、派手なスーツで犬の散歩しながらレポーターを煙に巻く映像が面白くて、相当変な人だと思っていたが・・・それが天才なのかな。 あのような時、タモリはいつも優しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/07 13:27
ドラマ評
カラマーゾフの兄弟 父親役の吉田鋼太郎の演技が大げさでリアルじゃないと聞くのだが、小学生時の暴力担任や、中高時代の部活であんな風に怒りまくる他校の監督を見かけた私には、非常にリアルで胃が冷たくなる。 ああいう人間と接触のなかった人が羨ましく思えてしまう。 体罰論争に温度差があり、噛み合わないのはそういうことなのかな。 生徒に暴言や暴力振るう先生達はあんな感じだった・・・一体どこに「愛」が? リリーフランキーと吉田鋼太郎の顔がよく見るとそっくりなことに気がついた。(受ける印象が全然違うの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/25 18:43
スパイス
アメトーク「カメラ芸人」の妙な展開、最近飽きていたので違った面白さがあった。 なあなあな仲間内の温い空間に、小藪という毒々しい異分子が入り込みピリピリとした雰囲気に。 長嶋有の小説のようだった。 マンドラゴラの顔は小藪に似ているに違いない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/15 17:11
電波障害
昨晩突然、2時間程テレビが映らなくなった。地上波は全滅でBSは映るのが謎。 よりによって楽しみにしていた「最高の離婚」の日に起こるなんて。 携帯のワンセグも試してみたが、なぜかフジテレビだけ映らない始末。 一体どうなったのか気になってしょうがない、深夜にでも再放送してほしい・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/08 21:50
ドラマ評
ハラちゃん モーリスセンダックの「かいじゅうたちのいるところ」の逆で、かいじゅうが訪ねてきた展開。 自己同一性の獲得がテーマなのかな、これからが楽しみ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/20 17:55
ドラマ評
最高の離婚 冒頭のシーンで萩の月を食べたいなあ、と思ったらバラ売りされているのを今日見かけてつい買ってしまった。 食べた後にユーミンは凍らせてというセリフを思いだし後悔、残りの一個を凍らせて食べたら離婚を切り出されるだろうか。 震災時の二人の行動が人となりを表していて未来を暗示していたような気がする。 ワラのような僅かな接点にすがりピンチから逃れようとする(次は真木)、テレビを消す(非常時なのに見たくないものは見ない)。 震災がなかったことになっているドラマが多い中で取り上げていていい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/11 23:35
ドラマ評
サキ 魔性の女は服のセンスが独特(byナンシー関)というセオリーを踏襲している。 今回はシリアルママみたいなサキなんだろうか。 一定のリズムでネギを刻むサキ等、これでもかと薄気味悪さを畳み掛けてくるが大丈夫だろうか。 ターゲットの男が破滅するとステーキということは、冒頭のアワビソテーは・・・誰だったのか(まさか女?お下品)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/10 21:15
正月テレビ
正月はテレビをかなり観てしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 20:54
ドラマ評
ゴーイングマイホーム ずいぶん欲張りなドラマで、言いたい事やりたい事を盛り込みすぎだった。 クーナの部分はNHKでやればよかったのにとも思うが、コロボックルで作られていたらまた印象が違ったのかも。 阿部寛なのに視聴率が低かったらしいが、震災以降「教え」みたいな匂いに視聴者はそろそろ辟易。 是枝監督はシーズン毎に2時間ドラマを作るとか、イロドリヒムラ方式のドラマみたいなものを作って放出していたら、もっと濃度が薄まったかも。 もちピザは正月に試す予定。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/20 22:10
趣味趣向
ズボラ飯というドラマを初めて見たのだが、グルメドラマというには何か違和感があった。 大好きな孤独のグルメと原作者が同じなのに何が違うんだろう。 主婦が洗濯済みとはいえパンツを顔に乗せてゴロゴロするところに「無い無い」と思ったら、食べる口元のアップが妙に多い。 ワッフルもラーメンもおいしそうなのに、ひいてしまう。 これは男性のための幼な妻妄想ドラマと考えればいいのかな。 杉本彩やドロリッチのCMは目の保養と思えるが、このドラマみたいなのは苦手だ。(同様にAKBが下着姿になったりキャンディ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/06 18:45
ドラマ評
ハエ女 「それはウンコでお前はハエだ」 どこに着地するのかわからない、目的は何なのか、展開が読めなくて面白い。 勝手に買われた振袖の恩着せがましさに、尼崎ミヨコの臭い。 ロッカールームの花子さんが好きだったので、この路線が復活してうれしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/29 20:47
照れないのか
グーグルのCMを観ていると、タモリのミュージカル嫌いが理解できる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/19 18:24
ドラマ評
最後から二番目の恋 今回も面白かった。 登場人物たちのその後が気になって、毎シーズンやって欲しくなる。 ドラマ低迷ネタはフジテレビの自虐なんだろうか。 実際、フジのサスペンスドラマは驚くほどつまらないので、いっそ「ウクレレ刑事」みたいな思いっきりふざけた作品やっちゃえばいいのに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/12 13:43
説明過多
ゴーイングマイホームに、小人が登場し出して興醒めだ。 本当にいたらアニミズムにならないというか、微妙な匙加減が醍醐味ではないのか。 松本人志の大日本人も、獣と変身を仄めかすに留まっていれば傑作だったかもと残念だったのを思い出した。 具体的に説明せずに、どう仄めかすのか。そのセンスや技術を見たいのだが・・・。 東京ガスのCMも、田口トモロヲと余貴美子のセリフが説明臭くて惜しい。 いっそ黙ってればいいのに。 きたろうバージョンや弁当は好きだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/05 17:27
ドラマ評
悪夢ちゃん 原案が恩田陸だし、北川景子を眺めるだけのドラマかと思ったら意外な面白さ。(確かに恩田陸は風呂敷広げるまでが面白い) 優香が下世話な保健室の先生役を好演している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/30 15:43
ドラマ評
相棒 SPが舞台を見ているようだった、正直物足りなかったので国内ロケで内容を充実させてほしい。 それにしても右京さんが育てるという希望を持つとは・・・。 このところ尼崎や青森など異常犯罪が相次ぎフィクションが色褪せてしまいがち、今こそお蔵入りした高岡早紀の回を観直したいのだが、何とかならないのだろうか。(図書館協会のバカ、だから司書の地位は上がらないのだ) 他人を操り財産を奪うあの女を登場させて、右京と再対決してほしいのに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/23 17:38
サブカル男鬱
昨日、笑っていいともでリリーフランキーが女性の人形を連れて出演していた。 雑誌で読んだ「サブカル男はなぜ鬱になるのか」を思い出した。 笑えない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/04 13:23
不純な動機でもいい
昨日はなかなか寝付けなくて、有吉の深夜番組をみてしまった。 番組表にはリアルおっぱいバレーと書かれていて、どう考えても下らない内容で眠くなるかと思ったのに、弱小バレー部でがんばる高校生達がとてもよくて結局最後まで観てしまった。 初めはあんなにやる気が無かったのに、エロは人を動かすなあ。 グラビアアイドル登場時の無反応(を装っている)さが、思春期! 彼らにぜひ勝って欲しいけど、もし本当に生おっぱいを未青年に見せたらやっぱり犯罪なのかな。 風邪が治らないのはこの番組のせいかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/26 21:47
ドラマ評
トッカン 毎回面白くなっていく良ドラマだった。 うじうじヒロインの鬱陶しさに負けずに観続けてよかった。 鈴木砂羽の先輩役がはまっていて、体のボリュームといい無理なく頼れる雰囲気が程よい。 普段ブラブラして肝心な所で決める上司役の岩松了もとても好きだった、働きやすそうだし。 野間口徹の役も合いすぎなほど合っていた、配役が上手い。 これも続きが観たい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/20 21:10
ロイヤルペインズ
全然面白くない米ドラマだったのだが、一つ心に残った言葉。 「裁判で勝ち目が無いとメディアを使って世論を煽ろうとする」 確かに、竹島しかり尖閣諸島しかり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/11 20:01
ドラマ評
NHKBS「黒い十人の黒木瞳」 このところの黒木瞳を巡る噂と相まってとても面白かった。 トイレの落書きやタクシーの件なんてもう!ホアニータ。 噂は全てこのドラマのための宣伝だったの?と思わせるほどの充実感。 アイブサキはああいう役が非常に上手くて似合うことを発見。 さて、噂の真相は・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/10 18:43
旅人
清水ミチコと野沢直子の旅番組が面白かった。(清水ミチコのテキパキした電話も) 二人に困惑するモリオとそのお友達のキャラクターも愉快でおかしい。 野沢直子のしゃべりかたに郷愁を感じた。(とんねるずも) 飲めないけどあの楽しそうなスナック糸にちょっと憧れる。あの人オナベ? 暴力抜きの方がずっと面白いじゃないの、モリオ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/04 16:17
動物デザイン
フロムエーのCMがいいと思っていたら、「しろくまカフェ」というそっくりな世界観の漫画があることがわかり、テレ東のアニメも観てしまった。 ドラマ不況脚本不作の今、実写化すべきなのはこの漫画では? あのパンダと同レベルの程よいリアル感のあるキグルミを沢山作るのにいくらかかるのかは知らないが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/31 16:53
ドラマ評
主に泣いてます カトレアのママ役が田島令子で、とてもうれしい。 独特な間が良くてコメディエンヌとしてもっと評価されてもいいと思う女優。 最近つまらなくなってきたさんま御殿にまた出てほしいなあ。 さんまの攻撃に反してまったりと変なテンションが個人的に面白かったので。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/20 20:30
CM
ドコモの翻訳コンシェルのCMが、知恵袋カンニング騒動を彷彿とさせる。 これがあればもう英語の勉強無用、先生は用済みなのか。。 たどたどしくても自力で書いたラブレターが欲しいのが人情では。(しかもあの程度の英文) 帰国する英語の先生は教育成果も無くて気の毒だ。(その上、もし翻訳コンシェルで書いたなんて知らされたらショックだろうなあ) モラルハラスメントの一例を見たような気持ち。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/01 15:29
暴れ船長タモリ
27時間テレビを時々観てみたら意外と面白かった。のっけから江頭とは。 皆のびのびしていて楽しげだった。 披露宴で暴走するタモリの映像が一番おかしかった、退屈なスピーチ等にタックルでアクセントを入れるサービスが羨ましかった。 BIG3対談も愉快で、さんまが強要気味な関西の笑いパターンに乗らないタモリ、それを茶化すたけしとそれぞれの笑いの違いがはっきりとわかってまた一興だった。(優劣は無いどれも好き) モテキ先生のさんま分析もよかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/23 17:01
ドラマ評2
黒の女教師 今クール一番楽しみかも。 裏仕置き人という内容と小林聡美で、セクシーアンドロボの黒い看護婦プッチーニを連想してしまった。(あの回が一番面白かった) プッチーニのような復讐センス(神社でいじめっ子の不幸を願って賽銭箱に1万円を投入)ではなくて、人生棒に振るような社会的制裁で思ったより真剣(?)らしい。 でも栄倉奈々には分不相応な役で違和感、なぜ天海&ミタさんな演出にしてしまったんだろう。 無害そうな普通の女性がものすごく黒いという設定の方がより面白かったのでは。 つっこみど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/21 14:58
ドラマ評
主に泣いてます 最初は観た事を後悔しそうになったが、段々よくなってきた。 ツネちゃん役が絵本の妖精みたいな顔で可愛い。 草刈正雄の娘だとは驚き、他の二世タレントのようにバラエティに出ないで欲しい。神秘性が失われる。 「フクちゃん」などの大分古いセリフが出てくるけど、若い人はついて行けるのか疑問だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/20 16:47
ジョジョ・・・
アメトークジョジョ芸人2が興味深い内容だったが、ジョジョファンには不満の残る内容だっただろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/14 00:32
あの臭い
伊藤英明がはねるのとびらで変だった。(演出だと思いたいが一体誰になんの得が?) 阿部寛や遠藤憲一のような面白方向での変ではなくて、海老蔵のような厄介な方向で変。 海老蔵っぽい人だと思ったらそもそも友達らしい・・・いやな臭いがする。 元々つまらない番組なところを、あえて見てみたが非常に残念。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/29 21:07
ドラマ評
リーガルハイ 全編だれることなく面白かった。 水戸黄門など小さい遊びも粋だった。ドラマへの愛を感じた。 堺雅人があんなに表情豊かな人だなんて意外だった。(いつも薄笑いの印象、スカイハイで初めて観た時は何この人?と思った) 続編希望。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/27 15:13
ドラマ評
外事警察 遅ればせながらやっと再放送を観てはまる。 古沢良太はやっぱり面白いなあ、受信料払った甲斐がある。 相棒ボーダーラインの俳優など、じわっとくる配役もいい。 片岡礼子という女優を今まで知らなかったのだが、「あっち側」感が上手くて素敵だった。(もっと観たい、特に時代劇で) 渡部篤郎の帽子がとても変だった、あれも狂気を狙った演出なんだろうか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/22 18:39
リュック一つ
深夜のNHKでリュック一つで戻らない旅に出るならという趣旨の番組をやっていた。 ゲストの矢野顕子のリュックの中身が面白かったが、何より家が住み心地が良さそうで素敵だった。 広々してすっきり片付いているのに程よい生活感と温かみがあった。 もうモドキとかアシュラはいないんだなあ、あたりまえだけど。 それにしてもシューベルトとは、新しい展開があるんだろうか。 リュック デイパック リュック リュックサック リュック レディース リュックサック レディース 人気 かわいい 森ガール FE... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/18 21:06
レベル7
結局、宮部みゆき作品の中途半端な映像化は、「原作はもっと面白い」という評判を流布させて本の売り上げアップを図っているのかと思えてくる。 とはいえ私も大分前に読んで以来、内容を全然思い出せない・・・面白かったはず。 梅雨のお供にしようかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/31 22:26
座敷童子
ドラマ「都市伝説の女」で座敷童子がでてきた。 座敷童子が出て行くとその家は没落するというが、そもそも座敷童子がいられなくなるような不穏さが既にその家に起きていたのかもしれない。 以前読んだマスターキートンで、飼い犬に家出されるということは飼い主が相当駄目な状態という内容の話があったのを思い出した。 凄惨な事件が起きた家の飼い犬は皆荒んでいるという調査結果を某ブログで読んだことがある。(そのブログの犬は本当に愛らしく幸せそうで安心) 一緒にしたら叱られそうだが近いものがある。 そう考える... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/27 15:19
記者会見
河本の記者会見が謝罪なのか反論なのか不正は無いのかが、結局よくわからなかった。 吉本らしい会見だった。 徹子の部屋で虐待経験を話していたから、実は河本家には宮部みゆき「理由」のような複雑な愛憎でもあるのかと思ったが、ツイッターで毒づいたという記事を読むとそうでもなさそう。 単にだらしない人というだけなのか。 両親が病気で生活保護で育ったという同級生がいたけど、かなり勉強して今は社会に貢献する仕事をして立派になっている、彼女のような人達が白い目で見られることにはなって欲しくない。 北海道... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/05/25 18:47
長い長い殺人
編集が荒すぎるけど、結構良かったのはWOWOWだからか。 大幅にカットされていなかったら、もっと面白かったのかな。(理由よりこちらを延長すべきなのでは) 谷原章介がぴったりの役だった。(できるなあ) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/22 22:16
モテキ先生
モテキの久保ミツロウが笑っていいともに出演。 とても個性的な人で、面白かった。(テンションマックス状態のハリセンボン春菜?) さんま大嫌い!ブログがつまらない女と結婚しそうなジュニア、に笑わせられた。 脳内が常にフル稼働してる人なんだろうか、宇多田ヒカルっぽくもある。 最近、いいともゲストが極端におかしい日があり、いつ登場するかわからないので見逃せなくなってきた。 あの芥川賞作家もギリギリでよかった、また出てほしい。 いっそカルト化したらいいのに。 今日はでんでんがテレフォンゲスト... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/22 13:40
スナーク狩り
もう宮部作品の映像化は諦めよう。 なんというかヒタヒタと迫ってくる狂気的なものにして欲しかった。 だからスナーク狩りなのに。 ミステリーに人情味は不要と確信。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/16 14:28
結婚できない男
4時から「結婚できない男」が再放送されているが、相棒の亀山薫も典型的な結婚できない男だった。 相棒1から亀山ちゃんの成長を見ていると、婚活女性の「女磨き」がいかに無意味なのかがわかる。 磨けば磨くほど亀山タイプは目を逸らし、離れるとようやく直視して何かに気が付く。 実は亀山タイプが一番多いのか、晩婚だの少子化の一因はここにもありそう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/14 20:31
ドラマ「理由」
TBSが宮部みゆき作品をドラマ化。 なぜか事件を追う刑事のストーリーが大分追加されていて、それが非常につまらなくてイライラした。 他人の話に割り込んで自分の話をする人のつまらなさに似ている。 震災後だし、家族と絆をテーマに・・・なんて思いついたんだろうか。むしろ合わないのに。 刑事一家よりも占有屋一派や元住人一家に重点を置いてほしかった。 彼らの生い立ちや愚かさから浮き彫りになっていく「何か」を、禿山に緑のペンキ(刑事一家)塗るようなベタな演出で台無しにしてしまった。 なぜそこを省く... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/08 18:44
ドラマ評
外出中に溜めた録画を見る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/03 21:37
五月女ケイコ
夏目ミクの深夜番組で、五月女ケイコが独特の厳しい子供時代を語っていた。 笑いに昇華してはいるが、食生活から服装からテレビ禁止やら、もう相当変な母親。 あの時代を生きていた記憶が薄いとのこと・・・だろうなあ。 私と同世代なのだが、極端に偏った育児方法を実践する母親はこの時代多かったのだろうか。(おしんのせいか?) 大人になった今考えると、我が家も母からバカみたいなことを言いつけられたりしていたなあ。 「遅れた生活」に木島香苗の手記を思い出したが、高校時代は「普通」を満喫できたそうなので、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/01 20:25
ドラマ評
ATARU トリック系の小ネタがおかしくて楽しみ。 パパはニュースキャスターとは! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/23 20:54
踊り子たち
テレビ番組に極端につまらないものが増えている気がする。 20代はあまりテレビを見られなかったので比較できないが、このところ特に変。(私が変わったのか?) 中野京子の「怖い絵1」で読んだフランスのバレエが衰退した理由を思い出した。 これは今まで何度も繰り返されてきたセオリー通りの劣化なんだろうか。 パトロンと踊り子を何と誰になぞらえるか、組み合わせは無数。(お笑い芸人、ジャニーズ、AKB、韓流・・・) 以前からそんなシステムだったのだろうが、ドガの頁を読んでやっぱり駄目だよなあと納得して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/10 14:09
ブラマヨのアツアツ
芸人同士がディベートを繰り広げるという深夜番組が面白かった。 特に芸人がツイッターをすることの是非を問うシーン。 東野と品川のやりとりは、まるで会社でありがちな光景で興味深かった。 東野が面倒見の良い上司で、品川は調子のよさと口八丁で少し出世したものの実力が伴わなくて頭打ち状態な中堅みたい。 いっそ少し休んだら?みたいなことを東野からアドバイスされていたけど、どう受け止めるんだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/04 20:52
ドラマ評
最後から二番目の恋 今シーズンで一番よかった。面白かった。配役も合っていた。 「いい年こいて若い人に甘えるな自分」という気づき、最近の恋愛至上主義的な風潮に物申すオチで清々しかった。 「寂しさ」は伝家の宝刀みたいに使える無双アイテムや免罪符、と勘違いしている人達には耳が痛かっただろうか。 微妙な立ち位置をカラリと確立している主人公の姿に、コミュニケーションとカンバゼーションの違いについて考えさせられた。 結局、金より力より最後に必要なのはそれなんだろうなあ。 時々なぜか、小泉今日子の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/27 13:24
顰蹙
昼のワイドショーでの幻冬舎社長がちょっと面白かった。 顰蹙は金を出しても買えというコピーの通り、番組の事務所都合な予定調和をぶち壊して「社会人として一般的な意見」を言ってしまい、司会者の表情がみるみる変わっておかしくなった。 なぜこの人がわざわざ出演かと思ったら、占い師に本を出させたい目論みがある気配。 期待通りの悪どさ。 まんまと引っかかって表に出てくればいいけど、その言い分に聞くほどの内容は無いんだろうなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/09 13:47
ドラマ評
タイトロープの女 高岡早紀が最近いいなあと思っていたら、内縁の夫が詐欺という報道。 通りで日本海の荒波と着物姿が似合うわけだ。 涼しい顔に対してギャップがすさまじくて、この人の赤裸々なプライベートこそ聞いてみたい。(でも話したがるのは女芸人や中途半端なタレントばかりで残念) こうしてみると高岡早紀の顔が、昔登山中に遭遇したニホンカモシカに見えてきた。(逃げることなく私を見つめてきた) 何を考えているのか全然わからない、人とは違う遠い次元に意識がありそう。女優だ。 もっと時代劇やってほ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/06 20:41
ドラマ評
孤独のグルメ たまたま夜中に見てしまい、お腹が空いて来て困った。 翌日の献立に影響を与えてくれる。 松重豊のコミカル感がいい。原作を読んでいないので合っているかどうかは不明。 一人で黙々とご飯を食べる大人の男を工場に例えていたのもよかった。 チェーン店はどこも望んだ味を確実に食べられて安心だけど、一見の個人店を選ぶ方が当たり外れはあっても楽しくて、生活に潤いがある気がする。 というか、昔はあんな風に店に入るのが普通だったなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/28 15:00
コージーズナイト
深夜の「コージーズナイト負け犬勝ち犬」が面白い。 官能小説家入門、催眠術、サイコパス判定などどれも変なチョイスばかり。 今田と東野が駄目な先輩っぽく振る舞い、のびのびした番組の雰囲気も見ていて気楽。 ゲストの官能小説家先生が誰ともかぶらない、チャーミングな変人キャラでもっとテレビで見たいけど深夜以外は無理だろう。(芸人達より数段面白いし) サイコパス編の心理学者(?)もどこかでみたような変な人。 それにしても、あんな妙な先生達をどうやって見つけてくるのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/16 18:20
ドラマ評
クワコー この手のドラマがやっぱり好きだ。 女優がやたらダサい格好をさせられるのがお約束だけど、今回も変というか安っぽくてどこで売っているのかわからない代物ばかり、でも女優達はかわいいままで素晴らしい腕前。 ストーリーも馬鹿馬鹿しくて、細かい小ネタを探すのもオツだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/14 18:27
笑の神
アメトークのちゃんとしないといけない芸人は、許される者と許されざる者というか、むしろ赦される者(味噌っかす)とは何かになっていた。 いかにも一発屋で消えそうな狩野英孝が、意外にもしぶとく生き残っている謎はその辺にあるのか。 そういえば、この人の実家神社は何を祀っているのかな、笑いの神? 京極堂なら即答できるはず。 京極夏彦芸人やってくれないかなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/10 20:14
貧困層?
日曜日夜のフジテレビで、一人暮らしの女性達に貧困層が増えているという特集を見た。 彼女達は真の貧困層なんだろうか?という疑問と本人がその生活に納得しているという内容も違う気がして、 そんな浅い内容なら放送するなと思った。 家庭環境や両親等の教育方針や影響はどうなのかまで掘り下げて欲しかったが、そもそも番組の放送目的が違うようだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/07 18:46
アメトーク読書芸人
光浦靖子が瀬戸内寂聴の「わが生と性」を朗読するところが、たまらなくおかしかった。 寂聴は尼さんの格好のおかげで高尚なイメージだけど内面はとんでもな人、光浦的アプローチで読むべき。あれでファンが増えるといいなあ。 他の芸人も好きな本や作家をもっと突っ込むと期待したが、読書という行為を取り上げただけで終わってしまい残念。 プロレス芸人やプロボウラー芸人のようにマイナーな対象でも面白くできてこそ成立する番組、もっと個別に作家を取り上げて欲しかったなあ。 東野や伊坂等ベストセラー作家はネタの宝庫... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/03 14:39
ドラマ評
聖なる怪物たち 中谷美紀が怪しい女を不気味に演じている。 全員が信用できなくて面白い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/02 15:15
ドラマ評
ダーティーママ 永作博美が室井滋の真似をしてすべっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/27 13:07
同類項
アメトークのいけてない中学生に微妙な男女差を感じ、特に肥満女子達の下ネタに引いた。 男子は部屋の整理整頓がわからなくて散らかっているだけの雰囲気だが、女子は怠惰で散らかした上に長い間閉め切られていて虫がわいたようなジメジメ感。 人選の問題なのか。 もう、いけてない中学生は男子だけにしてほしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/14 14:51
ドラマ評
平清盛 冒頭から源頼朝が棒読みで観るのを止めようかなと思わされたが、白河院を演ずる伊東四郎のインパクトと、西行の人造人間を扱うのかが気になるので、やっぱり観る事にした。 現代とモラルが違う時代のはずなのに、祖父と妻の関係に懊悩する鳥羽天皇の気持ちは現代と一緒だ。 平安時代が終わるのも納得のドロドロ。 崩壊の予兆に、ふとダイエーホークスとわいせつ社長の末期を思い出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/13 18:04
厄介な人
眠れずに深夜番組を観ていたら、はんにゃ川島という芸人が子供番組で女子小学生を追い掛け回していて非常に不快だった。 共演者達から猛批判されるも、川島は理解できない(?)様子。 あれが放送される意義が不明だが、この種の馬鹿の存在と危険性を啓発することにおいては有効だったかも。 ちょうど昨日起訴された柔道の内柴と印象がとても似ていた。 いままで内柴が監督だと思っていたが、監督は後輩で内柴はコーチだったと聞き、全てが理解できた気がしてしまった。 川島と同類だとしたら、任せられないのも当たり前か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/28 12:44
ドラマ評
11人もいる!と私はシャドウの小松和重がよかった。 困った時にあんな人に遭遇できると助かる、職場にいると楽と思える人を、感じよく演じていた。 うぬぼれ刑事も、いい上司だったなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/22 18:22
出羽の守
マツコと有吉の番組で、帰国子女について話していた。 有吉の言い分はよくわかる。 英語混じりの発音も日本文化に疎くても全然かまわないし、仕方がないと思う。 有吉が嫌いなのは、「アメリカでは〜だから日本は駄目」みたいなことを言ってしまう人とのこと。 思い返すとそんな人は確かにいたが、それは帰国子女に限ったことではない。 関東や東北に住んでいると、関西からの転校生や転勤族が「大阪では〜」「神戸では〜」などと比較して貶してくることがあった。 たぶん西日本に住んでいる人も反対の立場で同様の体験... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/06 21:19
ドラマ評
家政婦のミタ とうとう過去判明、モノローグなところが湊かなえの「告白」っぽい。 というよりも、山岸凉子の「鬼来迎」を連想。あれは怖かった・・・。 美貌と優れた頭脳を持ち何でもできるのに、母の愛だけが手に入らなかったミタさんは伊達政宗みたい。 ガンコ祖父の持っていた家族写真にウララが写っていないように見えたけど、気のせい? ウララは一体何なのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/05 17:24
ブラタモリ荒川
水の災害に翻弄された今年、荒川特集がとても面白かった。 まるで生物の様な川という存在。 荒川が人工の川だとは知らなかった。(タイの人にも見て欲しい) 川女教授vs台地男タモリとか、何かに格別の愛着を感じている人独特の魅力が伝わりやすい。 アシスタントのアナウンサーも落ち着いてきて、良い感じになっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/02 15:38
ドラマ評
ドクター 看護師クーデターや傲慢医師など、いつもの病院ものと少し違っていて面白い。 高島弟の怪演が強烈。これまでの善人キャラが不自然だっただけに良い。 セクスィー部長のほどよい不思議昼行灯も良い感じ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/25 18:10
しあわせのカタチ
NHKBSの木皿泉特集がとてもよかった。 「すいか」後、病気で休んでいたらしいとは何かで読んで知っていたが、まさか介護が必要とは思わなかった。 でも居心地の良さそうな部屋と豊かな食生活とセンスで、後遺症や介護の苦労をまさに「相対化」しているように思えた。(食器の趣味が好み) 厳しい家庭で育てられたという奥さんの、何が大事なのかわからなくなっていたという気持ちが理解できる。(青木さやかも似たようなこと言っていた) 既存のシステムに自分を組み入れることで体裁を整えるような、誰かの幸せを模倣す... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/15 14:45
ドラマ評
火車 関根彰子役に佐々木希の容姿を選んだところは良かった。 絶対にそんなことをしなそうな、しなくてすむはずなのにと思わせる浮世離れした美しい容姿。 それでいて追われる原因ともなるほどの美貌。 彼女の写真も妙に怖くて、一体何がおかしいのか何度観ても違和感がわからないがやっぱり怖い写真だった。 佐々木希には何かあったのか? 変な口のアップ連発のダサい演出なんかを省いて、刺身の件や、主婦に元同僚からきた電話や、ボケの悲惨さ等デティールに拘って欲しかった。 あの細かい描写の積み重ねが火車の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/07 18:57
タックルされろ
TPPって一体何なのかしら?と思いテレビタックルを見てみたが結局よくわからなかった。 誰も知らないとはこれいかに。 ただ、京大の中野と言う先生の説明がわかりやすくて、目的はうっすらと教えてくれた。 単に今アメリカには金がないから兎に角日本から金を引っ張りたいという結論だった。 個人的にはアメリカに金がないのは超富豪達が税金を払わないからだと思うので、まずはそっちを何とかしたらどうなのかと思わされた。(最近話題のケイマン諸島という私には縁のない地域うんぬん) アメドラ「ダメージ」の世界・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/01 13:51
ラストニンジャ
NHKのラストニンジャという特集が良かった。 甲賀忍者の歴史と高い諜報技術(毒薬や爆弾等の暗部だが)が、時代の移り変わりと共に衰退していく切ない内容だった。 終盤の当主の行動にもの悲しい気分になったが、その孫に長崎で蘭学を勉強させ藩医とまでなった展開に救われた。 貧すれば鈍するで甲賀忍者は何もかも失ったかに思えたのに、これまで培ったものを医術という別の形に昇華させていて感動。 武士の家計簿でブレイクした磯田先生、まだまだ面白いことを発掘してくれそう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/29 16:51
ドラマ評
家政婦のミタ 女王の教室みたいな話。 第2話の次男は島田紳助がモデル?と思えてくる他力本願を戒める内容。 それにしても、子供4人の駄目父は性欲が強すぎないか。 ミタさんに同情を買おうと浮気の告白までして失敗するし・・・ああだから駄目父なのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/24 16:46
ドラマ評
深夜食堂2 前作が好評立った為、続編スタートとのこと。 ファンとしては嬉しい限りだ。 ヤクザとタコさんウインナーの謎が切なくて、ラストの3カットがたまらなく良かった。 店の俯瞰→塩→喪服の二人! 家事に身が入る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/19 15:50
ドラマ評
ラストマネー 不謹慎だけど保険金モノはやっぱり面白い。 動機がシンプル、だからこそ怖い。 高島礼子が常に醸し出しているアンタッチャブルな雰囲気が効いている。その分他のドラマは浮くけど。 子供の頃、学校の近所のに変な家があったのを思い出した。 後にその家の人が保険金詐欺で捕まったが、ゴミだらけの汚い家でやはり普通の雰囲気じゃなくて、子供達も異様さを感じて絶対に近づかなかった。 あの家には幼児がいたはずなんだけど、今どうしているんだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/12 14:15
子供の乱用
NHKのアサイチで知った新しい言葉。 なるほど子供の虐待よりもしっくりくる。 最近よく観すぎる子役の芦田愛菜が頭に浮かんでしまう。そしてマイケルジャクソンも。 虐待に陥りやすい思考パターンや共通の心理傾向も興味深く、勉強になった。 この思考パターンは、大人同士、友人同士でも結構トラブルの原因になっているのでは?(フレネミー、パワハラ、モラハラ等) 先日、柔道で子供を死なせた指導者の裁判があり、非常に寛大な判決が下されていて納得がいかなかった。 もし裁判官がこの心理傾向を知っていたら、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/08 18:16
歌舞伎ドラマ
朝から香川照之の濃い会見に胸焼けさせられた。 そして、怖いとつぶやいた市川猿之助、会場は笑いにしてたけどどうなんだ。 まるでチャールズ皇太子のような不倫から始まる恩讐は超えられるのか。 この一家と周辺で一大ドラマが作れそうで、興味が尽きない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/28 20:47
ドラマ評
陽はまた昇る 出演者は豪華なのに脚本が変で残念。 警察学校の内容が薄くて、中年の危機にやらゆとり世代との遭遇など、ピンチに陥ったオジサンがそれを乗り越えるまでの話だった。 でも佐藤浩市はコミカルがいけるはず、「バカ三兄弟」みたいなのをやってほしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/20 20:59
タブー
今週のデスパレートな妻達6は怖かった。 モンスターを作るのはモンスターという内容。 以前、辛酸なめ子のエッセイで、”イケてる女子高生達は母親から「男子に告白されたら絶対に笑ってはいけない」と教わっている。 なめ子自身の家庭と比較してそんな恋愛アドバイスが羨ましい”と書いていたのを思い出した。 正しくそのとおりの展開。 ネグレクトで放置された子供の末路と負の連鎖が悲しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/08 12:26
センスの悪さ
島田紳助のそもそものトラブルになった政治発言というものが何なのか気になりネットで調べてみると、真偽の程はわからないが、本当だとすれば政治的な志なんてない馬鹿馬鹿しい内容だった。 生放送でもないのになぜこんな下らないヤンキー自慢を放送したのだろう。 その質の悪いセンスと顛末に東海テレビの「セシウムさん」事件を連想。 同じフジ系列か・・・社風?。 自業自得なのだが、悪意を持った人間が放送局に入り込めば簡単に陥れられるとも考えられキナ臭い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/25 17:16
ペラペラ会見
島田紳助がやっと引退するらしい。清々する。 会見を朝のニュースで見たが、こちらが知りたいことは言わずに自分の言いたいことばかり言っていた。 黒い交際の真相より白い交際アピールばかり、名前を出されたさんまら芸能人達が気の毒。 品川の言い訳ツイッターを思い出した。 結局、「俺は悪くない、だって俺こんなに人望あるし」と言いたかったのか。 それとも何らかの裏メッセージがあるのか。 もっと重大なことが隠されていそうで恐ろしい。 吉本社員を殴った時点で引退しておけばよかったのに。 あの事件を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/24 11:49
ドラマ評
ジウ ミソジニーだがホモソーシャルには入れない、男子校出身者が少女マンガで勉強したようなストーリー。 黒木メイサの台詞が古臭くてムズムズする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/17 16:16
裸の王様と子供
アンデルセンの裸の王様で、王様は裸だと指摘する子供の処遇はどうなったのだろうと疑問に思っていたが、フジテレビと高岡ナントカの顛末をみると現実はより厳しい。 でも韓国政府の芸能戦略について、フジテレビのニュース番組で木村太郎が説明していた記憶があるのだが、実のところ局内でも忸怩たる思いだったりして。 たぶんあれは割を食っている日本の俳優達が日頃から愚痴っていたことで、直ぐ影響される上書き脳が公表してしまったのかも。(誰もついてこなかった悲劇) 性格を見抜いた上でのことだとしたら、なんという罠... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/01 16:37
サイレント
フジの27時間テレビをチラチラと観ていたら、イロモネアのサイレントを観ているような気持ちになった。 あれは実力の無い芸人ほど乱闘する展開。 時節柄余計なことを言えない芸能人達の行動が、結局乱闘と悪ふざけだったとは残念。 言葉はどこへ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/28 13:01
ドラマ評
ブルドクター イメージ通りの江角マキコ像でサバサバと言う名の鈍感自己中力を押し付けてくる、キムタク型ドラマ。 サバサバ演出に忙しいためか内容は非常に薄い、掘り下げるべきところはことごとくスルー。 目的は何だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/07/25 20:32
ドラマ評
今回はほとんど見ていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/14 14:00
仕事ハッケン伝
又吉の回が面白かった。他は観た事ないが。 ローソンに現われた謎の新人、まるで風の又三郎のようだった。 何故小説なんてものがあるのか?読むだけ無駄なんじゃないかと、物語に興味の無い合理的な人から言われがちだが 一見役に立たない「普遍的なもの」を探す観念的な人には必要なものなんだと、ローソンともコピー(個人的には末っ娘は苦手、でも笑った)の出来とも関係なく思った次第。 さして要領のよくない人見知りな私も、小説は読み続けていく所存だ。(又吉の何に共感しているかわかってきた) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/11 16:03
タイムスクープハンター
また始まってうれしい。 のろしの回の時代が貞観で、この頃日本中で大地震が・・・と連想してしまった。 冒頭の地図の、新羅や唐はもう無いのに、日本はまだ存続中なことが非常に感慨深い。 当時の言葉を忠実に再現しているらしく、一人称が「わー」なのが青森の方言のようだった。 やっぱり東北にはまだ古語が残っているのだと思うと同時に、ご先祖様たちがあの時代から生き延びられたことに思いを馳せる。 大塚先生のブログにあった方丈記など先人の記録を読むと、無常感に囚われつつも何とかなりそうな気持ちになる。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/06 14:05
ど田舎芸人
アメトークを久しぶりにみた。 震災前に撮られたものだろうが、ど田舎芸人は郷土愛を感じられほほえましいものがあった。 どれも似通った芸人達の地元写真は、「何も無い」と言われがちな田園風景ばかりだった。 しかしよく考えてみると、震災後の眼では何も無いなどとはとても思えない。単に私達を楽しませてくれる面白い遊び場や娯楽が「無い」だけだ。 無いからこそ私達の食生活は成立している。 田園や海はその地域の人達にとって広大な「職場」だ。 他人のオフィスに行って、「何も無くて退屈」と言っているのと同... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/06 11:35
ドラマ評
デカワンコ 気楽な面白さでなぜか観てしまう漫画ドラマ。 私には出来ないファッションで目の保養なのかも。個人的には犬の散歩時の服が好きだな。 田部なんとかちゃんは若いのに、いつも妙な女性を良い感じに演じる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/05 22:28
臨死!!江古田ちゃん
サッカー観戦に付き合っていたら、眠れなくなってしまった。 技術的なことはわからないが、以前のサッカーよりも大分面白いと思えた。 昔の右往左往の印象がない。 岡崎という選手は動きが突発的で、駐車場でみかける危険な5歳男児のよう。 韓国選手の顔はみな同じに見えたが、あれも戦略なのか。(スキンヘッド除く) 日本選手に女の子みたいな綺麗な顔の人を発見、名前は忘れたが何者なのか。 川島キーパーにドキドキして恋と勘違いしてファンになる女子急増だろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/26 12:59
運動音痴芸人
何事も極めれば鑑賞に値するのだと思わされた。 アメトークの運動音痴芸人の面々は、差し詰め不器用長者とでも言えばいいのだろうか。 そこそこできても器用貧乏で終わってしまうのが関の山で、商売にはできないもの。 負を正に転換するのは、結局真剣さなのかな。もしふざけてたら全然面白くない。 ドラマも非常に面白かった。 フルポンの人はやっぱり竹馬をはいている気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/15 19:35
新しい遊び
深夜に「言語遊戯王」という番組をやっていた。 カードに書かれた言葉をつなぎ合わせて勝負する内容で、シンプルな構造なのにとても面白かった。 誰が書いたのか知らないが、あのカードが手書きなのもまた良かった。 南海キャンディーズの山ちゃんの魅力を再発見、やるじゃないか。 出演者達が楽しそうで、ほんと売ればいいのにと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/05 14:19
ドラマ評
スペック えええ、そこで終わりかい? 歩が金になって、当麻に弟のスペックが現われたということでいいのかな。 歩は瀬文かと思っていたのに。(坊主に慣れてくると妙な色気を醸し出していて素敵に見えてくる不思議俳優) でもニノマエに何かあったみたいだし・・・。 続きもあるんだろうなあ。あると思いたい。 それはそうと、柴田は健在で偉くなっているのね、元気そうで良かった。 やっぱり好きだわ、堤監督の世界。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/20 12:29
ドラマ評
Q10 温かい余韻のある終わり方で、とても良かった。 お楽しみが終わってしまって寂しい。 人魚姫の回で、Q10が「嘘なのになんで書く?」とフィクションへの疑問を問う印象的な場面があった。 その答えはこの物語全てかも。人間にはメタファーが必要だから。 初めは「子供向け」と渋々見ていた彼も夢中になっていた。 浅丘教授に続いて、薬師丸教授もよかった。 「教授」はこれからも定番キャラとして登場させてほしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/15 21:10
人は木にはなれない
時々迷迷の木と少年の話に、大島弓子へのオマージュを感じた。 紳士の姿をした大木が、優雅にどんぐりと枯葉を撒き続ける。この擬人化センス。 木は年齢を重ねる程に立派になっていくのに・・・というニート男のセリフにしみじみ。 大人版の方も再放送してほしいなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/03 14:15
龍馬伝
終わっちゃったなあ。 どの役もキャラが濃くて、面白い人ばかりだった。 龍馬よりも、その周囲の解釈を楽しめた。 いい人に描かれがちな慶喜の眉なし憤怒顔(この田中哲司も良かった)や、嫉妬の塊で迫力があった後藤象二郎(子孫に驚き)等。 幕末物がストーリー的に終盤失速してしまうのは、隠された部分が多くて4巻、6巻、9巻みたいに抜かして読まされているような、モヤモヤした気持ちになってしまうからかも。 謎を推理する楽しみも勿論ありだけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/29 18:24
感性
万歩計で自分の歩数を量ることはダサいのだろうか? 堀ちえみがさんま御殿で当然のことのごとく話していて、その感性がよく理解できなかった。 周りのゲストもさんまも「?」な反応だった。 バツ2で一度目はDV離婚(堀側主張)、やたら子沢山と聞き、なるほどなあと腑に落ちた。 ちなみにこの人のダサくないこととはなんだろう。 堀ちえみが気になってきた、もっと話を聞いてみたい。 想像もつかないあさって方向の感性を披露してくれそう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/18 14:31
暗黒物質
ドラマQ10の暗黒物質と暗黒エネルギーの話がよかった。 となりで彼が、「この人何言ってるの?」とチンプンカンプンになりながら気味悪げにセリフを聞いていたが、オチで納得。安心していた。 人生は暗黒物質との戦いだ。 しかしふと、暗黒物質というものが人それぞれ違うとしたら、私が誰かの暗黒物質でもあるのだなと思い当たった。 だから「どうでもいい」とか「誰でもいい」の対象となるのかもしれない。 だから世界は不安定なのか。 でも4%の大事なものを手放さないようにして暮らしたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/15 20:27
ドラマ評
ギルティ 面白いはずなのに何か物足りない。 菅野美穂が邪悪な表情をしようとして口の端を引き上げているが、鼻横の肉も上げないと。 恨み屋での満島ひかりの演技見てしまうと、ちょっとやそっとの邪悪面では満足できない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 15:17
ドラマ評
Q10 木皿泉ファンなので、哲学枠復活が何よりうれしい。 受身男の異邦人娘連れという少年漫画の定番スタイルながらも、脚本と俳優陣の個性で独自の世界観を作ることができている。 今回は撮影担当が代わったのか?日テレドラマ独特のピッカリライトじゃないし映像も構図もいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/26 14:12
ドラマ評
スペック 楽しみにしていた続ケイゾク。 SF色が強くなっていて、トンデモ系に。抑制された異常を描く方が好きだったのだが。 サヴァン症候群の持つ「スペック」は、そもそも厳しい自然環境で生き抜く為に人間に備わっていたものだが、文化的生活を営むために人間が捨て、封印した能力とどこかで聞いた。 進化じゃなくて先祖返りなのではと思ったが、その辺りどうするんだろう。 キツネ顔が不思議ちゃんをやるのはやっぱり無理があるなあ、むしろずる賢さを前面に出せばいいのに。 田中哲司が罰ゲームの様な役をやって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/14 13:19
ダメージ3
今回のダメージもドーンときた。 家族とは何かを厳しく問うてくる。 壁の穴はパティの心の虚無を表現しているのか?で、うろの中を覗いてみたら・・・恐ろしい真実が。 シーズン1の謎をここまで残しておいてくれるなんて。 しかも「子供の扱い」という今回のテーマにも沿ってるし。よくできてる。 そして、どの「子供」も皆不幸だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/01 16:37
時々迷迷
NHK教育で「時々迷迷」を発見、この間の「迷迷」の子供版だった。 もしかして、こっちが先なのかな。 爽やかなストーリーの中に、唐突に現われる片桐ハイリが面白い。それでいてふざけてはいない。 子役も上手で、民放の適当な大人ドラマよりもよくできていた。 毎週やってるんだろうか、また観たい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/30 21:57
熱海の捜査官?
もう一周してしまった。 目が痛い・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/22 18:05
迷迷
NHKで深夜に不思議なドラマをやっていた。 シリアスかと思えば、片桐はいりが妙なタイミングで現われて面白い。 映像も無駄なほどセンスが良かった。 途中から見てしまったので最初から全部見たい。 再放送してくれないかなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/21 13:22
ドラマ評
熱海の捜査官 題名通り、最悪の結末!ツインピークスを最後まで踏襲していた。 やっぱり星崎はあっち側へ行ってしまった・・・。 でも、そのあっち側が、どっち側なのかよくわからない。 とりあえずオチがわかったので、第一話から見直して伏線拾いをしている暇な私。 「南熱海は天国かも」とか「黄泉」とか「よもつひらさか」とか色々転がってるなあ。 ちりばめられた謎とメタファーがデヴィット・リンチファンにはたまらない。坂善はイレイザーヘッド? それにしても、あの老人役の人は何者?顔力が強い出演者の中... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/19 15:41
本気
桐谷健太の活躍を見ていると、清水ミチコの「いつも本気の奴が勝つ」とかいう言葉を思い出す。 真面目な目立ちたがり屋で面白い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/03 22:04
ドラマ評
熱海の捜査官 ツインピークス(懐かしい)のような雰囲気と、三木監督独特の世界。 小ネタも多いから、録画で何度も楽しめそう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/01 14:46
アルクメデス
またNHKが変な深夜番組をこっそりやっている。 斬新な馬鹿馬鹿しさで面白かった。 なんという自由さ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/22 18:05
ドラマ評
天使のわけまえ 冒頭のおはぎがおいしそうで最後まで観てしまった。(おはぎ嫌いなのに) よく見たら料理は飯島奈美だった、やっぱり。 観月ありさ演じる主人公の境遇が悲惨すぎるはずなのに、こちらが居た堪れない気持ちにならないのは、映像が柔らかくて温かい視点を感じるから? 名作「すいか」を思い出させる夏ドラマ。 セレブ妻役のともさかりえの「ロッカーの花子さん」もよかったなあ。 あの頃のNHKの深夜連続ドラマはレベルが高かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/17 16:55
ドラマ評
ハガネの女 今クール一番続きが楽しみだったドラマ。 役者陣も脚本もよかったので続編をぜひやってほしいなあ。 アイデンティティーの確立と自尊心の育成、ハガネのテーマはこんな感じ。 各回で様々な問題を抱えた親とその悪影響を被る子供が描かれている。 ハガネ先生はもつれた事情の中から子供を救い出し、子供は親に隠されていた自分自身を発見する。 そうなのだ、まず自分を見ずして自尊心が育つだろうかと考えさせられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/07 14:59
ドラマ評
娼婦と淑女 とても異常な展開で、まったく着いて行けない。観た事を後悔すらする。 しかし、彼らの言動はどこかで見聞きしたような・・・。 宮城で起きたDVストーカー殺人事件のニュースで見た、犯人と被害者妹のブログに似ている。 その場しのぎでいい格好しいな思いつきの言動と、それを鵜呑みにして責任丸投げな受身姿勢。 そしてあっさり前言撤回して、裏切っただの裏切られただのと大トラブルの後は、また元の鞘に戻ってしまう。 そういえば、同じ中学校だったヤンキーグループの言動もあんな感じだったなあ。(... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/01 17:48
すべらない話
いとうあさこの父親の職業を考えると、おかしみが増す。愛すべき人。 鬼奴の弟は面白いけど心配だ。というか鬼奴自体が心配だ。姉弟で愛すべき人。 ごく普通の日常の中におかしみを見出す兵藤や宮川の話はやはり笑った。 健康食品のセールス電話でオペレーターの女性から「60歳以上の方ですか?」と言われ憮然としたことを思い出した(当時25歳)。 トータルテンボスの悪戯も、いい年してどうかと思うが、大塩平八郎から電話が何度も来る(反乱の誘い?)なんてあたりが、罪を帳消しにしてしまうセンスがいい。しかも自分... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/29 12:43
ドラマ評
最終回 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/06/23 18:44
キンチョーの夏
今年のキンチョーCMもいい。 去年はトヨエツ、今年は井川遥、夏のジメジメした湿度をドメスティックなエロスに変換している。 「意外と井川です」の頃は単なる美人だったが、この色気。彼女に一体何が? 色気といえば、白い犬の母親もまだまだあるなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/17 15:41
ドラマ評
彼が出張、たまったドラマ録画を観る。 ハガネの女 予想外に面白い内容で、作者は「エデンの東北」の人。なるほど。一瞬エリア88の人と勘違い。 吉瀬美智子のさっぱりとしつつガサツ過ぎない雰囲気が合っていて、それ以上に子役が達者。 各クラスに一人いるくらいの問題児が一塊になってしまった恐ろしいクラス。 なによりこの先生がすでにプロで、まどろっこしい成長や説教に付き合わされることなく、解決していくところがいいのかも。 要潤とのキスの翌朝に、意地悪娘から略奪宣言されての苦笑というシーンも、大人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/13 00:45
算術無宿
タイムスクープハンターの再放送で和算のことを取り上げていた。 江戸時代、算術一つで国内を巡り、市井の民に先生をしながら糧を得ていた人びとがいたことを知った。 算術一本さらしに巻いて〜か。 神社に算額を収めていたという話は前に聞いていたけど、こんなにレベルが高かったとは。全然解けない・・・。 龍馬伝で、高度な数学知識が必要なはずの西洋航海術等をいきなり習得していく日本人達にいささか疑問だったが、これで納得。 すでに相当な基礎学力があったようだ。外国と比べても識字率がとても高かったし。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/02 14:32
金魚鉢の中
龍馬伝ではとうとう半平太もお縄に・・・。妻の後ろの金魚鉢が全てを物語っていたなあ。 潰れそうな会社で非正規社員が汚れ仕事をさせられている内に、社員達は次のステップへの準備をしていた感じ。 非正規社員の中で、いち早く会社を飛び出して別分野の勉強を始めたのが龍馬や弥太郎たちか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/31 21:18
タイムスクープハンター
評判を聞いて、最近観始めたがたしかに面白い。前のも観たいなあ。 要潤の別コミ風な漫画的ビジュアルがSF設定によく合っている。 室町時代の民度の低さと、石つぶて合戦に驚いた。 彼らは淘汰され仲介役の中人のような人びとが増えていって現代に繋がるのだろうか。 現代に生まれてよかったと思う反面、このところのひどいニュースに室町時代からタイムスリップしてきたような人達が増えている気がしてならない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/26 22:18
ドラマ評
チェイス 6回なんて短すぎだった。 続編を希望するが、村雲が・・・。ARATAあってのチェイスなのに。 もっと新鮮で強烈なキャラクターを探してこないと無理だなあ。 母親の正体に全然気が付かなかったなあ、私のモラルの範疇を超えてしまってた。 あの母親は署長にも産廃業者との汚職を唆して、薔薇の豪邸を建てさせたんだろうか。 切り落とした腕は檜山父に送りつけるつもりだったのか、回数が少ないためか余白があるのがこちらの想像を掻き立てる。 ファム・ファタルというには悪すぎて怖い、麻生久美子も江... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/24 22:18
菩薩の視線
昨日のNHK教育の愛の劇場のゲストは、森久美子と椿姫彩菜だった。 椿姫はこの番組に出られるほどの恋愛経験が無いらしく、満足に話ができない状態。 それを何とか成立するようにフォローして、片思いや追っかけの話題にシフトさせていった森と夏木マリは大人の女性の優しさを感じた。(内心どう思っていようとも) テンション高く頓珍漢に話す椿姫を見つめる森の眼は、哀れみと温かみの混じった菩薩だった。 いろんな「愛」がある、ちょっと勉強になった。 もっとゲスト選べNHK、気の毒だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/15 17:19
ドラマ評
今クールは観たいものが多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/02 23:02
わが家の歴史
引越しで忙しくて、やっと録画しといたのを観ることができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/29 21:50
人生の面白み
やっとアメトークSPを観た。 人見知り芸人に共通点が多く、少し反省しつつ爆笑。わたしも結構無理している時ありの人見知りだ。 でも無理してない大人なんかいるのだろうか。そんなこんなを笑い飛ばしたい。 タモリの「人見知りしない奴はつまらない」を励みに生きて生きたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/19 16:04
地デジ
引越し後、地デジが綺麗に映り喜んでいたが、今度はTBSの映りがイマイチなことがわかった。 昨日までちゃんと映っていたのに、今観たら「三代目明智小五郎」がモザイク状態。 疲れたせいで眼がおかしいのかと思ってしまったじゃないか。 が、しばらくしたらちゃんと映っている・・・何が原因なのか。 今まで駄目だった日テレは綺麗になったし、場所の問題かもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/14 14:41
半平太的な
最近、私利的他者中心主義者とも言える人に遭遇したためか、龍馬伝をそのような眼で視聴。 龍馬伝の半平太は、今まで歴史上何度も登場してきた色んなカルト教祖共通の要素(+ゲド)があって、先週は黒い輝きを放っていた。 この手の人は一見自己中なようで、実は他者中心主義というか「他人の眼」から光を当てられなければ存在はおろか、自身を認知できない思考に囚われている。 実は能力も自信も無い半平太が天皇の威を借りて、私利を得ようとする浅ましさ、小ささ。(小沢?) 本当は婆様一人振り切ることもできないくせに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/28 12:40
三並び
椎名きっぺい→向井理→ダルタニヤン ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/21 12:52
顔合成
友近+有田=神無月 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/16 16:05
バラエティー
早起きしたら、バラエティー番組の弊害について考える番組をやっていた。 何で面白くなくなったのかといえば、やっぱりお笑いが権威化してしまったから駄目になったのだろう。 本来、権威を笑う道化であるべき存在なのに、裸の王様そのものに変質してしまったもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/13 11:19
歌丸師匠
歌丸師匠が亡くなった祖父に似ている。 親切にしたくなる感じだ。 今にも旅立ちそうな雰囲気だが、あの状態を祖父は20年程維持していた。 それも旅行やら家事やら色々こなしつつ・・・。 笑点を観てしみじみ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/08 16:27
BUNGO
文豪の名作ドラマシリーズ。 このところの愉しみになっている。 昨日の高瀬舟もよかった。今の時代にあっている・・・それも問題だと思うが。 力も入っているし、もっと早い時間に放送してもいいのに、なぜあんなに深夜なの? TBSがよくわからない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/24 19:44
新枠を
フィギアスケートの採点は、芸術と技術のどちらを重視すべきかという議論になっているらしい。 どちらももう極限まで進化してしまった感あり。 素人なので、どうすべきなのかは全然わからないが、ジョニー・ウィアー選手の存在をみると第三の枠というか、いっそ芸術枠と技術枠をわけちゃえば?と乱暴なことを考えてしまう。 もちろん高橋選手は祝福するが、個人的に一番インパクトがあったのはジョニー選手だった。 薔薇の冠もよかった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/20 15:35
龍馬伝の色
NHKの龍馬伝は映像がすばらしく美しい。 地デジで観ているのだが、あえて滲んだ色味で独特の雰囲気を出している。 特に煙るような緑色が印象的で、当時満ちていた若さを演出しているのだろうかと思わせる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/18 13:26
天才の振舞い
金メダル候補のショーンホワイトと言う選手の特集を観た。 他の選手とは圧倒的な差があり、天才とのこと。 来日時のプライベート映像では、温泉で現地の老人達と一緒に入浴したりしてとても気さく。 天才の余裕からくる天真爛漫さなのか、とてもチャーミングな印象だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/16 13:24
CM
資生堂の今更坊主CMを見て、タオルを投げたくなってしまった。 タオルというか毛布で包んで「そんなことしなくていいよ」と言いたくなってしまう。 自分で切るエクスキューズが入っているけど、気の毒な印象が否めない。 その上、ラッピングペーパーのようなドレスがまた余計な想像を掻き立ててくる(奴隷とか市場とか・・・)。 どうしたの資生堂。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/26 15:06
龍馬伝
誰からも相手にされないアホボン然とした龍馬を、ただ一人注目し嫉妬する岩崎弥太郎。 これが三菱財閥を作った人だと知り驚くと同時に納得。 ルサンチマンが財閥を作るのか?香川照之の表情が強烈。 なぜ福山雅治かと思ったが、嫉妬される男にはぴったりだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/15 11:21
ブラタモリ
ブラタモリの女子アナが疑問だ。 妙にカマトトぶったり褒めたり、不自然なな間繋ぎ笑いしたりで邪魔していてちょっとイライラ。 タモリの相手役はほかに誰かいないのか?そうしたらもっと面白いのに。 ふと、彼女の言動がクラブ勤めしていた友人が言っていた、ホステステクニックと同じなことに気が付いた。(下手だけど) そうか、オジサマ相手にはあれでいいのか。今週は最後にお酒飲んでたし。 定年後に家でゴロゴロしている団塊オヤジを外に出すための番組だとしたら、あの女子アナでいいのかもしれない。 が、やっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/11 21:57
ドラマ評
不毛地帯 私の祖父がシベリア抑留されていたこともあり、観ようかどうしようか躊躇してしまった。(祖父は数年で帰国) シベリア時代のことを祖父は何も言わず聞く勇気もなかったが、栄養失調で歯が全部抜けたという事実で相当な目にあったことはわかっていた。 それでいて祖父も主人公のモデルになった人も90歳代まで長生きなのが不思議だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/07 22:14
派遣のオスカル
このドラマの内容が、話題の仕分け作業と重なる。 ベルサイユのばらマニアの腰掛け派遣OLの社内格差より、その周囲が気になった。 芸人の徳井が演じる社長息子が意気揚々とコストカットして仕事した気になったり、社長が優れた技術者を干してしまったり、一見良さそうなことを言うと思ったら影で買収を画策する社員が登場したり。 ヒモ(なぜか威張る)に足を引っ張られるキャリアウーマンもいた。 結局、物作りを軽視した会社は買収されて、社長息子と派遣OLは小さなオフィスで一から出直すことになる。 共に出直す最... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/27 18:15
深夜食堂
バターライスの回がとても良かった。ちょっと涙。 スノッブなグルメ評論家(岩松了)が号泣したのは、バターライス一つ好きに食べさせてくれない帰国子女の妻を娶るという「妥協」をした自分への後悔もあるはず。 あがた森魚の笑顔が素敵だった。 それはそうと、エンディングテーマはなんとかならないのか。場違いで余韻に浸れない・・・。 藤木直人以来の雰囲気ぶち壊しだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/13 13:18
相棒シンクロニシテイ
ミスグリーンの回がとても良く、草笛光子のエレガンスなくして出来ない話だった。 一転、ラストの痛ましい姿が涙を誘った。 事件の発端となった動画マニアの馬鹿達が、神戸大学の馬鹿動画と重なる。 しかも某社に内定済みとはどういうことなんだろう、ずいぶんな雰囲気で社風にあわなそうなのだが・・・さてはコネか。 以前、「殺人ヒーター」放送後、この某社の問題が発覚したが、2度もあるなんて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/30 19:18
CM
ソフトバンクやタマホームのCMを観ると、恥ずかしくなってチャンネルを変えてしまう。 キムタクに社長のことを言わせているシーンは社内接待というか、担当が社長にゴマスリやヨイショしているところを目撃してしまった気まずさがある。 一体誰に向けたCMなんだろうか。社内の風通し、どうですか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/23 13:05
ドラマ評
東京DOGS 久々に酷いドラマ、相棒なら初めの10分で終わる内容を無理に引き伸ばしていた・・・。 脚本が間に合わなかったのだろうか。 未熟な刑事コントに終始していて、これならバナナマンと東京03でやったほうが面白い。 コントは本当に演技力を問われるなあ、笑わせるのって難しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/20 11:04
ドラマ評
深夜食堂 今クール一番好きなドラマ。(相棒は別) ストーリーや配役の渋さもさることながら、料理がおいしそうでお腹が空く。 夜中に観たら夜食を食べてしまいそう、と思ったら料理は飯島先生が担当されていた。 次回が待ち遠しい。 赤いソーセージなんて、ずいぶん食べてないなあ。オカマのママが可愛い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/17 15:58
相棒8
今度の相棒は、これまでのクール右京からコミカルな変人面を強調した印象。 とうとうポアロの両面がそろった?(潔癖症は名探偵モンクが担当) さしずめミッチーはパリ市警の刑事のような存在かな。ヘイスティングスは亀山。 この先どうなるのか楽しみ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/15 21:06
三銃士
NHK人形劇の変な夢(少し悪夢)を見ているような雰囲気も踏襲されていて、懐かしくてうれしい。 子供の頃に見た、犬の三銃士のアニメはストーリーを追えず途中で脱落してしまったが、こちらはちゃんと追えそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/14 20:49
椿鬼奴
アメトークの椿鬼奴特集が面白かった。 よく見ると美人なのに、なんて飾らない人だ。もっと自分を大事にしてくれよ。 下ネタが苦手とのことだったが、無理やり捻り出したにも関わらずハイレベルなコメント。「○○○捕物帳」すごい発想! YOU、いとうあさこ等もだが、ドロップアウトお嬢様は興味深い人ばかりだ。 光浦の母性がわずかばかりでも鬼奴へ向きますように。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/10 18:02
バカデミー賞
とても愉快な番組で好きなのに、今回はなぜか「感動」なるものが含まれていた・・・。 世界のおバカさんを楽しむ番組なのに、余計なことをしないでほしい。 島田シンスケの影響なのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/05 15:14
ブラタモリ
今回は早稲田を巡っていた。 タモリの「教養は大人のおもちゃ」という言葉にしみじみうなずく。 教養があれば偉いんじゃなくて、退屈しないで済むという内容に納得。 巨大な脳みそを持て余す人間、退屈との戦いは生涯続く。 だから教養が必要か。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/03 10:29
東京マスメディア会議5
大好きな番組をまた観ることができて嬉しい。 しかも「きのこる」の堀さんが再登場、もはやレギュラー?今田&ケンコバとの掛け合いが二人以上に面白くてすっかりファンだ。(というより面白くしてくれる二人が上手いのかも) 今回は書店とタイアップしていて「きのこる」も手に入るらしい、欲しいがどこの書店だったのか思い出せない・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/03 10:13
鼻の下
昨日は殿方の鼻の下がグイーンと伸びた夕暮れだった。 そして産毛処理の大切さを学んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/18 21:35
COST
サラリーマンNEOの「COST」の言い訳と反省が面白かった。 本家LOSTファンの私は面白いと思って観ていたのに不評だったのか。 NHKのスタッフたちの盛り上がりが羨ましく、参加したくなった。(私の周りにファンがいない) 沢村先生の「3が一番面白いらしい」は同意、確かに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/14 21:45
祝女2
NHKのコント番組、面白かった。 海岸でいつまでも「女子」なつもりの中年女性を演じるYOUと清水ミチコが良かった。 (さんま御殿でのYOUと辺見えみりがそっくりでおかしかった、自分のことは見えないものだ) ともさかりえの極細チェーンネックレスが気になる。どこのものだろう。 宮崎あおいもCMで似たようなのを着けてるけど、流行っているのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/26 12:37
愛の劇場 男と女はトメラレナイ
いつの間にこんな面白い番組をやっていたの?NHKよ。見逃した分が惜しい。 夏木マリ、YOU、マツコデラックスという面子で言いたい放題。 昨日初めて観たが、「蝶々婦人」をベースに駄目男にひっかかる女の悲しみと喜びを語っていて痛快。 折りしも芸能界麻薬禍で、酒井法子や矢田亜希子が悲惨な境遇に・・・。 帰ってきた米軍人が逃げる場面が、押尾とダブってしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/05 10:38
26時間テレビ
うっかり、ちらちらとだけ観てしまったが、今年は非常に気持ち悪い番組になっていた。 感動!泣きましょう!など、観ていられない演出。 自己啓発セミナーやカルト系はあんな雰囲気なんだろうか、不気味だ。 嫉妬深い裸の王様と家来達のよう。 去年やったさんまやたけしが素晴らしく思えてくる。 いいともでタモリを困らせて見えたし、目上格上とコミニュケーションとれないタイプなんだろうか。 ああいうシンスケ上司は結構いて、職場の空気をよどませ部下を腐らせる。 そう考えると、さんまのヨイショというかお太... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/27 13:49
NHK人形劇復活
うれしい知らせ。 NHK人形劇が復活する、しかも脚本は三谷幸喜で三銃士! プリンプリン物語が大好きだったので、本当に楽しみだなあ。 あの時代に、房付きとんがりブラ等レディガガどころじゃないエキセントリックなセクシー衣装を着ていたのは、確かプリンプリンの母親だったような記憶。 もう一度観たいけど、NHKのフィルム保存状態が無理らしい。 と思っていたら一部だけどDVD化されている! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/24 15:40
ドラマ評
リミット2 ヒーロー不要な人間臭いドラマで、あまりの展開に観ていて胸が潰れそう。 あのような手があったとは、なるほど。(もちろん実現不可能だと思うけど) 良い人を演じると偽善を感じて嫌いだった武田鉄矢が、こちらはぴったりの役柄。 裏番組のヒーロー演じたがりとは好対照。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/13 23:02
ギャラリー無用
湯けむりスナイパーが終わってしまって、楽しみが減った。 続編作って欲しいなあ。 遠藤憲一も良いけど、ストリッパートモヨ役の女優さんも良かった。 あのルックス(失礼)でいい女に見せるのは難しい、すごいテク。 源さんは自分の幸せの為だけに黙々と働いてきただけなのに、旅館の皆から慕われて涙を流すシーン。良かった。 誰にも知られず、誰にも迷惑をかけず、自分の幸福を追求することがまた他人の利益にもなる。理想的。 結局、源さんは生き残ったが、それは許された訳ではなく罰を受け続けているままだ。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/29 16:16
小者自慢
一昨日の深夜、たまたま観た青きドナウで俳優が「不良自慢する奴は元パシリ」と言っていた。 「そうそう」と我が家で盛り上がる。 OL時代、彼も知っている同僚男性から不良自慢されたことを話すと、彼は初耳とのこと。 同僚が女子社員にだけそんな自慢(?)をしていた意外な一面に驚いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/24 15:49
ドラマ評3
魔女裁判 なんか安っぽいドラマで、来るべき裁判員制度への参考になりづらい。 子供が考えたような話。 昔の堤監督の作品「ケイゾク」「金田一少年の事件簿」を劣化コピーしたような演出。フジのスタッフに、子供の頃観て憧れてました、みたいな人がいるのだろうか。 野暮な早送りやサングラス男の一人芝居が、観ていて気恥ずかしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/03 13:13
サマヨイザクラ
裁判員制度のドラマを観た。 魔女裁判よりもこっちの方が面白いが地域イジメというなじみの無い設定でいま一つ現実味が無く、消化不良。 大どんでん返しの展開も、全然納得できなかった。そんな簡単な話か?人生投げすぎだ。 しかし、イジメ側は判で押したように同じ行動を取るというのがミス・マープル的で納得。(オタク側も同様だったが) 「種」のようなものなのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/06/02 15:28
磯野家
グリコのCMが苦手だ。 冒涜されているような気がする。 本来のカツオはいい年して野球選手を目指しているような人には「諦めが肝心ですよ」なんて突っ込みそうだ。 (個人的には、カツオは口が上手くてフレンドリーなので商社で営業として世界中で活躍していそうな印象。) サザエさんはもっとシニカルな漫画。 タラちゃんがしがないたこ焼きやでワカメがリストラされるエレベーターガールだなんて冴えない状況は、全然シニカルじゃない。 初めからこの人物設定があって、それだけではパンチが弱いから後付で磯野家を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/05/22 12:23
聞きたくない話
最近、急速につまらなくなってきた「踊るさんま御殿」。 先週の「東大生達が酔って2階から落ちた人をどうしていいかわからず、なぜか泣きながら風呂に入れた。」という危険な話や、今週の「不在時の電気代を不払いにしようと電力会社へクレーム電話」など、聞いていられない下らない話が多くなっている。 特に東大生は「泣きながら」を強調したがっていたが、そこ面白いところなの? 二人とも全然反省していなくて、表情が怖かった・・・。 以前の番組は、もっとまともな人が興味深い面白エピソードを語っていて愉快な雰囲気... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/30 13:21
ドラマ評2
夜光の階段 黒革の手帳やけものみちが面白かったので、期待してみたが藤木直人に厭らしさがちょっと足りない。 もっと歪んでくれないと。 そう考えると米倉涼子はがんばっていたなあ。特にけものみち。 松本清張作品らしく、また救いの無いどいつもこいつもな展開なのか。 せっかくダークな世界を満喫なのに、軽ーいエンディングテーマでぶち壊しに・・・。 なぜ歌いたがる?藤木よ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/25 13:05
酒に注意
クサナギの事件に驚く。 オザキかと思ってしまった。生きてて良かった。 下戸の自分には全く分からない酩酊状態というもの、ああいうのを酒乱と言うのだろうか。 酒を飲んだぐらいで全裸になる人が周囲にいないし聞いたこともない。 宴会で乗せられたのならまだわかるけど、一人だなんてますます理解不能だ。 アルコールだけの問題なのかは不明だが恐ろしい。一瞬でパーだ。 でも、朝の情報番組の面々はちょっとかばい過ぎなのでは?誰であっても駄目なものは駄目だろう。損得勘定め。 誰もいないから罪にならないの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/23 22:07
ドラマ評
ぼくの妹 日曜の夜、まったりした時間帯にDS美文字トレーニングをしながら、流し観てみたら、意外と面白くてまったり出来ない内容だった。 やはりオダギリジョー、先の読めない非日常に突入。白髪が気になるけど役柄に合っているから仕方がないか。 田中哲司が出ているのもうれしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/20 13:50
東のエデン
面白そうな感じを2週に渡り引っ張り、初っ端から中だるみのような雰囲気。そんなに勿体つけないで。 女の子の可愛さや少年の無邪気さ描写よりも、ストーリー展開を早くして欲しい。 ミサイルが落ちているのに、落ちていないかのような日常を続ける日本を描いているらしいが、最近起きたミサイル騒ぎとのシンクロは何だろう。 この変な空気感は三崎亜紀のとなり町戦争のようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/18 22:00
東京マスメディア会議
放送に気が付かず、途中から見てしまった。前回とても面白かったので残念。 地方のミニコミ誌やマニアックな雑誌の編集者のこだわりが楽しい。 今田とケンドーコバヤシが茶化さずに編集者の話をちゃんと聞くので、面白さが倍増。 何事も突き詰めるとおかしみを醸し出し面白くなってくる。 エロにばかり反応する中野アナの姿勢、ちょっと見直した。意外と愉快な人かも。 深夜で眠かった為、スウェーデン現象が何県で起こったのか、思い出せない・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/03 21:25
新相棒
新相棒がミッチーだったとは。 昔の自分に似た人間に対峙した時、より成長できるものらしいけど右京さんはどうするのか。 新シリーズが待ち遠しい。 この分だと、亀山ちゃんも再登場しそうな予感。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2009/03/21 12:34
家族は恋人?
気持ち悪いコピーのCMだなと思ったら、またもトヨタ。 家族は恋人って、どういうメッセージなんだろう。冷たくて熱いみたい。 べったり家族が苦手な私には謎だ。 ぬいぐるみ置いたり変な毛皮敷いたりと、車内に居住性みたいなのものを持たせたがる人が嫌いだけど、そこまで狭い空間で手近で満足して暮らせということなのか。 それにしても、この会社は一体どうしたんだろう。 ママ友アシ担当立候補車パッソセッテも、物質主義推進車ヴァンガードも、現実の購買層とのギャップがありすぎ。 不景気が始まる前の企画だと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/16 13:00
余計なアピール
最近、「家が貧乏」というアピールで売り出し中のアイドルがいるが、観ていてつらい。 下着を買ってもらえなくて、たまにパンツを穿かずに学校へ行っていたという異常事態を明るく話しているのが嫌だ。 パンツ一枚を姉妹で取り合いさせる親とは何だろう?虐待だしモラルハラスメントなのでは? 自分が不幸だから、お前達も不幸でいろと積極的に不自由にさせているのか。 あげくに、そんな両親が番組に出演していたそうだ。観ていないけど羞恥心はないのかな。 テレビでやたらこの毒エピソードを垂れ流しているらしいが、局... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/09 13:54
ドラマ評
月9ボイスのお為ごかし感はどういうことなのだろうか。 中途半端に突き止める都合のいい「真実」で無理やり良い話にまとめている。 特に今週は、パシリに甘んじ敵に立ち向かうことも無く、イメージを守るために自殺?これが強くて立派な男なのか?結局周りに迷惑を掛け捲っているし、考えが甘すぎだ。 青少年の死生観に悪影響を与えそうなドラマに疑問だ。登場人物の一人ぐらい突っ込みを入れてもいいんじゃないのか。 第一話の逃げた少年の扱いも、ファンシーで甘口。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/03 11:59
タモリ倶楽部総集編
電車に夢中な原田芳雄がとてもチャーミングで、なんと愛おしいことか。 他の面子も、いい年して床にはいつくばって音を聞く姿がもうたまらない。 こういうオジサマが好き。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/31 16:50
ノイタミナ源氏物語
3話まで観たが、ちょっと退屈・・・。 ヒーロー視というか、光に都合よく作られていて「本当は違うんだよ〜」と言いたくなる。 光は完璧な人間じゃございませんよという「帚木」が省かれていて、読んだことがない人はあれが本筋だと思ってしまうかもなあ。 オジサマ監督だから仕方がないかもしれないが、全てが古く感じる。残念。 大塚ひかり訳本を読んでいたおかげで、比較して愉しむことが出来るようになった。 というか、絵が化け猫のスタッフで脚本を大塚ひかりにしたら、DVD買ったなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/30 14:27
松本清張の断線
松本清張特集のおかげで松田優作のドラマを再放送で観ることが出来た。ラッキー。 でも午後4時から放送しても良い内容だったのか?チビッコは観ちゃダメ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/22 21:47
美しい男性
BSジャパンで物凄く下らないバラエティーを放映中。 松尾スズキと美しい男達がふざけ戯れるという、アンチ女子、女性ホルモンゼロ、美しい男への嫉妬100な番組。 ここまで馬鹿馬鹿しいと、嬉しくなってしまうくらいだ。 大竹まことの秘密告白シーンというのが、非常に面白かった。第一それ秘密じゃないし。 イシダイラの歌も良かった、これはすかした男性をおちょくる歌シリーズなのかな。 とはいえ、また来週も見てしまう私がいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/17 15:02
ノイタミナ 源氏物語
フジ系の深夜アニメ枠で今日から源氏物語が! 「あさきゆめみし」を止めて、出崎統監督独自の解釈にしたらしいが、吉と出るか凶と出るか楽しみ。 正直なところ、「あさきゆめみし」は退屈で1巻で挫折・・・。 源氏はつまらないという先入観を与えたあの漫画が憎いが、今さらながら源氏自体は面白いと気が付いたのは私の頭脳レベルの問題だったか。 幼少時の私を震え上がらせた「ガンバの冒険」の監督なので、例の生霊ホラーエピソードをどうするのか興味深い。 うっかり録画し忘れそうなのでメモ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/15 10:37
オッカムの剃刀
永作博美主演の刑事ドラマ録画をようやく観た。 正月のNHKらしくない不思議コメディーで、意外な面白さだった。 単発ドラマなのがもったいない奇妙な世界観で、時効警察的な突出した演出は観る人を選びそう。 民放が赤字な今、冒険してくるわね。野間口ブログを読んでいなかったら見逃すところだった。 永作がものすごくダサイ格好をさせられているのは、ケイゾクの柴田純を意識? それにしても、きたろうは刑事役が似合う。 シリーズ化してほしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/05 13:09
芸人のお悩み相談室
ケンドーコバヤシと有吉と森三中の大島が、悩み相談をうける番組を観た。 意外と面白くて、また観たいと思う。 信じられないくらい大きな胸の女の子(その性向も)に驚いたが、もっと驚くのは長井秀和のダメ人間ぶり。 自らトラブルに巻き込まれる人の愚かな言い分と、なぜ人にモラルが必要なのかがわかった。 長井に比べれば無頼を気取るケンコバと毒舌有吉が真人間に見えた。 営業妨害か。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/31 12:04
相棒
今シーズンは夏目漱石の坊ちゃんになぞらえて始まったが、亀山ちゃんの卒業というのは去るのか殉職するのか、去るのならばまさしく坊ちゃん。 先週は身辺整理をして去る準備をしていたように見えたし。 メンバー中、一番の坊ちゃんである亀山ちゃん、ポリシーを貫き通すのか。 どうなるのか楽しみなような悲しいような。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/17 12:35
ブラタモリ
NHKらしく知的な中にも、タモリの変なこだわりと古いものや失われたものへの敬意が伝わってきて面白かった。 アシスタントの女子アナとのテンションの差も、また良し。 最近歩いたばかりのあの小道が、川だったとは知らなかった。 こういう番組はいいなあ、新しい楽しみが増えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/16 10:56
見逃した
ショック、NHKの「祝女」を見逃してしまった!NEOのスタッフが作ってるらしいのに。 再放送はいつなんだろうか。絶対やってほしい。 録画しておけば良かった・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/01 20:32
ドラマ評
とりあえず観続けるのは ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/26 16:03
アベレイジ2
1のキャラがまた出てきてくれて嬉しい。 レバ刺しの店員さんが今度はソバ屋を切り盛りしていて、相変わらず幸薄い雰囲気だけどかなり良い。 謎のピンクな分身は何者なのだろうか、展開が気になる。 レバ刺し男はまた「もういいからっ!」と女の子に言われていた・・・。駄目さ加減がたまらん。 相変わらずな鬱陶しさで、不倫OLとの関係も続きが見逃せない。 次はいつ放送するんだろう、楽しみ。 深夜ドラマは濃くて面白い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/13 23:35
安楽椅子探偵
こんな面白いドラマがもう7回目だなんて、知らなかった。 綾辻行人と有栖川有栖と戸田山雅司(相棒の脚本家)が繰り出す問題に視聴者が応えるもの。 残念ながら最後まで答えにたどり着けなかった。今回は結構難しかったらしい。 死体の隠し場所や殺人現場、遺棄ルート、凶器の入手場所まではわかったんだけど、携帯電話のことまで頭が回らなかったなあ。 不自然には理由があるということか。 なので犯人を奥様と家政婦の二人まで絞ったのに、結局決め手に欠いてしまった。 次回は参加してみたいものだ。これまでのもの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/12 15:45
人志松本のゆるせない話
今回は妙な雰囲気になってしまっていた。 どうも出演者のレベルが合っていなかったような気がする。 バカリズムが全盛期の松本のような突出して細かくおかしなこだわりのある話をするので、他の出演者の話に底の浅さを感じさせてしまい、少々白けたムード。 吉本勢のあせりと動揺からか松本の突っ込みが厳しい。 どうする、キム兄!お株を奪われているぞ。 まったり内輪で落ち着いた空気に、冷や水をぶっかける転校生的バカリズム。いい感じだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/07 11:04
伝わらないモノマネ
今回は何だか小粒だった。 でも「細かすぎて伝わらない」という趣旨だから、やっぱりこれでいいのか。 政見放送での内田裕也というモノマネに、辞任した中山大臣がダブる。何がしたかったのか。 阿佐ヶ谷姉妹のハーモニーの美しさとビジュアル面のギャップがシュールで良い。普段はどんなネタをやっているのか気になる。 もう、このシリーズは関根&有田で深夜特番でやったほうがノビノビできていい気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/29 14:32
ジャングルクルーズ
はなまるマーケットで工場夜景鑑賞ツアークルーズのことが紹介されていた。 21世紀エジソンで紹介されていたマニアックDVDでおなじみの工場鑑賞もここまで来たらしい。 みなとみらいを出向して、横浜の工業地帯を回ってくれるらしい。 90分で4500円ドリンク付き。 調べてみたらもう11月まで予約一杯・・・それからじゃ寒いなあ、冬は風が強いし。 いろんな観光名所があるものだ、愉しむツボは無限にある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/27 21:16
これがコント?
「フジ最強コント夢競演」にがっくり来た。 コントというよりは、単なる悪ふざけ。非常に残念な内容だった。 正直、このメンバーの中に爆笑問題(特に太田)はいらなかったのではないか。 それにしても爆笑問題太田の衰弱振りはなんなのだろうか、大丈夫? 宮迫と三村の「介護」でどうにかしてもらえていたけど、裸の王様感が漂う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/19 21:10
SATC
毎週録画しているはずなのに、話のつじつまが合わないことに気が付いた。 どうやらテレ東は回を飛ばしているみたい・・・。 なんでそんな酷いことができるのだろうか、重要な回と重要じゃない回の線引きはどこにあるの? 映画公開中に間に合わせてキャリーの恋愛だけ追えればそれでいいのか? その辺がやっぱりテレビ東京なのね。がっかりだなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/17 11:15
歓喜の歌
大泉洋主演の北海道発ドラマ「歓喜の歌」が思いがけず良かった。 映像のトーンも雰囲気があり、役者陣も達者な人ばかり。 安心して楽しめた。 普段はバラエティを撮っているチームだとか、なるほど笑いのツボは外さないわけだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/08 19:57
SATC
このところテレ東が放送してくれるので、録画しっぱなしだ。 チビチビ観ているが、なるほど面白い。 タイプの違う4人の女。 普通のドラマと違い、あくまで私生活面にのみスポットを当てているので、具体的な仕事の場面はほとんど無い。 彼女達の恋愛と性生活のみクローズアップ。でも、それが面白い。 あんなに明け透けな会話をしている人たちが本当にいるのか疑問だが、そうそうとうなずいちゃう所も多数。(いないからこそ人気があるのだろう) 男性は自分が技術的に肉体的にどうなのか、本当のところを知りたくない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/05 22:00
アルパカ
クラレのCMでアルパカに夢中。 何でしょうあの触りたくなるフンワリ感、それでいて人っぽい肌色の顔。 前に清水ミチコがアルパカと同居する番組をやっていたはず。 彼女もブログにも書いていたが、やっぱり可愛いなあ。 小さくないのに可愛いのが面白い。ガシッと抱きつけるサイズの首がいいのか。 家が広かったらアルパカを飼って、その毛を紡いで染めて編んで・・・と気が遠くなるようなことをやってみたい。 餌は草取りのバイトとして、アルパカを放置休耕田や公園、河原などに派遣して一石二鳥。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/04 13:36
吉祥寺 kesa
今日の「ぴったんこカンカン」は「ぐーぐーだって猫である」の宣伝だったので、珍しく観てみた。 小泉今日子と森三中の雰囲気が良くて、吉祥寺に行きたくなる。 特に和服屋の「kesa」は、手ごろで気安く着られる着物ばかり、ぜひ行ってみたい。 ああいうカジュアルな着物に最近興味があったりする。あれなら自分でも着ることができそう。 この映画は観なくては! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/02 21:14
相棒卒業?
朝からショックなニュース。ブルーだ。 「相棒」を亀山ちゃんが卒業してしまうらしい。 更なる発展の為ってどういうことなのか。まさか殉職・・・・。 一体どうなるのかシーズン7、見逃せないけど寂しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/29 11:59
オリンピック終了
ビバ!女子高! と叫びたくなるような女子ソフトボールチームのいい雰囲気。懐かしい。 セクシーなアメリカチームと少年のようにストイックな日本チーム、ぜひ日テレの某番組でオカマチームの総力を結集して可憐に変身してみて欲しい。 個人的にはブストス選手の無頼な雰囲気がかなりよかった。漫画みたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/25 12:07
オリンピック観戦
バトミントンや卓球のラリーに着いていけない。 高速で打ち合われると神経が耐えられなくなり、なぜか叫びたい衝動に駆られる。 昔は平気だったはずなのに、精神的に弱くなってしまったのか。 あの選手達は凄いなあ。 観た後どっと疲れる精神戦、昨日の男子バレーもかなり疲れた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/15 11:58
27時間テレビ
27時間テレビは下らないと思いつつ、ちょこちょこ観てしまった。 ある女性のことはやらせなのかと疑問を持つ。 このゆる巻きの時代にあの髪型はどうなのか。 変わってしまった彼女とそれを見て衝撃をうける出演者の表情を撮る為には仕方のないことなんだろうけど、そう思った時点で演出家の思う壺なんだろうなあ。 なんてバラエティなのに真面目に観てしまった、恥ずかしい、きっと暑さのせいだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/28 18:00
爆笑レッドカーペット
一瞬で笑えるところがお気楽で楽しい番組。 でも、最近客が劣化している・・・キャーキャー歓声を上げたり、ネタ中に可愛いーと叫んだり。 昔のお笑いブーム終焉時と似ている。(当時のことはナンシー関の本で) こういう客が笑いを駄目にしていく・・・キャーキャー言う輩はつまみ出せ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/04 12:25
キンチョー小説
今年もキンチョーの季節がやってきた。 豊川悦司が朗読している変な小説がキンチョーのサイトに載っていた。 蚊んの小説「噴射のよろめき」だって。 今回も面白い、子供にはわからない暗喩だらけでとっても嫌らしい。(トヨエツの声で想像して読む) 以前放送していた大滝秀治、岸辺一徳のCMの小説もとても面白かった。 あのくらい連続小説化してほしいなあ。 それにしてもキンチョーのCMはいつも自由にハイレベルだ。誰の方針? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/27 12:26
花マルのゲストが!
今日のはなまるカフェのゲストが田中哲司だった。うれしい! 録画して置けばよかったと後悔しきり。 演技以外の姿は初めて見る。 素顔はやはり静かな感じで、清潔感漂う男性だった。 ガーデニングが趣味で料理も得意で身奇麗にしている・・・これは独身な訳だ。と納得。 植物がセンス良く配置されたベランダが居心地良さそう。(身体が大きいと植木の配置換えも楽そうだし。) その辺のだらしない女子よりずっと素敵な生活をされているらしい。 ますますファンになってしまった。 テンションの低さもまた良い・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/24 14:49
すべらない話
今回も良かった。 前回のゴールデンタイム時のイライラ問題を踏まえて、録画しておいたのでゲストの話は飛ばすことができた。 あれは本当に興がそがれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/23 13:51
エジソンの母
ブルータスやテレビで知る三谷幸喜の母親のエピソードに、ドラマ「エジソンの母」を思い出す。 とても面白くて興味深いお母さんだ。 黒柳徹子の母親のエッセイも面白かったが、三谷幸喜の母親にも是非何か書いて欲しいものだ。 そして、その半生を朝の連ドラにして欲しい、もちろん三谷脚本で。それなら見たいぞ。 体裁にこだわらず、子供の個性を伸ばす教育の一例だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/10 00:09
NHKBSドラマ ダメージ
表題通りのダメージが画面からビンビン伝わってきます。 新人弁護士エレンがカリスマ女性弁護士パティから受ける影響で、ジワジワと変化していくさまがたまらなく怖い。 グレン・クローズ演じるパティの、人心掌握術どころか支配といっていい程えぐいテクニックはある種勉強になる。 過去と現在が交差するカットバックで高められる臨場感にもしびれてしまい、テレビの前から動けない。 それにしても、同じ日に放送されている「ホカベン」との差は日米視聴者の差なの? ダメージを観てしまうとホカベンは物足りない。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/05 23:45
相棒1
再放送のおかげで、やっと相棒をほぼ全作観ることができた。 ファーストシーズンを見逃していて本当に残念。 屋台の元刑事やヒロコママ(愛らしいキャラでかなり好き、映画にも出てた)などの過去がわかって、さらにディープな相棒ワールドを堪能。 最初の頃の映像がかなりペラペラしていて、照明が雑なのか撮影のセンスなのか、それもまた一興。 やっぱり犯人がわかる時の音楽は良いなあ、あの黒い雲がムラムラとわいてきてビュービューと冷たい風が吹いてくるような嵐の前触れの雰囲気の曲。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/30 21:10
ドコモのCM
ドコモは一体何を伝えたいのだろうか? 赤いフリフリドレスの女の子は携帯電話の化身らしいが、なんでまた? まだ発展途上の子供な会社ですが、これからもっと成長しますとでも言いたいのか。成長過程の分野なので至らぬ所は大目に見てね。ということにも思える。 悲しげな顔の美少女を連れて歩く若い男、この画がウケるのはごく一部だと思う。 弱弱しく繊細、不安定で気まぐれという少女的イメージが、携帯電話会社に求められる姿と正反対と思うのだがどうなのか。 ロゴも手抜きだし、前回のCMシリーズにお金をかけすぎ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/23 13:35
犬泉君?
最近近所ですれ違う犬がCMの犬泉くんにそっくりだ。 ふわふわの綿菓子のような毛で触りたくなる可愛らしさ。 素直に「いぬいずみくん!」と叫んで、わらわらと寄っていく子供達が羨ましい。 あのスタイルは流行のものなのかな?まさかパーマをかけているの? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/19 17:03
キャンディーズ
NHKBSで放送していたキャンディーズ特集の録画を彼につきあって観た。 彼女達の活躍をリアルタイムで知らないので、全く興味が無かったが、なかなかどうして可愛らしくて良い曲ばかり、ポンキッキで聞き覚えのある曲などもあった。 特に歌詞が良くて、いまこんな歌詞書ける人がいるかなあと思ったりした。 また、衣装が斬新なものばかりでこれもまた良い。一番素敵なのは解散コンサートの段々フリルのもの、当時女の子ならみんな着てみたかったのでは? お馬鹿な3人組も最近似たようなものを着ているが、キャンディーズ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/15 12:36
猟奇的な彼女
このドラマはどの辺りを楽しんで良いのか全くわからない。 そしてどんな人が好んで観ているのだろうか。 暴力的で自己中な女とそれに振り回される情けない男・・・。マンガだ。 漫画やアニメだと絵では伝わりにくい感情の表現方法として暴力を使用する場合はあったけど、ドラマでそれをされてしまうと引いてしまう。 うる星やつらやシティーハンターなどよく見かける描写だけど、アタルは浮気がばれた時、冴羽獠はセクハラ 等一応男性に非がある場合にパートナーから暴力を受けている。 でも、このドラマ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/14 14:13
ドメスティックCM
「アース コバエがホイホイ」のCMをみて疑問。 あれは捨てる時はどうしたらいいのだろうか。 永沢君の頭みたいなところをはずして、集まった小蝿と薬剤をを燃えるゴミに捨てて容器だけプラゴミとして捨てるのかな。 スポッと中身が出ればいいけど、もし小蝿などが容器にくっついてしまったら・・・など余計なことを考えてしまう。 最近、捨てる時のことを考えて買わないことが多い。(特に小蝿に悩んでいるわけではない) いいことかもしれないが、面倒だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/04 10:26
抱き合わせ録画
番組表からハードディスクに録画する時、他の番組もまとめて録画されてしまうことがある。 これはなんとかならないのか?編集が面倒だ。 見たくもないコンバットが「さば」や人志松本の話シリーズなどにくっついてくるのは抱き合わせ? わきの下で音を出す男が出ているが、残念な内容。売り出し中なのかもしれないが、苦手な笑いだ。 妙に録画時間を食っていると思ったら、後ろに興味の無いドキュメンタリーが一時間も付いていた、本当に余計だ。 思わぬ拾い物ができれば嬉しいものを、好みじゃない番組ばかりおまけにして... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/25 20:31
裏相棒
映画公開に向けて「相棒」ががんばっている。 見逃していた回の再放送もあってうれしい限り。 それ以上に、深夜にやっている裏相棒がショートコントみたいで意外な面白さ。 テロ集団赤いカナリアの秘密兵器が「踊らずにはいられない育毛剤」って何だ、それで国家転覆できるか。 しかも踊ってしまうのが最も踊りそうに無い人だなんて。変な踊りだし。 茶色の小瓶や小料理屋の話も気が利いている。 現場の雰囲気いいんだろうなあ、楽しそうだもの。 録画しておけばよかったかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/24 15:19
ホカベン
新ドラマ「ホカベン」を観たのだが、納得いかないことばかりだった。 新人弁護士がいきなり案件をまかせられ、当然大トラブルがおきてしまう。 そしてもったいつけた先輩弁護士から「弁護士辞めちまえ」などと怒鳴られるという酷い展開。新人イジメ? 依頼人の立場は無視らしい。 おいおいそれはないだろう、「弁護士のクズ」だって新人と組んであげていたよ・・・。 今どき泣いたり叫んだりとドラマチックな「弁護士成長譚」に焦点を当てすぎてて、優先順位がわからなくなっていないか? 弁護士業界の裏側を描きますと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/21 13:49
図書館戦争
フジの深夜アニメ、今回は「図書館戦争」。 一応司書の資格も持っているので、興味深く思い観た。 メディア規制された近未来の日本が舞台、中国の問題は他人事じゃない? なんてタイムリー、狙ったかのよう。 支配者達がまず始めることは情報統制、マーガレット・アトウッド「侍女の物語」を思い出す。 「図書館の自由に関する宣言」(懐かしい)をこんな風に解釈するなんて、すごい着想。 この先どうなっていくのか気になるが、ちょっとラブコメ要素がチープすぎないか? 若者向けの電撃文庫だからしかたがないが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/11 13:33
板尾じゃなかった
今週の週刊真木よう子。 ゲストが中村達夫だった。間違えた、でも角度によっては板尾に似ている、凄い狂気。 元ブランキーの人だと思うが、相変わらず強烈!!!夢に見そう。 真木よう子のファムファタール振りが今回も良かった、遭遇した男はみんな不幸になりそう。 子供の顔面に血しぶきを浴びせたり下ネタを言ったりと、ちょっとインモラルな内容だった。 子役に悪い影響がなければいいのだが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/10 17:22
週刊真木よう子
さして興味はなかったが田中哲司が共演なので、録画してみたら当たりだった。 とてもエッチなドラマで驚いた。デコポンの触り方がいやらしい・・・。 真木よう子は「SP」の時も野性味のある妙な色気が出ていたが、こちらはそれ以上。 この手ブラヌードは本人なのか?本当にお胸が大きかった。 オチを知ってからもう一度観ると、また違った角度で楽しめる。 やっぱり田中哲司はいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/03 23:47
小林聡美ともたいまさこの新ドラマ
小林聡美ともたいまさこの新ドラマが始まる。 「2クール」という名前のようだが、内容は全然わからない。 サイトを見るとスタッフに荻上監督の名前等あり、かもめメンバーが集まっているみたい。 土曜深夜がいまから楽しみ〜。 忘れないようにメモ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/02 10:57
すべらない話
小薮の半ズボンネタが一番笑えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/01 14:02
ボンちゃんったら
鈴木砂羽が、某歌舞伎俳優とゴシップになってしまったらしい。 相棒の美和子役とヤングユーに連載していた漫画のファンな私としては、何であんな男と・・・・といった気持ちだ。 そういえば、あの漫画は単行本化されているのだろうか? アマゾンには見当たらず。 面白かったからまた読みたいけど、ヤングユーはもう無いし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/03/26 13:47
モヤモヤ新聞
最近、読売新聞のCMを観るとなんかモヤモヤした気持ちになる。 何が変なのか何度か観て、ようやくわかった。 結局全部フィクションだからだった。 新聞なのだから実話にして欲しかった。 泣かせる試合や映画館の閉館のシーンも頭の中で作った「いい話」。しかもベタな。 盛り上げる松任谷由美の歌声も空々しく聞こえてしまう。 同じ映像でも清涼飲料水や旅行会社のCM等のものなら、全くかまわないのだが・・・やはり新聞は駄目だろう。 詰めが甘い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/21 18:15
また空耳が
車のCMで「閃光少女」という曲の歌詞が変。 どうしても「股間を持っておいで〜」に聞こえる。 本当は何といっているのだろう、「五感」かな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/18 21:59
エジソンの母
毎週のお楽しみが終わってしまった。 主人公の天才(?)少年が迷惑かどうかはどうでもよくて、その周囲の人々の反応と対処の仕方がそれぞれ面白かった。 規格外の存在に出会ってしまったら、どうしたらいいのか。 受け入れるか、撥ね付けるか、面白がって興味を持つか・・・。 養老猛司の「バカの壁」のような、問題提起をしてくれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/15 17:38
大人のあだ名
電車内で、飲み会の帰りらしい会社員の一団に遭遇。 一人の男性が大声で妙なあだ名で呼ばれていた。 公共の場であだ名で呼ばれるのは相当恥ずかしいことだと思うのだが、本人はどうなのだろう。 居たたまれなくて、別の車両に移りたくなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/06 21:08
懐かしいお顔
ロスタイムライフ、ベタだけど毎週観てしまう。 先週のゲスト、美波という女優の顔に、小学校時代の同級生を思い出し衝撃を覚える。 美波ちゃんはハーフらしいけど、本当にそっくりだ。 岩手からの謎の転校生は、男子なのにクラスで一番美しいお顔で透けるような白い肌をしていた。 当初ハーフかと思われていたが実際は両親ともに東北人で、ハーフ扱いされるのをとても嫌がっていた。 すらりとした彼の周りだけ、現実離れしたギムナジウム的雰囲気が漂っていたなあ・・・(なまってたけど)。 今、どんな感じなんだろう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/05 17:40
人志松本のゆるせない話
こういう話は、妙に盛り上がる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/26 21:03
R−1グランプリ
なだぎ武の優勝に納得。 よく作りこまれたコントだった。 新たなキャラがとても愉快。進化系狂言師。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/17 21:04
探偵事務所5
BS−iで「探偵事務所5」を放送していることを今頃知った。(最近になってBSの存在を思い出した) 第6話から観る羽目になってショック、後悔。 でも、面白かった。監督は違っても雰囲気はそのままだ。毎週楽しみー。 今回は短編ホラーで、陰影が不気味な作品。 やっぱりこのシリーズは映像が凝っていて良い。 映像美と言えば、ちょうど市川昆監督が亡くなったニュースが・・・お年を聞いてビックリ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/15 21:14
鹿男あおによし
まったりとした奥二重の女優ばかり、似たようなパッチリ二重全盛(何割整形?)に嫌気がさしていた今日この頃、嬉しいドラマ。 綾瀬はるかも多部未華子も目蓋はまったりとしているけど、眼力が強くてインパクト大、印象的。 訳のわからないストーリーで、自分だけルールを知らないでスポーツを見ているような気持ちにさせられていたけど、ようやく追いついてきた感じ。 最近痩せた玉木宏がドンドン鹿に似てきている、役作り? 奈良の学校なのに、誰も関西弁を話さないのが疑問だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/15 14:21
地デジのノイズが酷い
デジタル放送が我が家に到来したのはいいけど、このノイズはどういうことなのだ。 日テレばかりがガチャガチャしている。電脳コイルみたいだ。 たまにNHKも酷い。2局は近いのか。 録画しておいたデスノート後半が酷いことになってしまっていた。(まあ内容も・・・) それにしても、なんで日テレだけなんだろうか? このマンションの環境が悪いのかな。 他のチャンネルはほぼ綺麗なのになあ、残念。 地デジのCMをよく見かけるけど、これで大丈夫なのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/13 13:16
水玉!
今日のいいともゲストは緒川たまき、今週は個性派俳優揃いで面白い。 白地水玉の洋服とカーディガンの組み合わせがとても清楚で素敵だった。 久々に目の保養ができた。 あの水玉の服はどこのブランドなんだろう。 増刊号も見なくては。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/06 12:32
さば 不思議な荒川良々
フジの深夜ドラマ「さば」がなかなか良かった。 監督は「全然大丈夫」の藤田容介、なるほど大人計画の人。 面白いか退屈か評価はどちらかに分かれそうだけど、私は好きな作品。 荒川良々ときたろうの不思議なラブロマンス。 テニスウェア姿の老婆に扮したきたろうの姿が強烈。 ゆるーい中にきらりと笑いを散りばめた、変なドラマだった。 アクセサリーに例えると、アーカーの繊細な金チェーンに綺麗色の小さな天然石を沢山配したネックレスみたいな雰囲気。 さりげなく、めかしすぎず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/05 15:00
ある小劇場俳優のブログ
「SP」でファンになった田中一郎役の野間口徹のブログを読んでみた。 俳優として食えなかった日々の焦燥や不安から、ぼちぼち忙しくなってきた現在(子供もできた)までを一種の青春物として楽しませてもらった。 とりたてて派手なことは起きないのだが、時々妙な視点で書いている事柄が変で面白い。 小劇場出身の俳優さんたちはみんなこんな風に苦労して出てきたのだろう。 また下北沢に行きたくなってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/05 11:00
こんなオチが
レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジの会見がおかしかった。 沢尻エリカのことを「別に・・・」ときたか。 因果応報というか、こんなオチがつくとは。 レベルの高い通訳さん、良い仕事している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/02 11:01
ゴールデンタイムにハンドボール!
ついつい懐かしくてBSを観てしまった。 良い試合だったけど負けちゃった、残念だなあ。 チャンスは一杯あったのに・・・サッカーに続いて、こちらも決定力不足なのか。 かなり久しぶりだったけど、面白かった。 相変わらず展開が忙しい。 あの体勢でサイドシュートが打てる宮崎選手はさすが腹筋が「象さん」なだけある。 それにしても超マイナースポーツなのに、こんなに注目されるなんて驚いた。 判官びいきにも程があるが、これでファンが増えればいいのでは。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/30 21:03
SP_最終回じゃなかった
SPの最終回、評判が良すぎた為か妙な感じになってしまっていた。 岡田准一の殺人犯と極悪総理との対決シーンはサスペンスドラマの崖っぷちシーンみたいな雰囲気で、ちょっとイライラ。 さっさと取り押さえて欲しいところだ。 そういう演出から脱却したのがこのドラマの良いところだったはずなのに・・・。 せっかく今までがんばってきたのに、ここで変な欲出しすぎたのか。残念。 エピローグは「黒幕」を暗示する結末、そして「つづく」がまたあらわれた。 これからは「相棒」のさざんかの会みたいな展開に近いのか?... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/28 10:28
道徳教育
「エジソンの母」は好きな大森美香脚本なので、見逃せないドラマだ。 伊東美咲のつまらない女振りがとても良い、ある意味リアル。 今回も興味深い内容。 道徳の授業における混乱を描いて、大人が子供に道徳を教育するというおこがましさを問うていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/27 23:17
ドラマ考2
ドラマ交渉人の死刑囚との面会シーンにうんざり。 もうこういうのは飽きっちゃったなあ・・・。 また「羊たちの沈黙」か。 あの映像が、特別扱いして欲しくてモヤモヤしている馬鹿な人を誘い出してしまう気がして不安。 それにしても米倉涼子演ずる主人公の性格付けはどうなんだろうか。 日ごろ周りと上手くやれないのに、犯人の心は掴めるという設定が疑問。 一匹狼のハードボイルド仕立てにしたいのだろうが無理がある、組織はそんなに甘くない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/22 14:07
大人向け鬼太郎
深夜アニメの墓場の鬼太郎が、なつかしい。 小学生時代に図書館で読んだマンガの鬼太郎のような不気味さを保っていてうれしい。 点描で書かれた背景が妙に怖くて不安にさせてくれた・・・。 昼間にやっている子供向けの方よりも、こちらの下膨れな鬼太郎の方が子供っぽくて残酷。 水彩風の絵が贅沢で、雰囲気を高めている。 それにしても、ねずみ男が大泉洋にみえてしまうのは私だけ? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/21 13:49
ドラマ考
「あしたの喜多善男」は意外な面白さ。 飯田譲治脚本は展開が読めないし、芸達者な人たちが多いので期待。 以前は不気味な美少年だった松田龍平が、いい感じの青年に成長していて、ちょっとうれしい。 瞳が真っ黒な美人は悪女役が似合うので、小西真奈美で適役かと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/17 15:02
男子の謎
昨日、彼がロンドンハーツを観ていた。好きな番組ではないがつきあう。 女性芸能人NO.1を選ぶという下らない内容で、そのラインナップに驚く。 元ジュディマリのYUKIが入っているではないか。一体なぜ? 常々この人の「セクシーアピール」には疑問を感じていたが、どうやら必要とされるものだったようだ。 アルバムのスカートの裾をたくし上げるポーズなど、一体誰が頼んだんだ?どこに需要が?と思っていた。 でも、ちゃんと需要があったようだ。失礼した。 女子と男子の好みの差を感じた。 最後の方で小泉... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/16 12:39
キューピーのCMで空耳
キューピーパスタソースのCMで曲の冒頭が「ミドリ安全〜」に聞こえる。 私だけだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/11 13:17
こんな子供番組いらん
正月にくりいむしちゅーが司会の「今どきのこども観察バラエティー よいこ検定」なる番組を、チラッとだけ観た。 困っている人を助けられるかどうか、という問題にチャレンジする子供達。 その困っている人というのが安田大サーカスで、大男が小さな子供に「手袋貸して」だの、長髪ひげ男がふんどし一丁で飛び出してきて「服を盗まれたから貸して」だのと、怪しすぎる言動の数々。 ありえない問題の出し方だった。 年の近い子供が困っていたり、具合の悪いお年寄りを助けるなら良いのだが、これは偽善でしかないし、現実で遭... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/08 13:04
ジョー結婚
オダギリジョー様が電撃結婚! あまりにも家庭的なイメージが無かっただけに驚き。 お相手の香椎由宇(読みづらい四字熟語か)が大人っぽくて他の女優とは違う雰囲気だから、納得。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/27 22:58
SP V−3の結末
ドラマ「SP」の結末の苦さに、フジテレビからライブドア事件(主にホリエモン)へのメッセージを感じる。 乗っ取られそうになった恨みはまだ残っているのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/18 11:26
マザコンが全てを滅ぼす?
船場吉兆の記者会見に驚く。 ここまでマザコン丸出しな人を見たのは初めてだ。 まるでドラマを観ているよう、本当にこういう人は存在するのだ。 日ごろから呼吸するように息子に指図していたから、人前ですることに抵抗が無くなってしまっていたのだろうか、その辺の感覚麻痺はエリカ問題に似ている。 この家のお嫁さんの苦労が想像できるなあ。 狂言の和泉一家もどうするのやら。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/11 14:01
激やせ?
「相棒」のゲストが村上淳だったので楽しみにして観たが、激痩せしていてショック。 どこか体調が悪いのだろうか、頬骨が痛々しいほどだ。 そういえば、UAと離婚したそうだから心労が重なったのかなあ。 あんなに素敵だったのに・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/06 21:10
21世紀エジソンのマニアックDVD
久々に面白いバラエティだった。 土田晃之が繰り出すマニア向けDVDがどれも興味深く、全部観たい!続き観たい!と彼と二人喜んでしまった。 特に印象的だったのが インダストリアルアートの極致ともいえる、工場の映像ばかり集めたDVD。 安中の工場が映った時、「安中は夜の方がもっと凄いんだよ、ライトアップがね。」と彼が言い出したので、「え?実はマニア?」と思ってしまった。 どうやら出張で行った時に見たらしい。 タモリ倶楽部でも取り上げていたけど、もはやメジャーになりつつある趣味? 大友克洋... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/29 14:03
SP
フジの深夜ドラマ「SP」が、今シーズンは一番面白いかも。 登場人物が段々成長していくドラマはNHKの朝ドラだけで十分、こういう最初からもう出来上がっているプロ主人公たちが、複雑な動きをしてくれる方が観ていて百倍面白い。 堤真一は癖のある男が上手い、岡田准一は何かを抱えている青年がまた良く似合う。 なんでこのクォリティで深夜なんだろう。 「テロ」や「政治」をテーマにしているからかな? 竹内結子の「不機嫌なジーン」で諫早湾干拓を糾弾してみたり、たまに気骨を見せるフジドラマ。 不機嫌なジー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/25 13:28
ピンク好き女子の行方
踊るさんま御殿を観ていたら、大場久美子が昔ストーカーまがいのことをしていた話をしていた。 このときピンク好きでもあると話していたので、トランポリン選手のストーカーのニュースと妙にシンクロしていて、おかしかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/21 15:07
花屋ひなげし
また深夜のNHKでおかしな番組をはじめた。 「花屋ひなげし〜イマドキお作法物語」 女三人暮らしのコント風ドラマとマナー豆知識コーナーが一粒で二度美味しい。 ためになるけど、笑える番組を目指しているようだ。 風呂上りに偶然発見、最後のあたりしか観る事ができなくて残念。 それでも結構面白かった(町田マリー&鈴木砂和の舞台系女優が妙な雰囲気をかもし出している)、再放送してくれないかなあ。 女三人暮らしといえば、大御所「やっぱり猫が好き」の存在が大きすぎるので、独自の路線を見出して、何とかが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/15 17:07
恥ずかしい大人の会見
小朝&泰葉離婚会見なるものをニュースで見せられた。 観ているほうが恥ずかしくなる、寒いものだった。 テロップに爆笑会見とあったが、笑えるところは一瞬たりとも無かった。 何でこの女性はこんな服装でこんなにもはしゃいでいるのだろうか。 テンションについていけない・・・。 不快なのでチャンネルを変えたら、他のどの局も皆やっていた・・・そんなに重要? それにしても小朝師匠には知的なイメージがあったのに、崩れてしまったなあ。 隣に座っている弟達(一度も面白いと思ったことのない芸人だけど)が気... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/14 14:09
ホレイショ・ケインか
ガリレオが相変わらず変人に見えない。 それどころか、クールなナイスガイになってしまった。 どこか既視感を感じると思ったら、「CSIマイアミ」のホレイショ・ケインにとても似ている気がする。 あの勿体つけた感じというか、ソフィスケイトされた動作や雰囲気がそっくり。 かっこよさを捨てられないのか、福山よ。キムタクか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/13 14:08
赤ぎれのCM
メンソレータムなどあかぎれ治療薬のコマーシャルが不愉快。 これは新手の嫌がらせだろうか? 裂けに裂けた関節の傷口を見せ付けてくるCMの主婦たち。(こういう人たまにいる) ホラー映画や暴力描写のグロイ映像は禁止で、これは良いのか・・・。 ゲームのバイオハザードより、こっちのほうがドキッーと来てしまう。 痛いという情報が伝わってきて困る。 止めて欲しいなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/12 16:13
ガリレオ・・・
なんか今日のガリレオは今一つ・・・。 内容が、薄い。「相棒」の観すぎかな、この程度では満足できない。 柴崎コウと福山雅治のどちらのファンでもない私としては、間延びしたシーンの連続に「二人の姿を拝めるだけで満足」とは行かないなあ。 ガリレオ先生は変人というよりは、カッコいいけど気難しい残念な人というレベルだし。 広末涼子がこの役をやる意味はあったのかなあ。 東野圭吾の人気ミステリーということだが、期待はずれになりつつある。 初回の唐沢寿明の切れた演技は良かったのに。 それっぽい雰囲気... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/30 13:09
リアルアダルトチルドレン
亀田記者会見に不憫というか哀れというか、悲しいものを感じた。 (そもそもこれは特別番組をするほどのこと?内藤選手の戸惑いに共感。) 長男に責任丸投げ・・・。 虐待された子供はいつだって親をかばう、その姿を初めて肉眼でみることができた。 一般的な親子関係では、「世界一の親」なんてセリフは恥ずかしくて言えない。 相変わらず、アダルトチルドレンから抜け出せていない感がある。 もし一人っ子だったら、親に反撃できるんだろうけど、弟妹たちのことを考えたらあんなセリフをいうしかないんだろう。 前... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/10/27 10:53
もやしもん
新しいフジテレビの深夜アニメ「もやしもん」が面白い。 こういうアカデミックなマンガはいい。 「動物のお医者さん」は獣医学部だったが、今度は農学部。 菌を肉眼で見ることができる男、という荒唐無稽な設定だけど、敬遠されがちな学問も視点を変えればこんなに面白いということでOKだ。 地中のアザラシ、世界で2番目に臭いエイなど奇妙な発酵食品ばかり登場して、それを食べる教授の変人ぶりに笑う。 醸すぞ〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/26 14:33
成長ホルモン?
昨日のCSIマイアミの中で、驚いたこと。 犯人への手がかりとなる証拠物件に付着していた「肉」をCSIが成分検査したら、「成長ホルモンが検出されなかったから高級輸入牛=神戸牛」という展開に。 アメリカの牛肉には相変わらず成長ホルモンが使われているの? 当然の様にさらっとセリフで言っているくらいだから、あちらの国ではもう常識みたいだ。 日本の高級牛肉は安心という認識なのかな。 以前読んだ米ミステリーで、子宮も卵巣も生まれつき無いジャーナリストが原因を調べてみたら牛肉の成長ホルモンが原因だっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/25 15:22
切ないCM
東京ガスのCMに新展開、ピエール瀧扮する織田信長が「本能寺に行く」といって洋服箪笥のなかへ消える最終回。 「行かないほうが」と止める妻夫木に笑顔で「たっしゃでな」が切ない・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/24 11:40
ジョシデカ
泉ピン子が苦手だが、田中哲司の誘惑に勝てず観てしまった。 初回、意外と面白かった。毎週見よう。 やはり仲間由紀江は「非常識な人」が似合う。 左右対称で完璧なお顔で変なセリフを言うのがいい。 全身白でインナーがダサいところが凝ってるなあ。あのボタン何?「ケイゾク」みたい。 石田壱成のおでこが父譲りになっていて、時の流れを感じた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/18 23:55
変な試合だけど面白かった
山本耕史の陽炎の辻を観終わったところに、彼が「亀田どうなった?」といいながら帰宅。 せっかく男前を観て目の保養が出来たのに、亀田なんか・・・と思いながらも仕方なくチャンネルを変えるとちょうど12ラウンド目。 ボクシングには興味も知識も無い私にもびっくりな試合だった。 持ち上げたり投げたりと、これはケンカ?としか思えない試合内容。 ほんとにプロ? 知識が無いのでわからないが、内藤選手の時々寸止めみたいに見えたパンチはどういう意味なんだろう、本当はKO勝ちできたけど大人の事情でしなかった?... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/12 11:08
ダイナマイト関西
何気なく観た番組「ダイナマイト関西」が、とっても面白かった。 芸人達がしのぎを削る大喜利タイプのお笑い番組は、知的な笑いに満ちていてとても愉快。 もう粉にまみれたり、熱湯(本当は水)に落ちたりする番組は辟易しているので、こういう番組がもっと増えればいいのにと、強く願う。 それにしても、ケンドーコバヤシはやはり勢いがある。 これはスペシャルだったのか?関西の番組みたいだけど、また放送して欲しいなあ。 個人的には「エアしこ」が好きな回答だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/04 14:42
不快CM
頻繁に流れるアニメのCMがちょっと不快だ。 「あなたと合体したい」「本当のあなたの力」って、もう恥ずかしくてたまらん。 ターゲットはチェリーボーイ達かしら。 チェリーといえば、浜崎あゆみのローライズ姿を「ドテ見せ」呼んでいる人たちがいたそうだが、これもチェリー感が強い言葉だ。 「絶対領域」なる言葉もチェリー臭が漂ってくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 0

2007/09/20 13:02
スシ王子
うーん、どうにもがっかりだった。期待しすぎだったのかも。 スシ王子というよりは堂本幸一が下手なコントをやっているとしか思えないドラマ。 小ネタとのバランスが悪くて茶番感が否めない。 最終回は途中で寝ちゃったじゃないか、結局どうなったのか。 このままじゃ、キムタクになっちゃうぞ。それでいいのか堂本幸一。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/18 14:09
おじいさん先生
おじいさん先生が今クールのドラマで一番好きだ。 ピエール瀧の老人ぶりが、自分の祖父を思い出させる。 普段は温厚な好々爺だが、年寄り扱いされると急に怒り出したりするところや、先に逝ってしまった祖母がなかなか迎えに来ないことに不満を持っているあたりとか、よく似ている。 つい親切にしたくなる雰囲気をもったお年寄りになれるかどうかが、これからの高齢化社会を乗り切れるかどうか、肝心かも。 90過ぎても散歩(徘徊ではない)を欠かさなかった祖父は、かなり遠くまで歩いてしまい帰りは通りすがりの近所の人の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/18 11:05
この人の悪口
徳光アナの「悪口」が話題になっているらしい。 個人的には以前から発言に「?」な部分が多いのに、よくテレビにでているのが疑問だった、どこで人気があるのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/31 14:45
男前なオバカさん
先日の27時間テレビ、山本耕史を観たくてつい観てしまった。 クイズに全然答えられなくても、不敵な笑みを浮かべ続け、男前な姿勢を崩さない姿にますますファンに。 やっぱり面白いなあ、この人。 役者バカで何が悪い、という態度に感服。 早く「陽炎の辻」を観たい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/17 13:25
NHKどらま「グッジョブ」
NHKドラマ「グッジョブ」を再放送で一気に観た。 松下奈緒演じる完璧OLのセリフは日本中のOLの気持ちを代弁している。 ああ、こんなこと言ってみたかった。 あんな課長の下で、働きたかった。 人間関係に悩むOLも、部下の心がつかめない課長も、何で自分が嫌われているかわからないサラリーマンも、みんな観てみるといいかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/08/16 14:45
スーパーナチュラル
何度か観ているのだが、どうにも声に馴染めない。 主役の二人とも下手すぎる。 話題づくりなのかもしれないが、人気若手俳優とお笑い芸人にやらせるぐらいなら、ちゃんとした声優さんに任せておけばいいのじゃないのかな。 アニメ界への俳優陣進出も、違和感が多い。 成宮寛貴は顔が一緒じゃないとこんななのか・・・技術的にまだまだ、残念。 成宮の下手さを目立たなくさせるために、素人の次長課長井上を使ったのかと穿った見方をしてしまう。 面白い作品なのにもったいない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/15 15:24
モノノ怪 大人の為のアニメ
フジのノイタミナシリーズ「怪」の続編「モノノ怪」。 大人が楽しむためのアニメ。 水彩のようにムラのある塗り方をされた美しい色彩。 ところどころに、若冲などの日本画の名作を散りばめたりして、豪華絢爛な映像美。 超絶センス!。 欄間も襖もどこまでも手が込んでいて、どうやって書いているのか不思議。 ああ、DVDが欲しーい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/03 14:08
落雷注意
テレビの危険なロケが気になる。 台風の嵐の中ずぶぬれになって中継レポートしている新人アナウンサー。 いい加減やめればいいのに・・・。 そんなことで臨場感を伝えられてもねえ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/30 22:45
ガラス玉のような眼
久しぶりに、相棒3「双頭の悪魔」を再放送で観た。 何度観ても面白い。 本田博太郎のセリフ回しが独特で、真似したいけど真似できない。 それにしても木村佳乃は悪女が似合う。大根だな〜(失礼)と常々思っていたけれど、それは彼女の眼に表情がないからだった。 あのガラス玉のような大きな眼は、溌剌とした若いお嬢さん役では不自然。 何を考えているのかわからない不気味な役こそ適役。 次のシーズンで、ヒナコさん復活してくれないかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/26 21:23
サッカー界の羽賀研二?
オーストラリアのサッカー選手キューエルの顔が羽賀研二に似ている。 甘いマスクだが、いま一つ好きになれないプレースタイルは、いささか卑怯な印象すらある。 損得で考えたらプロとして当然のプレーなんだろうが、ばればれシュミレーションは見ていて不愉快だ。 似ているのは顔だけじゃないような気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/23 11:48
スシ王子
テレ朝の深夜枠ドラマは、いつも優秀だった。 しかし今回はあまりにも下らなそうな番組名+出演者なので、全く興味を惹かれなかったのだが、監督が堤幸彦と聞いては観ずに入られない。 俳優としてぱっとしない堂本光一も、阿部寛や仲間由紀江のように一皮むけることができるかな。 それにしても今クールは不作だ、どれも興味が無い。 偶然発見した「おじいさん先生」が面白いくらいだ。 これから、高校生役を中年がやるのは普通のことになっていくのか? 松村雄基が高校生って・・・。 おじいさんがピエール瀧なこと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/13 13:51
デスパレードな妻たち
あくの強いキャラ目白押しで、面白いドラマ。 「雨の中、傘も差さずに恋人を待ち続けたら思いが通じた」的ベタな展開が全く無い、リアルな人間関係。 完璧主義者ブリーの今後が気になってしょうがない。 ブリーの息子がもしかしてサイコパス?という展開には、なるほどと思ってしまった。 日本にも徐々に増えだしているといわれる「心を持たない人」の発生要因はここに? おっちょこちょいスーザンの、全裸を植木で隠すはめになるシーンはまるでドリフ。 日本でこの役をできるのは誰だろう、身体に自信ありなら米倉涼子... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/07/10 16:04
セクスィー部長
沢村一樹が大変なことになっているよ。 そんな噂を聞いて、しばらく観ていなかったサラリーマンNEOを久々に観たら、とんでもないことになっていた。 セクスィーフェロモンで社内問題を解決していく、謎の部長。 なんか「おとうさんは心配性」にでてきそうな変態キャラで凄く好き。 もっと早く観てみればよかった。 ああ、「バカ三兄弟」が復活してほしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/06 13:14
昼時の映像としては・・・
お昼時のお楽しみ、「CSI科学捜査班」はお昼にあるまじき映像が魅力だ。 昨日は蛆虫、今日はゲロとショッキングで気持ち悪い映像が目白押し。 特に昨日は、ご飯茶碗を投げ捨てたくなった人は、何人いただろう。 米ミステリー小説に子供に見せたくない番組として登場していたのも納得。 でも「いいとも」より面白くて、ついつい観てしまう。 木・金曜日もやってくれればいいのに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/26 13:20

トップへ | みんなの「テレビ」ブログ

みみぞう日記 テレビのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる