外出先で休憩しようと思ったら、駅前某カフェチェーンの席は勉強する人で満席。 暑くて疲れていたので、夫と二人呆然と立ち尽くしてしまった。 夏休みとはいえ商売成り立つんだろうか。 仕方がないのでモスバーガーで休んだ。 ジンジャーエール美味しかった。(ここは空いてるとインプット)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フライパン

急に暑いので、料理の手を抜きたい。 最近使っていなかった鉄フライパンを復活させた。 やっぱり簡単に美味しく焼ける。 テフロンだと肉のプリッとした感じにできない。 使い続けられるようにもっと良いタワシを探さなくては。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連鎖

吉本お家問題、社長の会見とかお芝居に思えてくるほど。 肝心な反社フロント企業なるところの社名が質問されたら一斉に各局CMへ変わる始末。 全員総出で論点ずらせたかに思えたが、結局クールジャパン機構とのプロジェクトへの疑問も報道され出した。 ウィークポイントの突き方が絶妙だ。 こうしてみると、この展開はNGT騒動と似ている。(他グル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動機

動機が金じゃない理不尽な事件が続けて起きて恐ろしい。 でも法律では動機が金の方が罪が重い。 京都アニメの事件みたいなのはテロだと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国と黄泉の森 醍醐真司の博覧推理ファイル 長崎尚志

今作は長身女探偵が登場しなくて残念。 その代わり強烈な女流漫画家が登場、薀蓄満載で面白かった。 漫画が売れなくなる理由に納得、これは小説家にも言えるなあ。(何様なのか読者に説教し出す) 豪邸建てたら終了・・・確かに。 著者の経歴みたら面白くて当然。 もっと早く読んでみれば良かった。 邪馬台国と黄泉の森: 醍醐真司の博…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ

朝顔 眠くなってきたところで目が覚める展開だった。 サイン ご遺体の扱いがモノというか小道具で衛生面が気になってしょうがない(臭いとか)、袋入りで会議室に無造作に入ってくるシーンとか驚き。 「朝顔」との落差よ。 変だなと思ったら韓流ドラマリメイクだった。 ルパンの娘 深田恭子は仕事を選ばない人で潔い。 馬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中年警部クルフティンガー2

2巻も面白かった。 ご当地ミステリーらしく、ドイツの田舎町の生活を満喫。 ドケチだけどグルメなクルフティンガーが、庭で採れたリンゴを近くのビール醸造所に持ち込んでリンゴジュース(一年分)を作ってもらう件など、そうそう読みたかったのはこういう素敵なところ!と嬉しくなる。 一方、ドイツのプールには絶対に行きたくないと思わせられる。(特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芋虫

ミニバラの鉢から謎の棒が伸びている。 よく見ると細い緑色の芋虫で新芽を凄い勢いで食べていた。 食べ終わった枝は緑の棒に・・・。 もしかして枝に擬態?前から何かおかしいと感じていたのはこれだったのか。 よりによって我が家のミニバラに来るなんて、沢山あるマンションの植え込みの雑草になぜいかないのか。 芋虫には出て行ってもらい、薬を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現実の事件

発言小町の「借金の発覚、新婚で離婚…?」というトピ。 もしかして平塚の事件の被害者からの相談だった?というのは本当なのか。 確かにこんなに経緯が一致する偶然があるかな、しかも最後の書き込みは夫の供述と違って離婚を決意。 上から目線に耐えられない、なんて動機に疑問。 それにしてもこの夫、モルタル妻、保釈逃走男など、借金する人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中年警部クルフティンガー

ドイツのベストセラーど田舎コージーミステリー、面白かった。 ケチで偏狭な中年オヤジ丸出しな言動だけど真面目だし、妻のことが大好きだからか全然憎めない。むしろ可愛い。 あまりのケチっぷりに、ドイツの電子決済普及率が日本以下という新聞記事を思い出す。 いけ好かない医者との抗争もおかしい、エスカレートしてほしい。 気に入らない存在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンスタースタディー

今日の「フランケンの誘惑」がとても怖かった。 心に障害を負わせる怖ろしい心理実験は過去の話かと思いきや、つい最近もニュージーランドでやろうとして大臣に見つかって中止。 なんと虐待されてる子供をあえて助けず見過ごして、将来犯罪者になるかどうか調査するというもの。 どうかしてる。 「ミレニアム」の世界か。 日本でもやってないよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨大などぶ

闇営業に私好みの芸人が呼ばれてなくて、センスの違いを感じた。 結局、どのテレビ局も吉本とNTTとクールジャパン機構の100億円教育(!)プロジェクトを取り上げることはなかった。 今になって反社会的勢力が関係を蒸し返したのは、これがターゲットだとも考えられるのに。 取り上げたのは「日経」と「現代」だけだった。 都合の良い面だけ見せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more